1: ◆qQDmM1OH5Q46
 《 もし、アメリカと中国が軍事衝突をしたらどうなるか――。世界はもはや、この事態について考えなくてはならない時を迎えている。2015年10月、アメリカは南シナ海において「航行の自由」作戦を開始した。これは、中国が領有権を主張する人工島の12海里以内をアメリカの軍艦が横断するというものだ。「人工島に関しては領有権を認めない」という国際ルールを守らない中国に対する威嚇である。

 これまでの歴史を振り返ってもわかるが、アメリカが「自由」や「正義」という言葉を持ち出したとき、それは「戦争に向けて動き出す」というサインである。そこで、たとえ小規模であっても、もしアメリカと中国が軍事的な衝突を起こした場合、何が起きるのかを考えなくてはならない。 》  ここまで引用、続きは記事ソースをご覧ください。

c03fd54ab89
http://biz-journal.jp/2016/02/post_13947.html
引用元: ・http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1456390689/



国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点! なぜ大空襲で姫路城は無傷だったのか? 中国戦闘機J-10の異常すぎる変態機動の動画、これ自衛隊のF-15Jでは勝てませんわ
目立つ迷彩戦闘服の意味を問う! トルコ陸軍向けの35mm自走対空機関砲「Korkut」の量産がスタート! 映画「エイリアン」のイメージ迷彩をしたチェコ軍のMi-24「ハインド」武装ヘリコプター!

2: 名無しさん@おーぷん
13億人の飢餓なんて誰も救えないだろうなぁ・・・もしそうなったら飢えて頭数が助けられる数に減るまで放置するしか無いだろう

4: 名無しさん@おーぷん
アメリカっていろいろ考えているんだよね
もしかして、どんなバカが大統領になってもいいように?
かねw

5: 名無しさん@おーぷん
中国は食糧輸入大国で外貨準備高が急減しているのだから
軍事衝突がなくてももうすぐ13億人が飢餓状態になりそうだけどな


6: 名無しさん@おーぷん
あらかじめ10億くらい間引きしとけば飢餓は防げるよ^^

7: 名無しさん@おーぷん
アメリカは中国が結局必要だと思っている
強硬策には絶対に出ない
引き合う何かが有る様な気がする

8: 名無しさん@おーぷん
例えば、中国が核を使用すれば、報復的にアメリカも核使用に踏み切り、核戦争に発展する。


リアルFalloutですね、わかりますん

14: 名無しさん@おーぷん
中国の場合は13億人が飢餓になっても
全員が12億9999万9999匹の食糧がいるからまだ大丈夫、とか思ってそう

15: 名無しさん@おーぷん
余計なことして難民が来ないかどうかが心配だわ

16: 名無しさん@おーぷん
飢餓に陥るとき、難民はどこに逃げるんだろうな。ラオスミャンマー
当たりがまず突破されるんじゃないかと思えるが。

19: 名無しさん@おーぷん
中国人にとっては50kg程度の食い物が13億も存在するんだから飢え死にせんやろ

7: 名無しさん@おーぷん
中国は勝手に経済破綻しそうだけど、どうあれ大規模な軍事衝突は起こらなそう。
経済で締め上げるか、アラブの春みたいに扇動してしまうのが手っ取り早いと思う。
まぁ、なかなか天安門みたいな出来事も起こらず弾圧されまくっているけど。

8: 名無しさん@おーぷん
戦争が面倒で金を食う時代になっちまっているものな
制裁で殺すのが一番後始末のことを考えずに殺せるからそっちが使えるならそれをメインにするわな

9: 名無しさん@おーぷん
ロシアが支援するんじゃね?

10: 名無しさん@おーぷん
米国は中国と戦争をする気はないと思うな。
マーケットとしての魅力が中国にはある。

11: 名無しさん@おーぷん
>現在、世界の銀行ランキングで中国の銀行が1位、2位、4位、5位を占めており、チャイナマネーは強大に見える。

ターゲットはこれか?銀行が強大になると国民に及ぼすリスクも増大する


3: 名無しさん@おーぷん
破綻する前に行動に出るだろ
ABCD包囲網後の日本のようにな
真珠湾の前に包囲網があり日米外交交渉とハル・ノートあり

6: ?エラ通信
13億人が 飢餓はありえない。
そんなまねしたら、今のシナーは
難民爆弾を平気で輸出する。

8: 名無しさん@おーぷん
冷戦どころかアメリカが国債を紙屑にした時点で詰みだろ
巨大な北朝鮮の誕生だ

9: 名無しさん@おーぷん
まあいきなり飢餓にはならないにしても、破綻は免れないな。
その時点で中共の野望は終わりだよ。

10: 名無しさん@おーぷん
13億の人民が食べられないなら、13億の人民を食べればいいじゃない
これまでそうしてきたように



このブログの人気記事!

☆「カスピ海の怪物」再び…ロシアで地面効果翼機WIGの開発計画が再始動!

☆在日米軍司令官ドーラン中将、命の恩人US-1Aクルーと岩国基地で再会!

☆無人偵察機MQ-9リーパーの対潜哨戒機仕様を開発…ソノブイ投下機能を搭載!

☆ロシア軍のSu-34戦闘爆撃機がミサイル満載で展示飛行…カモノハシの美しい飛行に観客を魅了!

☆米陸軍がCH-47F「チヌーク」100歳を目指し改良する計画!

☆日中の最新駆逐艦、あたご型ミサイル護衛艦と052Dミサイル駆逐艦が対決したら日本が勝つ!

☆フランス軍狙撃兵が3695メートルの標的狙撃に成功…世界記録を300メートル近く更新!

☆中国軍の新型汎用ヘリZ-20画像がアメリカから輸入したS-70とそっくり!

☆中国軍が台風22号に地対地戦術ミサイルSY-400を発射…南シナ海上空!


深田恭子 写真集



中国海軍の新型055型駆逐艦、ネットに出回ってた多くの予想CGよりは大人しいデザイン! 宿営地に撃たれた迫撃砲弾を迎撃する機関砲…日本版C-RAMですな! イギリスで次世代26型護衛艦の建造がEAシステム社で開始…SF感あふれるデザイン!

「日本の戦闘機開発は中国に比べて20年遅れてる」…ステルス戦闘機J-20を高く評価する声が多い! 艦艇用近接防御火器システムCIWSの魅力! インド海軍は戦闘能力を高めるため、伝統的に艦上でもヨガを実施ます!
戦艦大和の15cmの副砲が最大の弱点であった。あそこに敵戦艦の主砲が当たると下まで貫通していく! 未来の戦闘機は「人間パイロットの親機+複数のドローン戦闘機」…マクロスの世界が実現に! 89式小銃もそろそろ30年選手になっちゃうね…!