1: 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb
 《 熊本県で発生した大地震で、自衛隊の“先鋒(せんぽう)”を務めたのはF2戦闘機だった。防衛省によると、航空自衛隊の築城基地(福岡県)から2機のF2が飛び立ったのは同日の午後9時47分。震災発生から21分後の緊急発進だった。その後、陸上自衛隊の初動対処部隊「ファストフォース」や輸送ヘリなどが現地に向けて派遣されている。

 災害支援には関係のないようにも思える戦闘機だが、被災状況をいち早く確認する上では絶大な威力を発揮する。空自の各基地ではF2をはじめ、F15、F4といった戦闘機が、命令から5分以内で発進できる態勢を維持している。本来は日本の領空に接近する所属不明機に備えた措置だが、大規模災害時には任務を変更。情報収集の先駆けとして急派される。 》  

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

Mitsubishi_F-2_at_Guam_(Cropped)
http://www.sankei.com/premium/news/160511/prm1605110003-n1.html
引用元: ・http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1462919713/



「島奪還を想定」空挺レンジャーの極限訓練(動画)! 成層圏をレンズ化して敵の対空レーザー攻撃を撃退する軍事技術「Atmospheric Lens」 海自の最新護衛艦「あさひ」は中国版イージス艦052Dに勝てるか?…中国ネット「052Dの対艦ミサイル1発で沈むだろう」!
航空自衛隊のT-4が退役開始ってマジ? 北朝鮮の航空ショーに登場したMiG-29戦闘機、F-22の塗装に酷似! 中国海軍、30年間での近代化を画像で確認!
4: 名無しさん@おーぷん
>>1
F16の愛称「バイパー(毒蛇)」と、F2が自衛隊に配備された2000(平成12)年をとって「バイパー・ゼロ」との愛称も持つ。それを操るパイロットは「チャーマー(『魔法使い』が転じて『蛇遣い』)」とも呼ばれる。

かっこいい

2: 名無しさん@おーぷん
夜でも昼の様に目視出来るからな意外でも何でもない

3: 清正公◆JPFm9fq5dw
これF35のVRみたいな奴だと見えるの?

5: 名無しさん@おーぷん
JASDF_F-2_fighters
7: 名無しさん@おーぷん
>>5
このカラーリングかっこいいなぁ

9: 名無しさん@おーぷん
>>7
海洋迷彩な
海上での活動がメインだからか

6: 名無しさん@おーぷん
こういう装備はイルカちゃんに付けるべき

13: 名無しさん@おーぷん
支援戦闘機って便利なんだな

14: 名無しさん@おーぷん
偵察能力はともかく
5分待機の奴は現場急派にはもってこいやな



このブログの人気記事!

☆いずも型護衛艦の前甲板ファランクスCIWSは、航空機搭載時には邪魔になる?

☆空中の母機から発射・撤収可能なドローン編隊を計画…米国防総省高等研究計画局(DARPA)!

☆米海軍が建造中の最新型空母「ジェラルド・R・フォード」、今年9月に実戦配備へ!

☆ロシア空軍のアクロチーム「ロシアン・ナイツ」が誕生25周年を記念して素晴らしいデモ飛行を実施!

☆CH-47チヌーク輸送ヘリコプター、2060年代まで現役で活躍へ…供用期間は100年超え!

☆米韓装甲部隊が合同での渡江作戦演習を公開…戦争における急速な架橋能力を検証!

☆新アニメ「はいふり」、日常系と思ってノーチェックだった!!

☆「ハイテク化した軍隊は徴兵性が必要ない」←「ハイテク化と徴兵制は無関係 例イスラエル」!

☆中国軍のシーフランカーがフックを使い空母に着艦する訓練画像を公開!


自衛隊・新世代兵器カタログ



中国091型潜水艦の潜航深度は約350メートルだが、海自そうりゅう級は500メートルだ、新たな鋼材の研究開発を…中国メディア! ロシア海軍の原子力潜水艦、氷にぶつかり穴が開く! 「日本がマッハ4の空対艦ミサイルXASM-3を開発していた」に中国ネット…「日本は最高の兵器をまだ明かしていない」!
米海軍の象徴「ビッグE」ことCVN-65原子力空母エンタープライズが退役…キューバ危機やベトナム戦争で活躍! 海上自衛隊向けの艦艇の受注競争に異変、連敗の三菱重工が不満爆発の理由! 行き先、それはレールに聞いてくれ?そんな装甲列車スレ!

米軍正式採用のオフロードビークル「MRZR4」、日本で公道走行が可能…米特殊作戦軍の要望で開発! 富士山上空をP-1哨戒機編隊が飛行…海自各航空部隊で行われた初訓練飛行! 低空飛行のF-15戦闘機が目の前!イギリスにある航空ファンの聖地がスゴイ
日本最新の準空母「いずも」甲板に5機のヘリが並ぶ…中国メディア! 
ロシアが最新鋭Mig-35戦闘機を発表…世界30カ国が代表が参加! 
Mi-35M、Mi-28N攻撃ヘリなど戦車キラーを製造するロシアン・ヘリコプターズ生産工場!