1: Ttongsulian ★
 《 セルビア軍はこのほど、戦術演習を実施し、陸軍第3旅団、第250対空ミサイル基地、第126通信基地、空軍第98中隊、第204中隊など多くの部隊が参加した。  》  

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

F-117_Nighthawk_Front
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2016-05/30/content_38564920.htm
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1464601368/



国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点! なぜ大空襲で姫路城は無傷だったのか? 中国戦闘機J-10の異常すぎる変態機動の動画、これ自衛隊のF-15Jでは勝てませんわ
目立つ迷彩戦闘服の意味を問う! トルコ陸軍向けの35mm自走対空機関砲「Korkut」の量産がスタート! 映画「エイリアン」のイメージ迷彩をしたチェコ軍のMi-24「ハインド」武装ヘリコプター!

5b225001-s536cc0a4-s7aae6c02-s6cc4334a-se48ffa78-sc9afbe58-sa5859ad2-s


2: 七つの海の名無しさん
>F-117

もともとのステルス理論を論文で発表したのはロシア人だったのにな。
しかしそれを実現させたのは
アメのスカンクワークスとノースロップだったwww

5: 七つの海の名無しさん
イタリアの基地の近くにスパイを張り込ませて「今F-117が離陸しました!」って報告させれば
そりゃ馬鹿でも撃墜出来るわな
毎回同じルートで爆撃に行ってたって言うじゃないか

7: 七つの海の名無しさん
爆撃定期便とか数打ちゃ当たるだろ

13: 七つの海の名無しさん
>>7

ウィキペディアによると電子レンジでおびきよせられて2発のミサイルで落とされた

10: 七つの海の名無しさん
同じ時間に同じルート飛んで
複数の光学照準のミサイルで撃墜されたんじゃなかったっけ?

11: 七つの海の名無しさん
>>10
光学照準のミサイルとな?

14: 七つの海の名無しさん
ステルスは特定の周波数には有効だが万能では無い

17: 七つの海の名無しさん
今なら更に排熱感知センサーでステルス破り

20: 七つの海の名無しさん
ステルスは万能ではなくて低周波数のレーダーだとステルス性が落ちちゃうんだよな・・・

これらの戦訓からロシアはPAKFAの開発で
ステルス性をわずかに落としてでも、ラプターを凌駕する機動性を追及したと言っている

ファーストルック・ファーストシュート・ファーストキルの前提が敗れたとき
もはやラプターは最強ではないことになるわけで・・・



このブログの人気記事!

☆韓国海軍イージス艦の主砲はまがい物!

☆駆逐戦車ヤークトパンターは結構使える子なの?

☆ステルス実証機X-2のステルス性能は確かに高いが日本人特有の弱点が…中国メディアの「ダメ出し」とは?

☆中国軍のJ-15艦上戦闘機、改造計画は前途多難でロシアに援助要求か…代替機の可能性も!

☆漫画「空母いぶき」、中国軍空母「広東」との制空権争奪戦になりました!

☆中国陸軍の99式戦車と陸上自衛隊の10式戦車を比較したら中国が圧倒的に上だった…中国メディア!

☆駐日米軍F-16パイロットのヘルメットに「旭日旗」と「神風」、日本と戦った老兵が見たらあきれるだろう…中国メディア!

☆潜水艦からMiG戦闘機が発進?旧ソ連で考案された最強潜水空母を再現!

☆ロシア軍のキーロフ級巡洋艦2番艦アドミラル・ラーザレフが新たな姿で登場!


軍事 タクティカルバッグ



中国海軍の新型055型駆逐艦、ネットに出回ってた多くの予想CGよりは大人しいデザイン! 宿営地に撃たれた迫撃砲弾を迎撃する機関砲…日本版C-RAMですな! イギリスで次世代26型護衛艦の建造がEAシステム社で開始…SF感あふれるデザイン!

「日本の戦闘機開発は中国に比べて20年遅れてる」…ステルス戦闘機J-20を高く評価する声が多い! 艦艇用近接防御火器システムCIWSの魅力! インド海軍は戦闘能力を高めるため、伝統的に艦上でもヨガを実施ます!
戦艦大和の15cmの副砲が最大の弱点であった。あそこに敵戦艦の主砲が当たると下まで貫通していく! 未来の戦闘機は「人間パイロットの親機+複数のドローン戦闘機」…マクロスの世界が実現に! 89式小銃もそろそろ30年選手になっちゃうね…!