1: 空中戦艦バルログ ★
 《 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、種子島宇宙センターから2月17日17時45分00秒(日本標準時)に、X線天文衛星(ASTRO-H)を搭載したH-IIAロケット30号機(H-IIA・F30)を打ち上げに成功したと発表した。

 ロケットは計画通り飛行し、打ち上げ後約14分15秒にASTRO-Hを正常に分離したことが確認された。H-IIAロケットの打ち上げ成功率は96.6%となった。 》  ここまで引用、続きは記事ソースをご覧ください。

HIIAF29-1
http://www.rbbtoday.com/article/2016/02/18/139785.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1455809614/



国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点! なぜ大空襲で姫路城は無傷だったのか? 中国戦闘機J-10の異常すぎる変態機動の動画、これ自衛隊のF-15Jでは勝てませんわ
目立つ迷彩戦闘服の意味を問う! トルコ陸軍向けの35mm自走対空機関砲「Korkut」の量産がスタート! 映画「エイリアン」のイメージ迷彩をしたチェコ軍のMi-24「ハインド」武装ヘリコプター!
34: 名無しさん@1周年
>>1
たしか、連続して24回くらい成功してるんだっけか?
年2回くらい打上げしてるとして、10年間無事故か・・・

ゴールド免許証あげてもよいな。

38: 名無しさん@1周年
>>1
でもお高いんでしょw

海外でも有人だともっと成功率は高いしその辺は金次第。

2: 名無しさん@1周年
どう頑張っても100パーセントにはならない…。

14: 名無しさん@1周年
>>2
ならなくて良いんだよ、失敗を糧にしてきた証だから
撃ち上げを依頼する側から見て、まだ失敗した事が無い成功率100%の相手(仮)と比べた場合も
信頼度はより高いと思う

4: 名無しさん@1周年
北朝鮮のほうがいろんな方向から撮ってたじゃんか
撮影班はもっと頑張れよ

7: 名無しさん@1周年
よく考えたら設計すごいわな。
電化製品でも開発ムズいのに、ありえねえ技術。

8: 名無しさん@1周年
事実上の弾道ミサイルといわれないのはなぜだろう

18: 名無しさん@1周年
>>8
理由の一つが固形燃料ではない。
次に 液体酸素と液体水素を使ったエコ推進剤。
最後に、打ち上げだ衛星が他社他国からでも利用可能。

9: 名無しさん@1周年
アメリカと欧州にも余裕で勝ってるで。
まあ成功率が高いからなんだって感じだがな。

11: 名無しさん@1周年
ロケットエンジン以上の何かを開発して欲しいな~

15: 名無しさん@1周年
H-2Aの信頼性は今更言うまでもないけど素晴らしいね

16: 名無しさん@1周年
あと何回成功すれば100%になるの?
4回くらいか?まさか30回とか?

39: 名無しさん@1周年
>>16
おもしろい

48: 名無しさん@1周年
>>16
算数のお勉強をしてこい
過去に1回でも失敗してれば、未来永劫100%になる事はない

26: 名無しさん@1周年
秒速5センチメートルとかいうアニメで出てきたよね
妙に切ないアニメあったじゃん

29: 名無しさん@1周年
>>26
電車で向かったのは今くらいの時期だっけ
北関東は寒いんだろうな

30: 名無しさん@1周年
有人ロケットならシャトルと同じ運航廃止レベル

35: 名無しさん@1周年
H3は、H2Aよりもさらに打ち上げコストを抑えられるんだろ?
そっちも上手くいけばいいな。

37: 名無しさん@1周年
96%の成功率とは大したものだ
欧州宇宙機構でも、成功率は94%くらいだからな
アメリカにも匹敵する。
信頼性が高くなったと言う事は、衛星打ち上げでの国際市場で戦えるってことだしな

42: 名無しさん@1周年
1ドル200円時代に計画されたロケットはどうあがいても国際競争力は無いだろ

45: 名無しさん@1周年
数キロクラスの衛星 相乗り3機とあったけど
本体1機かと思った

51: 名無しさん@1周年
成功率、世界最高なら、有人宇宙船も打ち上げろ。宇宙服や生命時装置は
NASAやソユーズで使用の装備を流用でいい。小型4人乗りのシャトル
とカプセル型の両方を独自開発。ISSへの有人輸送でロシアと並んで
主導権を握れる。種子島から宇宙へ行く。



このブログの人気記事!

☆何だこれ!中国陸軍航空軍のオートジャイロ部隊「狩猟イーグル」…戦死確実ですね

☆前線配備の米海軍小型艦船数百隻に無人機を計画配備…空中警戒や攻撃で機動性重視!

☆安倍政権発足から3年、日本が導入した最先端の武器装備…中国メディア!

☆海上自衛隊のイージス護衛艦「こんごう」型…テポドン迎撃の任務を与えられた「全能の楯」!

☆日本はF-35戦闘機よりタイフーンを導入すべきだった!

☆ドイツ軍スナイパーの脅威カモフラージュ能力が高度だと話題に!

☆30ミリ機関砲装備の新型装甲車「雲豹」を初公開、2021年までに284両生産…台湾陸軍!

☆イスラエルが開発した無人VTOL(垂直離着陸)機が初飛行に成功…驚異的な外観!

☆米空軍が2015年度ベストショットを発表…F-15Eの空中給油などが選ばれる!

☆スラバヤ沖海戦で駆逐艦イカヅチが英国の漂流者400名を救助した話を見つけました!


麻倉みな 南風



中国海軍の新型055型駆逐艦、ネットに出回ってた多くの予想CGよりは大人しいデザイン! 宿営地に撃たれた迫撃砲弾を迎撃する機関砲…日本版C-RAMですな! イギリスで次世代26型護衛艦の建造がEAシステム社で開始…SF感あふれるデザイン!

「日本の戦闘機開発は中国に比べて20年遅れてる」…ステルス戦闘機J-20を高く評価する声が多い! 艦艇用近接防御火器システムCIWSの魅力! インド海軍は戦闘能力を高めるため、伝統的に艦上でもヨガを実施ます!
戦艦大和の15cmの副砲が最大の弱点であった。あそこに敵戦艦の主砲が当たると下まで貫通していく! 未来の戦闘機は「人間パイロットの親機+複数のドローン戦闘機」…マクロスの世界が実現に! 89式小銃もそろそろ30年選手になっちゃうね…!