1: 海江田三郎 ★
  3日付オーストラリアン・フィナンシャル・レビュー紙は、オーストラリアの次期潜水艦共同開発をめぐり、日本政府と受注を目指す三菱重工業が、潜水艦建造拠点になる南部アデレードに非防衛分野の「技術革新センター」を設け、産官学で新たなビジネスを促進する   〈続きは記事ソースでご覧ください〉

_2013_(YP255-021)
http://www.sankei.com/economy/news/160303/ecn1603030021-n1.html 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1456997817/



米海兵隊が初めて採用したカマンK-MAXヘリコプターです…スーパーコブラよりさらに極薄の機体に! 陸上自衛隊が新エンブレム「桜刀(さくらかたな)」を発表! 駆逐戦車ヤークトパンターは結構使える子なの?
米海軍が開発中の水中翼船「GHOST」… 見た目は奇抜でカッコイイ! 世界最大の航空輸送機AN225「ムリヤ」、タイヤの数SUGEEEEEEEEEEEEEEEEEE! ヒトラー専属カメラマンがプロパガンダ用に撮影したナチス・ドイツの貴重なカラー写真!
6: 名刺は切らしておりまして
受注成功したらアリバイ的に何年か動かしてすぐ閉鎖します

8: 名刺は切らしておりまして
無人捕鯨潜水船開発

9: 名刺は切らしておりまして
はい、潜水艦の輸出決定です

10: 名刺は切らしておりまして
アハ、あははは、だな。
それより定価格の輸出用潜水艦作れよ、フィリピンでもタイでもオーストラリアでも
買える潜水艦をだ。何をわざわざ土下座して最先端技術を売るのか理解できない。

12: 名刺は切らしておりまして
おれもMHIさんを応援してやりてーけど、過去が過去で
素直に応援できん
半官半民国営企業さんは、大いに遊べて楽しいでしょ?

16: 名刺は切らしておりまして
スパイに盗られる

17: 名刺は切らしておりまして
技術漏洩センターですね

19: 名刺は切らしておりまして
そこまでして売らなくていいよ
日本国内に投資しろ

2: 名無しさん@おーぷん
軍事では伸びて欲しくない

3: 名無しさん@おーぷん
何処の造船所で造るんや
テロ対策どうなってるんや?

4: 名無しさん@おーぷん
そこまでしてやらないと独り立ち出来ないような国には潜水艦の運用なんて無理だろ

5: 名無しさん@おーぷん
ブラジルと同じく資源安で沈んでいっている豪州に出資するとかアホかよ。

6: 名無しさん@おーぷん
技術を大事にしてくれればいいけど

7: 名無しさん@おーぷん
漏えいしないように監視するにはその方がいいんだろうな

8: 名無しさん@おーぷん
日本のメリットよりデメリットの方が大きいような気がするけど
オーストラリアの人件費は世界水準でもかなり高くなかったけ?
技術の提供も含め日本の国の役割が「乳を与え育てる母親」なのでしょうかねぇ
甘い母親だと侮ってあまりに分別のない事すると・・

9: 名無しさん@おーぷん
1番でかいフランス製でいいだろ。

10: 名無しさん@おーぷん
むしろ最初から出資ありきでやれよ。そっちの方が情報漏えい防げるだろ。
コストも相応にかかるだろうけど。

ホバート級にも適用される? としたらまたスゴイプロジェクトにもなるだろうが、
今から出資しても時期的にどうなのか。

12: 名無しさん@おーぷん
そして中国人の帰化人だらけの研究室になると



このブログの人気記事!

☆登場が早ければ第二次世界大戦がの行方が変わっていたかもしれない旧日本軍の兵器10選!

☆中国国産の新型練習機「山鷹」の生産工場…DSIエアインテークを採用!

☆陸上自衛隊の試験用新型小銃完成…豊和工業製!

☆日本がF-35戦闘機を100機導入しても、500機ものJ-20戦闘機に対抗できることは不可能…中国メディア!

☆アムラーム空対空ミサイルに代わる新装備MBDAメテオミサイルに注目…新型スホーイ戦闘機も捕捉撃破!

☆航空自衛隊のKC-767空中給油機、隊員は遠隔操作モニターで戦闘機に給油!

☆艦隊行動の命運握る海上自衛隊の補給艦「とわだ」型&「ましゅう」型…5隻で海自全体の補給を担う!

☆「中国軍に台湾侵攻の能力なし」と米国軍事専門家が分析…強大でも上陸できるのは約3万人!

☆「魚雷発射用意、ファイヤー」海上自衛隊そうりゅう型潜水艦を独占取材…戦闘想定訓練を初公開!

☆金正恩書記「新型対戦車ロケット砲の前では敵戦車はゆでたカボチャにすぎない」…大量生産を指示!


有村架純 超特別限定版



スウェーデンが最新の多目的戦闘機JAS39E「グリペン」を公開…サーブ社が開発! 陸上自衛隊の将来装甲戦闘車両について! 漫画「空母いぶき」、中国軍空母「広東」との制空権争奪戦になりました!
現代戦車の後部は、何なら貫通できるの…対物ライフルは無理だとしても、ロケランならいける? 世界初の「ステルス戦車」、ポーランド企業が開発中のPL-01…神秘的な「タイル」でステルス性を実現へ! 米軍が財政難を理由に日本から完全撤退!さてどうなる?