1: 光の戦士 ★
 《 蚊が媒介する感染症ジカ熱が流行するブラジルで13日、政府が主導して蚊の駆除に取り組む全国規模の一斉行動が実施された。ルセフ大統領は、8月に五輪が開催されるリオデジャネイロを訪れ「ジカ熱は五輪の障害にはならない」と強調した。

 一斉行動は「連邦政府や州政府、自治体が蚊との戦いに全力を挙げていることを示す」(カストロ保健相)ほか、国民一人一人に協力を呼び掛けるのが目的。  》  ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

_88045017_e8888556-7ec5-4a2c-8fba-c91d64bd6dd7
http://www.sankei.com/world/news/160214/wor1602140009-n1.html
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1455415077/



国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点! なぜ大空襲で姫路城は無傷だったのか? 中国戦闘機J-10の異常すぎる変態機動の動画、これ自衛隊のF-15Jでは勝てませんわ
目立つ迷彩戦闘服の意味を問う! トルコ陸軍向けの35mm自走対空機関砲「Korkut」の量産がスタート! 映画「エイリアン」のイメージ迷彩をしたチェコ軍のMi-24「ハインド」武装ヘリコプター!
23: 名無しさん@1周年
>>1
この兵隊絶対ナンパもしてるな
帰営すると、今日は5人電話交換したとか、で、話が盛り上がる

3: 名無しさん@1周年
おぶちは消毒だああああああああああああああ

5: 名無しさん@1周年
蚊だけ狙い撃つことはできないから一時的に
生態系が崩れて別の問題が発生しそうだな

6: 名無しさん@1周年
おじさん達の髪の毛は誰に駆除されっちゃたの?

7: 名無しさん@1周年
ここはバットマンの出番でしょ。天敵ふやすのが一番効果ある。

8: 名無しさん@1周年
アマゾンの生態系が大打撃

9: 名無しさん@1周年
 
とりあえず 水の溜まる所を無くせよ
それから下水道整備
近隣の海の清掃と消毒
なんなら明石みたいにして海水は浄化し放水
それくらいしないと無理

10: 名無しさん@1周年
2センチぐらいの水溜りで蚊は大量発生するらしいから、無理だよ。

11: 名無しさん@1周年
ジカ熱は消毒だ!

13: 名無しさん@1周年
やっぱ蚊の天敵も同時に殺してしまうのだろうなあ
そして天敵がいなくなると、すぐに蚊が大繁殖して前にもまして勢力アップして猛威を振るうわけですね
中国の毛沢東と同じパターン

なぜ人類は学習しないのだろう
自民盗や下痢三も同じけつの穴のムジナだけど

14: 名無しさん@1周年
蚊より希少な生物がたくさん死にそう..

16: 名無しさん@1周年
>>14
数年後に奇怪な病が流行るフラグだな

17: 名無しさん@1周年
人数結構いるんだなブラジル軍

19: 名無しさん@1周年
オリンピックできんのかよ

20: 名無しさん@1周年
ブラジルは核で焼き払うしか無いだろね

21: 相場師 ◆lXlHlH1WM2
対策のしっかりしているシンガポールでさえ、街を歩けば小さな虫刺されの痒みが
いつの間にか腕に数箇所ついてしまうからな。

24: 名無しさん@1周年
キャリアーの駆除しないと無意味じゃね?




このブログの人気記事!

☆海上自衛隊の戦力は3項目(対潜能力・機雷除去能力・通常動力型潜水艦)で世界一…中国メディア!

☆英軍のプリウス導入…軍事車両にハイブリッドは有用か!

☆海上自衛隊のP-1哨戒機が世界最大の軍事航空ショーRIATでデモンストレーション飛行を披露!

☆米軍の地上作戦部隊の多くが個人用暗視装置を装備、両目から緑の光を放つ!

☆日米露の最新鋭対潜哨戒機、機内を比較…ロシア機のアナログ感!

☆陸上自衛隊が新型デジタル化兵器を公開…情報化ライフル、距離測定機、ヘッドマウントディスプレイなど!

☆米空軍にも採用されたことのある、隠れた国産傑作機「三菱MU-2」!

☆先日泊まったホテルの窓からこんな戦闘機が見えてました!

☆日本は原子力潜水艦を建造すべきだと思う!

中村静香 しーちゃん奥さん



中国海軍の新型055型駆逐艦、ネットに出回ってた多くの予想CGよりは大人しいデザイン! 宿営地に撃たれた迫撃砲弾を迎撃する機関砲…日本版C-RAMですな! イギリスで次世代26型護衛艦の建造がEAシステム社で開始…SF感あふれるデザイン!

「日本の戦闘機開発は中国に比べて20年遅れてる」…ステルス戦闘機J-20を高く評価する声が多い! 艦艇用近接防御火器システムCIWSの魅力! インド海軍は戦闘能力を高めるため、伝統的に艦上でもヨガを実施ます!
戦艦大和の15cmの副砲が最大の弱点であった。あそこに敵戦艦の主砲が当たると下まで貫通していく! 未来の戦闘機は「人間パイロットの親機+複数のドローン戦闘機」…マクロスの世界が実現に! 89式小銃もそろそろ30年選手になっちゃうね…!