1:  m9(^Д^) ★
 米宇宙開発企業スペースX(SpaceX)は4日、「ファルコン9(Falcon 9)」ロケットの打ち上げに成功し、通信衛星を軌道に投入したが、ファルコン9の第1段機体を洋上の台船へを着陸させることには、予想された通り、失敗した。

 ファルコン9は、米航空宇宙機器大手ボーイング(Boeing)が    続きは記事ソースでご覧ください。

1024px-SpX_CRS-2_launch_-_cropped
http://www.afpbb.com/articles/-/3079381
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1457176128/



米海兵隊が初めて採用したカマンK-MAXヘリコプターです…スーパーコブラよりさらに極薄の機体に! 陸上自衛隊が新エンブレム「桜刀(さくらかたな)」を発表! 駆逐戦車ヤークトパンターは結構使える子なの?
米海軍が開発中の水中翼船「GHOST」… 見た目は奇抜でカッコイイ! 世界最大の航空輸送機AN225「ムリヤ」、タイヤの数SUGEEEEEEEEEEEEEEEEEE! ヒトラー専属カメラマンがプロパガンダ用に撮影したナチス・ドイツの貴重なカラー写真!

2: 七つの海の名無しさん
 ,;:⌒:;,
8(・ω・)8 この試行錯誤が技術を発展させるんだろうな
      頑張れファルコン9

3: 七つの海の名無しさん
アメリカは再利用にこだわる、スースシャトルは
再利用で逆に高額になった、懲りずに再利用。

6: 七つの海の名無しさん
これが実用化されたら
日本のロケット売れまへんがな

7: 七つの海の名無しさん
NASAに協力する日本人は帰国してJAXAで打ち上げバンバン成功させてるね

8: 七つの海の名無しさん
打ち上げ間隔の短いことにびっくりだ
国家予算で年2機くらいしか打ち上げない日本より金がある

10: 七つの海の名無しさん
>>8
というか、衛星打ち上げの需要の差じゃね
H-2Aなんて29回目の打ち上げでやっとこ商業衛星が打ち上げできたみたいな状況だし。

11: 七つの海の名無しさん
っていうかほとんどの場合、床に付いてから倒れてるじゃん
着地寸前で床からネット付きの支柱がニョキニョキ出てくるような防護柵作れば
倒れずにキャッチ出来ると思うんだが?

12: 七つの海の名無しさん
>>11
失敗にみえて、実は「成功」なんだよ。後はロボットアームの開発とか別のものとくっつけるだけ。

13: 七つの海の名無しさん
洋上だからというより、成功率が低いということですかね

18: 七つの海の名無しさん
>>13
どんな気象条件でも耐えうる設計ではなかったってこと。

14: 七つの海の名無しさん
サンダーバードみたいな着陸は難しいんやな

16: 七つの海の名無しさん
ロケットは枢軸国の特権
共産は盗んだだけ

17: 七つの海の名無しさん
こんなもん倒れるにきまってる。横長にしろ。

19: 七つの海の名無しさん
洋上着陸の失敗は着陸点を水上の着地点に設定するから
波は上下する。これを理解していれば
着地点は水中に設定するべき。

水中に設定して実際の着陸はリアルタイムで着地点との誤差をうめて着陸する。

それはすでに衝突防止技術があるんだから応用出来る。
曖昧な距離を埋める事は可能。そこに着目するかどうかだけ。
簡単よ。
ここまでやってきたんだから。






このブログの人気記事!

☆2020年までに米軍のF-22戦闘機を「絞殺」するシステムを完成…J-20で100キロ離れた早期警戒機を撃墜可能…中国メディア豪語!

☆急患輸送に海上自衛隊のP-1対潜哨戒機が出動…硫黄島~厚木間!

☆米国沿岸警備隊航空隊100年を記念してMH-60ヘリに黄色の記念塗装!

☆イギリス海軍の最新鋭デアリング級駆逐艦、保有する6隻全てが出力喪失で航行に…改修費用が数千万ポンドに達する可能性!

☆WW2時代の空母に現代のジェット戦闘機は着艦できますか?

☆北朝鮮殲滅作戦「Xデーは2月末」の衝撃情報…米ステルス戦闘機が軍事拠点700ヶ所を爆撃、特殊部隊が金正恩を排除!

☆中国のネットユーザーが日本最大の軍港を訪問、巨大軍艦が集結!

☆AH-X次期攻撃ヘリコプター導入計画にAH-1Zヴァイパー導入が既定路線に!

☆地味すぎますが重要な兵器、デコイについて語ってみませんか?

☆日本のステルス実証機X-2は、開発中のJ-20ステルス戦闘機よりも遥かに劣る…中国メディア!


(アルファ)ALPHA ナイロン2つ折りウォレット
ALPHA INDUSTRIES ウォレット



スウェーデンが最新の多目的戦闘機JAS39E「グリペン」を公開…サーブ社が開発! 陸上自衛隊の将来装甲戦闘車両について! 漫画「空母いぶき」、中国軍空母「広東」との制空権争奪戦になりました!
現代戦車の後部は、何なら貫通できるの…対物ライフルは無理だとしても、ロケランならいける? 世界初の「ステルス戦車」、ポーランド企業が開発中のPL-01…神秘的な「タイル」でステルス性を実現へ! 米軍が財政難を理由に日本から完全撤退!さてどうなる?