1:  m9(^Д^) ★
 米宇宙開発企業スペースX(SpaceX)は4日、「ファルコン9(Falcon 9)」ロケットの打ち上げに成功し、通信衛星を軌道に投入したが、ファルコン9の第1段機体を洋上の台船へを着陸させることには、予想された通り、失敗した。

 ファルコン9は、米航空宇宙機器大手ボーイング(Boeing)が    続きは記事ソースでご覧ください。

1024px-SpX_CRS-2_launch_-_cropped
http://www.afpbb.com/articles/-/3079381
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1457176128/



中国海軍の1万トン級055型ステルス駆逐艦、こんなの本当に進水したらヤバいかも! F-22のパクリ?中国ステルス戦闘機J-20のコクピット画像! 日本最新の準空母「いずも」甲板に5機のヘリが並ぶ…中国メディア!
中国091型潜水艦の潜航深度は約350メートルだが、海自そうりゅう級は500メートルだ、新たな鋼材の研究開発を…中国メディア! トルコ軍のレオパルト2A4戦車がISのTOW-2ATGM対戦車ミサイルに撃破されたようです! 海自P-1対潜哨戒機に搭載されているF7-10エンジン、民間への技術転用決定…防衛装備庁!

2: 七つの海の名無しさん
 ,;:⌒:;,
8(・ω・)8 この試行錯誤が技術を発展させるんだろうな
      頑張れファルコン9

3: 七つの海の名無しさん
アメリカは再利用にこだわる、スースシャトルは
再利用で逆に高額になった、懲りずに再利用。

6: 七つの海の名無しさん
これが実用化されたら
日本のロケット売れまへんがな

7: 七つの海の名無しさん
NASAに協力する日本人は帰国してJAXAで打ち上げバンバン成功させてるね

8: 七つの海の名無しさん
打ち上げ間隔の短いことにびっくりだ
国家予算で年2機くらいしか打ち上げない日本より金がある

10: 七つの海の名無しさん
>>8
というか、衛星打ち上げの需要の差じゃね
H-2Aなんて29回目の打ち上げでやっとこ商業衛星が打ち上げできたみたいな状況だし。

11: 七つの海の名無しさん
っていうかほとんどの場合、床に付いてから倒れてるじゃん
着地寸前で床からネット付きの支柱がニョキニョキ出てくるような防護柵作れば
倒れずにキャッチ出来ると思うんだが?

12: 七つの海の名無しさん
>>11
失敗にみえて、実は「成功」なんだよ。後はロボットアームの開発とか別のものとくっつけるだけ。

13: 七つの海の名無しさん
洋上だからというより、成功率が低いということですかね

18: 七つの海の名無しさん
>>13
どんな気象条件でも耐えうる設計ではなかったってこと。

14: 七つの海の名無しさん
サンダーバードみたいな着陸は難しいんやな

16: 七つの海の名無しさん
ロケットは枢軸国の特権
共産は盗んだだけ

17: 七つの海の名無しさん
こんなもん倒れるにきまってる。横長にしろ。

19: 七つの海の名無しさん
洋上着陸の失敗は着陸点を水上の着地点に設定するから
波は上下する。これを理解していれば
着地点は水中に設定するべき。

水中に設定して実際の着陸はリアルタイムで着地点との誤差をうめて着陸する。

それはすでに衝突防止技術があるんだから応用出来る。
曖昧な距離を埋める事は可能。そこに着目するかどうかだけ。
簡単よ。
ここまでやってきたんだから。






このブログの人気記事!

☆2020年までに米軍のF-22戦闘機を「絞殺」するシステムを完成…J-20で100キロ離れた早期警戒機を撃墜可能…中国メディア豪語!

☆急患輸送に海上自衛隊のP-1対潜哨戒機が出動…硫黄島~厚木間!

☆米国沿岸警備隊航空隊100年を記念してMH-60ヘリに黄色の記念塗装!

☆イギリス海軍の最新鋭デアリング級駆逐艦、保有する6隻全てが出力喪失で航行に…改修費用が数千万ポンドに達する可能性!

☆WW2時代の空母に現代のジェット戦闘機は着艦できますか?

☆北朝鮮殲滅作戦「Xデーは2月末」の衝撃情報…米ステルス戦闘機が軍事拠点700ヶ所を爆撃、特殊部隊が金正恩を排除!

☆中国のネットユーザーが日本最大の軍港を訪問、巨大軍艦が集結!

☆AH-X次期攻撃ヘリコプター導入計画にAH-1Zヴァイパー導入が既定路線に!

☆地味すぎますが重要な兵器、デコイについて語ってみませんか?

☆日本のステルス実証機X-2は、開発中のJ-20ステルス戦闘機よりも遥かに劣る…中国メディア!


(アルファ)ALPHA ナイロン2つ折りウォレット
ALPHA INDUSTRIES ウォレット



世界最大の潜水艦建造プロジェクト941「アクラ」…ソ連が作った「海の怪物」! 最強戦車M-1に問題多すぎ! ノルウェー軍の女性兵士、兵舎も「男女混合」…若い男女を同じ部屋に入れても問題は起きないのだろうか?
イギリスのBAEシステムズ社が次世代戦略原子力潜水艦の建造を開始! 自衛隊の96式装輪装甲車からタイヤ脱落に中国メディア「日本製は本当に高品質?」! 日本に外国人傭兵部隊を置くというのはどうだろう?

「モルヒネ」すら携帯できぬ自衛隊の衛生兵…医療体制は極めてお粗末なもの! 冷戦の終結でキャンセルされたM8-AGS空挺戦車…シェリダンの後継として米陸軍に制式採用! 低空飛行のF-15戦闘機が目の前!イギリスにある航空ファンの聖地がスゴイ
中国ステルス戦闘機J-20に「致命的な弱点?」報道に中国メディア「700機生産するからF-22を数... 「インテークは絶対に撮影しないでください」…機密の塊「先進技術実証機X-2」撮影に自衛官ピリピリ、稲田防衛相ニッコリ! 米海軍がSeaRAMミサイルを使用し、複数の超音速対艦ミサイル標的の迎撃に成功!