1: ◆qQDmM1OH5Q46
 《 2010年、米国の国防高等研究計画局は、敵潜水艦発見用無人艦の開発計画を発表した。その無人艦が、今年いよいよ進水する。

 通称はACTUV(対潜常時監視自律軍用無人艦)。今年4月17日より18か月にわたり実験が行われる。 》  ここまで引用、続きは記事ソースをご覧ください。

ACTUVSub
http://jp.sputniknews.com/us/20160213/1603298.html
引用元: ・http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1455425053/



米海兵隊が初めて採用したカマンK-MAXヘリコプターです…スーパーコブラよりさらに極薄の機体に! 陸上自衛隊が新エンブレム「桜刀(さくらかたな)」を発表! 駆逐戦車ヤークトパンターは結構使える子なの?
米海軍が開発中の水中翼船「GHOST」… 見た目は奇抜でカッコイイ! 世界最大の航空輸送機AN225「ムリヤ」、タイヤの数SUGEEEEEEEEEEEEEEEEEE! ヒトラー専属カメラマンがプロパガンダ用に撮影したナチス・ドイツの貴重なカラー写真!

ACTUV-31594154514156



ACTUV Concept Video
https://youtu.be/DQB2oDwgd9k



2: 名無しさん@おーぷん
とうとうメンタルモデルの時代か!

3: 名無しさん@おーぷん
航空機と違い大きさの制限は緩いし、センサーなんかも色々つめるし、かなり有望と思われ

4: 名無しさん@おーぷん
潜水艦の無人化の方がメリット多そう

5: 名無しさん@おーぷん
アシモを積んでおけば、全部無人機

7: 名無しさん@おーぷん
無人の船自体は遠隔操作で標的艦の技術として実用化されてる

10: 名無しさん@おーぷん
無人のデメリットって、突発的な故障が起きた時に応急措置がとれない事なんだよな。
ちょっとした故障でも内部では修理出来ず、母港なり母船に帰えらなければならない。

12: 名無しさん@おーぷん
>>10
中に無人整備ロボ入れるから問題ない

11: 名無しさん@おーぷん
動力は何?

14: 名無しさん@おーぷん
ハッキング技術だけは進んでる中国に乗っ取られるぞ



このブログの人気記事!

☆尖閣諸島を舞台とした日中衝突の机上演習の結果「僅か5日」で日米同盟は惨敗、米国は尖閣を見捨てるべき!

☆インド海軍の最新空母「チャンドラグプタ」の内部写真が公開!

☆ロシア海軍が海上自衛隊を凌駕するために10~12隻の新型潜水艦を造船へ!

☆旧ソ連海軍の スラヴァ級ミサイル巡洋艦、無残な姿でウクライナの港に放置!

☆近年小火器に爆発的に普及したフォアグリップ、どんな利点があるんでしょうか?

☆今年は陸自基地祭などで機動戦闘車を見ることができますかね!

☆かわぐちかいじ漫画「空母いぶき」空中戦から一転、潜水艦戦に!

☆ロシア海軍の新型21630型護衛艦、米軍の沿海域戦闘艦LCSにも劣らぬステルス艦!

☆米軍の新兵器は「サイボーグ兵士」、脳とコンピューターを接続…DARPAが開発中!

☆中国軍はなぜ、最新式99A式戦車を124台しか保有していないか?「高価で信頼性がないからだ」…中国メディア!


ヴィーナス誕生
ヴィーナス誕生 筧美和子



スウェーデンが最新の多目的戦闘機JAS39E「グリペン」を公開…サーブ社が開発! 陸上自衛隊の将来装甲戦闘車両について! 漫画「空母いぶき」、中国軍空母「広東」との制空権争奪戦になりました!
現代戦車の後部は、何なら貫通できるの…対物ライフルは無理だとしても、ロケランならいける? 世界初の「ステルス戦車」、ポーランド企業が開発中のPL-01…神秘的な「タイル」でステルス性を実現へ! 米軍が財政難を理由に日本から完全撤退!さてどうなる?