おはようございます。
core wordsの佐藤です。

本日は、
私が長きにわたり
仕事をさせてもらっている
仲間の紹介をさせていただきます。

▼先日、彼と飲んだ時に出てきた魚
image (6)
彼は、
四国のやんちゃな
某高校を卒業し、
大学をほどなく中退。

そして、
バーテンダーとして生活しながら、
5年前くらいに
リクルートの制作会社に
アルバイトとして入社しました。

今は、リクルートの
別の事業会社の正社員として、
かなり独自のポジションを築いて
めざましい活躍をしています。
しかも、私よりも
ずっと多くの貯金が、、(以下略)

ほぼ高卒の学歴で、
リクルートのグループ会社で
正社員として
ここまで活躍しているのは、
おそらくほとんどいないと思います。

しかも、ハングリー精神に
あふれている感じでもなく、
ごくごく普通の印象の人です。

なのに、なぜ、
彼はこのポジションを
築けたのか?

ふたつあると思います。

(1)商売(ビジネス)が好き

高校時代から、身銭を切って
とある商売を手がけていたので、
ビジネスにおける感度が高い。

クライアントの事業についても、
数字で語れる強さを持っていて、
他の社員とは一風変わった
提案をしていました。

加えて、数字を
リアルに感じる力があるので、
目標を達成する力もありました。

(2)好奇心が強い

とある領域の顧客群を担当していて、
その領域に並々ならぬ興味がある。

主要なニュースや
トレンドはかなり押さえられていて、
一言を持っている。

専門的なライターとして独立しても
食べていけそうな感じで、
かつビジネスにも明るいので、
周りからも重宝される。

要は、
「ビジネスが好きなオタク」
みたいな感じで、
好きなことをずっとやっている人ですね。 

書きながら、
「なんであんなに
 苦労して大学に行ったんだ・・」
少し思いましたが、
何とか前を向いて頑張ろうと思います。


さて、40日目が終わろうとしています。