1: 丸井みどりの山手線 ★
 《 国産初のジェット旅客機MRJを開発している三菱航空機は10日、機体の改修のために中断していた飛行試験を2カ月半ぶりに再開した。2018年半ばの納入をめざし、今後日米での試験を加速させる。

 午前9時45分ごろ、愛知県豊山町の県営名古屋空港を飛び立った。遠州灘沖の試験空域で1時間ほど、上昇・下降や旋回などの基本性能を確かめた。  》  ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

JA21MJ_TAXI_TEST (1)
http://www.asahi.com/articles/ASJ2B3CTNJ2BOIPE00D.html
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1455075983/



米海兵隊が初めて採用したカマンK-MAXヘリコプターです…スーパーコブラよりさらに極薄の機体に! 陸上自衛隊が新エンブレム「桜刀(さくらかたな)」を発表! 駆逐戦車ヤークトパンターは結構使える子なの?
米海軍が開発中の水中翼船「GHOST」… 見た目は奇抜でカッコイイ! 世界最大の航空輸送機AN225「ムリヤ」、タイヤの数SUGEEEEEEEEEEEEEEEEEE! ヒトラー専属カメラマンがプロパガンダ用に撮影したナチス・ドイツの貴重なカラー写真!
3: 名無しさん@1周年
>主翼の付け根に厚さ2ミリ程度のプレートを貼り付けるなどの補強

すんげーやっつけ仕事に思えるんだけど

6: 名無しさん@1周年
>>3
試験機だからいいんじゃない?
納入機なら最初から補強済だろうし

13: 名無しさん@1周年
>>3
試験で強度不足が見つかったらパッチ貼ったりするのは普通のこと

37: 名無しさん@1周年
>>3
試作機なんてそんなもん
電子機器なんかの試作機だと基板に追加のコンデンサを半田で直付けなんてよくある

42: 名無しさん@1周年
>>3
強度というよりは風切り音とかそんな感じだろ
旅客機の翼とかエンジン見てると何でこんなとこに?
ってフィンとか付いてるし

50: 名無しさん@1周年
>>3
XC-2の1号機なんか、ボディ全体に絆創膏がベタベタで凄かったぞw
最近、おニューのボディに交換してもらってピカピカツルツルになったけど

4: 名無しさん@1周年
とりあえず継ぎはぎで対応か…
そのままで生産はしないよな

7: 名無しさん@1周年
こういう問題点を洗うのが試験の目的だしな

15: 名無しさん@1周年
>>7
お前、旅客機の設計を車かなんかの設計と同じように考えてないか?
試験飛行段階で主翼周りの強度不足発覚とかボーイングだったら責任者の首が飛ぶレベルだろう

19: 名無しさん@1周年
>>15
知ったかぶり乙

21: 名無しさん@1周年
>>15
ボーイング787も同じく翼の付け根の強度不足が開発途中で見つかった
その部分の担当が三菱
納期が一年以上遅れた

8: 名無しさん@1周年
もう納期無理だな

9: 名無しさん@1周年
MRJだけ倍くらいの高値だけど売れるのか?

no title

no title


低燃費エンジンもライバル機が早くリリースするし

MRJ最大の敵「ブラジル・エンブラエルの次世代航空機」 2月にロールアウト、“予定通り”2018年納入へ
http://www.aviationwire.jp/archives/78205

18: 名無しさん@1周年
ん?「2ヶ月ぶりに再開」ってこれスケジュール通りじゃないの?

20: 名無しさん@1周年
>>18
翼の強度不足が11月に発覚して、緊急対策してた

23: 名無しさん@1周年
強度不足ってそもそも設計の段階で間違ってるってことだからな

29: 名無しさん@1周年
>>23
そもそも炭素素材で設計してた部分なんだけど途中でアルミに替えたら

25: 名無しさん@1周年
主に日本の地方路線とアメリカの航空会社が買うみたいだからどうでもいいんじゃね

26: 名無しさん@1周年
もう誰も期待してないんじゃないの

31: 名無しさん@1周年
新素材からジュラルミンに戻すって言ったときに、方向違ったなと思ったわ
もう朝のことなんかどうでも良くて、とりあえず体裁整えたいという感じになってるだろ

32: 名無しさん@1周年
コンピューターでシミュレートして設計をするこの時代に強度不足とかありえん
たぶん公にされていないが、飛行試験の項目に地対空ミサイルを回避する機動が追加されたんではないかと思う。

36: 名無しさん@1周年
>>32
普通にありえるよ
シミュレーションは所詮経験から来る想定だからね
試験結果をフィードバックして精度上げていくのが普通
今回は軽量化に力入れすぎたんだろ

40: 名無しさん@1周年
>>32
まあシミュレーションで見落とした応力集中とか出てくるわけだしなぁ、そのために試験飛行がある。
XC-2も実機テストのうちにドア吹っ飛んでよかった、配備後にやらかしてたらデモ隊一万人くらいは増えそうだ。

43: 名無しさん@1周年
>>32
シミュレートだけで完璧な設計出来るなら試験なんていらん

45: 名無しさん@1周年
>>32
「コンピューターでシミュレート」
これ充分なデータが必要だよ。
ボーイング社なら充分なデータが揃っているが
経験の少ない三菱重工では「実機でテストして」
データを集めるしかない。

47: 名無しさん@1周年
>>45 JAXAは風洞実験がほぼ不要な位のデータは持ってるはずだけどな。

65: 名無しさん@1周年
>>47
風洞試験で構造強度分かるなら苦労しないぜ

33: 名無しさん@1周年
厚さ2ミリで足りるのか?

41: 名無しさん@1周年
>>33
多分材質はチタンでしょう。

34: 名無しさん@1周年
やっぱりカーボンにすべきだったな。

35: 名無しさん@1周年
中国ならそのまま市場に出てくる。

46: 名無しさん@1周年
共振止めとかかな

48: 名無しさん@1周年
補強材追加するのはカワサキもC-2でやってたしめずらしくもなんともない
ウソかホントか知る由もないが1.3倍の負荷には十分耐えるけど
1.5倍だと怪しいってリリースしてたな

51: 名無しさん@1周年
>>48
安全係数1.5で設計したんだから、1.3でも強度不足には変わりないけどね
まあ試験飛行段階でこういう問題が出てくることもあるだろう
一発目で大成功なんてうまい話もそうそうないんだから
ここでやめずに次につなげられるかどうかが見どころだな

49: 名無しさん@1周年
たった3ヶ月でかなり風向きが変わっちゃったなぁ

54: 名無しさん@1周年
試験飛行は、問題を探す為にしてるので、見つかるのは、目的にかなっている。

56: 名無しさん@1周年
航空機の機材としてのチタンなんてのは、高強度負荷部位の鋼材を置き換えるのに使うもんだ。

57: 名無しさん@1周年
飛行機ってのは強度ありすぎると重くなって性能悪くなる
強度足りないと当然危ない
ってギリのとこで設計してるからな
まあ今回のは2mmの板って事だから
強度と言うよりは風切り音とかだろうけど

60: 名無しさん@1周年
ブラジルって案外良い飛行機作るんだよね

なんとしてもブラジルに勝たないと

61: 名無しさん@1周年
>>60
ツカノ、スーパーツカノはCOIN機として超優秀
スーパーツカノはアメリカでも製造していて、アフガニスタン供与してる

64: 名無しさん@1周年
>>60
エンブラエルは経営破綻して身売りしてからいい会社になった。
三菱重工も一度身売りしてみたらいいかも知れない。

66: 名無しさん@1周年
厚さ2ミリのプレートって
これは永遠に勝てそうもないな

67: 名無しさん@1周年
先進技術実証機 (Advanced Technological Demonstrator-X, ATD-X) はどうなった?
今月飛ばすとか言ってなかったか?

69: 名無しさん@1周年
>>67
今週中に地上滑走試験、初飛行は22日以降だとかどこかで見た

68: 名無しさん@1周年
三菱がのんびりって妄想でしょ。
重工じゃない別の三菱だけど、同業他社より全然きつい。
だから業績も良いわけだけど。

76: 名無しさん@1周年
軍用機も全く同じ要領で作って完成させてるからな
すべては計画通りだよ

78: 名無しさん@1周年
>>76
大幅に納期遅らせるのも計画通り?
軍用機もこうやって遅らせて開発費ぼったくっているのか?







このブログの人気記事!

☆海上自衛隊の戦力は3項目(対潜能力・機雷除去能力・通常動力型潜水艦)で世界一…中国メディア!

☆英軍のプリウス導入…軍事車両にハイブリッドは有用か!

☆海上自衛隊のP-1哨戒機が世界最大の軍事航空ショーRIATでデモンストレーション飛行を披露!

☆米軍の地上作戦部隊の多くが個人用暗視装置を装備、両目から緑の光を放つ!

☆日米露の最新鋭対潜哨戒機、機内を比較…ロシア機のアナログ感!

☆陸上自衛隊が新型デジタル化兵器を公開…情報化ライフル、距離測定機、ヘッドマウントディスプレイなど!

☆米空軍にも採用されたことのある、隠れた国産傑作機「三菱MU-2」!

☆先日泊まったホテルの窓からこんな戦闘機が見えてました!

☆日本は原子力潜水艦を建造すべきだと思う!


橋本マナミ 写真集



スウェーデンが最新の多目的戦闘機JAS39E「グリペン」を公開…サーブ社が開発! 陸上自衛隊の将来装甲戦闘車両について! 漫画「空母いぶき」、中国軍空母「広東」との制空権争奪戦になりました!
現代戦車の後部は、何なら貫通できるの…対物ライフルは無理だとしても、ロケランならいける? 世界初の「ステルス戦車」、ポーランド企業が開発中のPL-01…神秘的な「タイル」でステルス性を実現へ! 米軍が財政難を理由に日本から完全撤退!さてどうなる?