1: 蝙蝠傘子 ★
 カーター米国防長官は25日、過激派組織「イスラム国」(IS)ナンバー2とされるハジ・イマム容疑者を殺害したと発表した。NBCテレビによれば、米軍が今月に入り、シリアで急襲作戦を実施したという。

 米政府は同容疑者を国際テロリストとして手配し、700万ドル(約7億9100万円)の懸賞金を用意して行方を追っていた。米当局によれば、同容疑者はISの前身組織「イラクの聖戦アルカイダ組織」を率いたザルカウィ容疑者の副官を務めた経歴を持つ。   続きはソースをご覧ください

MQ-1_Lethal_Presence
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160326-00000002-jij-n_ame 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1458919776/



米海兵隊が初めて採用したカマンK-MAXヘリコプターです…スーパーコブラよりさらに極薄の機体に! 陸上自衛隊が新エンブレム「桜刀(さくらかたな)」を発表! 駆逐戦車ヤークトパンターは結構使える子なの?
米海軍が開発中の水中翼船「GHOST」… 見た目は奇抜でカッコイイ! 世界最大の航空輸送機AN225「ムリヤ」、タイヤの数SUGEEEEEEEEEEEEEEEEEE! ヒトラー専属カメラマンがプロパガンダ用に撮影したナチス・ドイツの貴重なカラー写真!
10: 名無しさん@1周年
>>1
>  米軍は、拘束したIS戦闘員の尋問などを通じ、より詳しい内部情報を把握できるようになっている

オバマは拷問禁止したんだっけ?
よくそれで重要情報を聞き出せたな
感心するわ

3: 名無しさん@1周年
ベルギーのヤツは報復だったのか(´・ω・`)

4: 名無しさん@1周年
将棋で言うと金かな。

7: 名無しさん@1周年
さすがは世界最強の軍事超大国アメリカ
アメリカによる世界支配はまだまだ安泰だな

8: 名無しさん@1周年
自作自演って言うかさあ
自分で撒いた種を自分で刈り取ってるだけじゃないの?w

13: 名無しさん@1周年
ナンバー2じゃダメなんですか?

15: 名無しさん@1周年
>ナンバー2とされる

誰がこの男をナンバー2っていってるのかしら?
米軍が殺してる時点でナンバー2である筈はないんだが・・・・

16: 名無しさん@1周年
空爆かよ

18: 名無しさん@1周年
ナンバー3が繰り上がるだけだからw

20: 名無しさん@1周年
ナンバー2が一人とは限らない
一人見つけたら30人は居ると思わないと

21: 名無しさん@1周年
トップのバグダディも無限に増えてるしな

23: 名無しさん@1周年
アメリカへの報復が楽しみだな

25: 名無しさん@1周年
ナンバー2は無限にいるからな

26: 名無しさん@1周年
それよりビンラディンの遺産はどーなってんだよ
これ抑えろよ
すげー金額だぞ

29: 名無しさん@1周年
資金源絶たなきゃ意味ねーぞ

32: 名無しさん@1周年
衛星監視されて無人の殺人爆撃機がいつ襲ってくるかわからないんだからそりゃ怖いだろうな。
ってかナンバー1って誰よw

33: 名無しさん@1周年
甘いな
俺の予想ではナンバー2はあと最低5人いる

36: 名無しさん@1周年
全員殺しとけよ



このブログの人気記事!

☆登場が早ければ第二次世界大戦がの行方が変わっていたかもしれない旧日本軍の兵器10選!

☆中国国産の新型練習機「山鷹」の生産工場…DSIエアインテークを採用!

☆陸上自衛隊の試験用新型小銃完成…豊和工業製!

☆日本がF-35戦闘機を100機導入しても、500機ものJ-20戦闘機に対抗できることは不可能…中国メディア!

☆アムラーム空対空ミサイルに代わる新装備MBDAメテオミサイルに注目…新型スホーイ戦闘機も捕捉撃破!

☆航空自衛隊のKC-767空中給油機、隊員は遠隔操作モニターで戦闘機に給油!

☆艦隊行動の命運握る海上自衛隊の補給艦「とわだ」型&「ましゅう」型…5隻で海自全体の補給を担う!

☆「中国軍に台湾侵攻の能力なし」と米国軍事専門家が分析…強大でも上陸できるのは約3万人!

☆「魚雷発射用意、ファイヤー」海上自衛隊そうりゅう型潜水艦を独占取材…戦闘想定訓練を初公開!

☆金正恩書記「新型対戦車ロケット砲の前では敵戦車はゆでたカボチャにすぎない」…大量生産を指示!


鈴木ちなみ 初水着の衝撃



スウェーデンが最新の多目的戦闘機JAS39E「グリペン」を公開…サーブ社が開発! 陸上自衛隊の将来装甲戦闘車両について! 漫画「空母いぶき」、中国軍空母「広東」との制空権争奪戦になりました!
現代戦車の後部は、何なら貫通できるの…対物ライフルは無理だとしても、ロケランならいける? 世界初の「ステルス戦車」、ポーランド企業が開発中のPL-01…神秘的な「タイル」でステルス性を実現へ! 米軍が財政難を理由に日本から完全撤退!さてどうなる?