1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/
 《 中国の海洋での軍事攻勢は留まるところを知らないようだ。南シナ海でベトナムと領有権を争うパラセル(中国名・西沙)諸島への新たな地対空ミサイルの配備はアメリカの激しい抗議と、東南アジア諸国の一斉の反発を招いた。

 米国防総省の発表では中国軍はパラセル諸島でも最大のウッディー(永興)島に2月3日から14日までの間に射程200キロのHQ-9ミサイル2個隊を新配備した。同1個隊は運搬車両にレーダーや発射装置とともにミサイル4基を搭載し、 》 ここまで引用、続きは記事ソースをご覧ください。
 
273_162111_778051
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160227-00005915-sbunshun-int 
引用元: ・http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1456583029/



国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点! なぜ大空襲で姫路城は無傷だったのか? 中国戦闘機J-10の異常すぎる変態機動の動画、これ自衛隊のF-15Jでは勝てませんわ
目立つ迷彩戦闘服の意味を問う! トルコ陸軍向けの35mm自走対空機関砲「Korkut」の量産がスタート! 映画「エイリアン」のイメージ迷彩をしたチェコ軍のMi-24「ハインド」武装ヘリコプター!

2: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
さすがにそれは無いわ
韓国のTAHHD配備に対抗する振りして便乗してるか
キューバ危機と同じ構図にして配備撤回させたいだけだろ

3: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
オバマのやつは、碌に仕事もしてないくせに、めっきり老け込んじまったしなぁ

6: 亜生肉 ◆fD0UyRfttY @\(^o^)/
寧ろそうなった時にどう敵戦力をせん滅できるかが重要だね
防衛力強化あるのみ

10: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
つうかアメリカ海兵隊が尖閣上陸すればいいのに

12: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
アメリカは、中国とは互いに核ミサイルで狙い合いながら、通常兵器でやれる
だけ戦争しなければならないんだよ。核は絶対使えないからな。並べておくだけ。

その時は日本は出番だぞ。いやとは言えまい?

13: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
アメリカ人は興味ねえよ
日本人だってキューバがミサイル配備したとしても興味ねーし
結局中国のやりたい放題

15: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
中国が尖閣をとるような事態になれば、日本も中国が一番嫌がることをせざるを得ないな。
チベット、ウイグルどころか四分五裂させるしかないなw

19: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
尖閣なんてもんじゃあないだろ

はじめからな

21: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
現状・・中国の波状ミサイル攻撃
それもピンポイントで日本のインフラは壊滅
アメリカは・・無関心
損害は数百兆円・・・

23: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
尖閣に防衛施設作るなら今でしょう。

25: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
>>23
だよな

32: 伊58 ◆AOfDTU.apk @\(^o^)/
これはやばいと思うわ。



このブログの人気記事!

☆勿体ない兵器画像ぷりーず!!!

☆「ライフルを持つ美女」モデルのような完璧な体型でライフルを使いこなしネットで人気!

☆自衛隊のヘリ導入数が今後大幅に減少か?

☆次世代ステルス戦闘機F-35に多数の「欠陥」 …最も深刻は、射出座席の欠陥!

☆ステルス実証機X-2、他国の試作ステルスと比較してもあんまり目新しさがない!


☆海上自衛隊の海洋観測艦、海底の地形・海流・水温などを丸裸にする世界屈指の情報収集能力!

☆メイド・イン・ジャパンの「戦車」は装甲が薄すぎて使いものにならない!

☆ロシア戦略爆撃機のエンジン工場を訪問…クズネツォフ設計局!

☆F-35Aステルス戦闘機が今夏に航空自衛隊へ引き渡し、F-22戦闘機の劣化版は誤った認識!


「誰が一番嘘付き?」Tシャツ
「誰が一番嘘付き?」Tシャツ



中国海軍の新型055型駆逐艦、ネットに出回ってた多くの予想CGよりは大人しいデザイン! 宿営地に撃たれた迫撃砲弾を迎撃する機関砲…日本版C-RAMですな! イギリスで次世代26型護衛艦の建造がEAシステム社で開始…SF感あふれるデザイン!

「日本の戦闘機開発は中国に比べて20年遅れてる」…ステルス戦闘機J-20を高く評価する声が多い! 艦艇用近接防御火器システムCIWSの魅力! インド海軍は戦闘能力を高めるため、伝統的に艦上でもヨガを実施ます!
戦艦大和の15cmの副砲が最大の弱点であった。あそこに敵戦艦の主砲が当たると下まで貫通していく! 未来の戦闘機は「人間パイロットの親機+複数のドローン戦闘機」…マクロスの世界が実現に! 89式小銃もそろそろ30年選手になっちゃうね…!