1: 旭=702@Ttongsulian ★@\(^o^)/
 海上自衛隊の掃海母艦「うらが」が3月12日、マレーシアを訪問しポートクランに寄港した。

 「うらが」は、アメリカが主催する第4回国際掃海訓練に参加するため、バーレーンに向かう途中、マレーシアに立ち寄ったもの。訓練は4月4日(月)から   続きはソースをご覧ください

Uraga
https://nangokushimbunnews.wordpress.com/2016/03/14/
引用元: ・http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1457955953/



「翼の生えたトラクター」、北朝鮮の小型輸送機「アントノフ2」は最強武器?…木製でレーダー探知が困難! 日本が輸出する小火器(拳銃・機関銃など)は年間112億円! 日本の空母保有に警戒せよ、だが「建造はそう簡単ではないはずだ」…中国メディア!
帝国海軍戦闘機「零戦」と帝国陸軍戦闘機「隼」、どちらが優秀だったか?…実際に戦わせてみた! 「平成の零戦」と呼ばれる日本のF-2戦闘機と中国のJ-10戦闘機、アジアの空の王者はどっちだ…中国メディア! 最新のステルス戦闘機F-35、ステルス能力が高すぎて訓練時に問題…地対空兵器が機能せず!
8: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
>>1
で、日本の軍事拡大を懸念するデモがあったりするんでしょ。
マレー人の振りした中身中国人でしょうけどw

12: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
>>8
マレーシアの民族構成で支那系は結構いるのね

2: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
あぁそうかい

5: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
何か うらが あるな

9: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
機雷を除去するためならやっぱり木製になるんかね?

11: 冒険厩舎@\(^o^)/
>>9
ひらしま型(起工2005~2007年)まで木製
えのしま型(起工2009年~)からプラスチック(FRP)

20: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
>>9
今はプラスティックが主流、日本は遅れて居るからな。

10: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
掃海艇母艦がなにげにステルス

15: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
掃海艇母艦は機雷敷設艦の役割を兼ねているので、メッセージとしてはかなりのものだよ。
無論、政府の意向無しにあちこち行けるモノでは無い。
  

17: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
ステルス機能はなさそうだな

19: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
掃海母艦うりが...

いや、何でもない



このブログの人気記事!

☆尖閣諸島を舞台とした日中衝突の机上演習の結果「僅か5日」で日米同盟は惨敗、米国は尖閣を見捨てるべき!

☆インド海軍の最新空母「チャンドラグプタ」の内部写真が公開!

☆ロシア海軍が海上自衛隊を凌駕するために10~12隻の新型潜水艦を造船へ!

☆旧ソ連海軍の スラヴァ級ミサイル巡洋艦、無残な姿でウクライナの港に放置!

☆近年小火器に爆発的に普及したフォアグリップ、どんな利点があるんでしょうか?

☆今年は陸自基地祭などで機動戦闘車を見ることができますかね!

☆かわぐちかいじ漫画「空母いぶき」空中戦から一転、潜水艦戦に!

☆ロシア海軍の新型21630型護衛艦、米軍の沿海域戦闘艦LCSにも劣らぬステルス艦!

☆米軍の新兵器は「サイボーグ兵士」、脳とコンピューターを接続…DARPAが開発中!

☆中国軍はなぜ、最新式99A式戦車を124台しか保有していないか?「高価で信頼性がないからだ」…中国メディア!


篠崎愛「大人の休日」
篠崎愛 大人の休日



中国の次世代主力戦車CG想像図…乗員2人で無人砲塔を採用! ドイツのリンクス歩兵戦闘車、最大8人が搭乗可能…指揮車両や野戦救急車なども計画中! 海上自衛隊のF-35B戦闘機導入の可能性について!

フランス特殊部隊RAIDが誤って隣の家に突入、ドア爆破→スタングレネード→突入→拘束→謝罪! テスト飛行中の陸自オスプレイ…塗装がダサイ! 国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点!
イージス艦の六角形のところって何が納まってんの? ロシアがSWストームトルーパーを彷彿とさせる最新コンバットスーツを公開…外骨格が兵士を銃弾から守る! 進水した中国の国産空母は「60年前のデザイン」と仏メディアが酷評!