1: Ttongsulian ★
 《 セルビア軍はこのほど、戦術演習を実施し、陸軍第3旅団、第250対空ミサイル基地、第126通信基地、空軍第98中隊、第204中隊など多くの部隊が参加した。  》  

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

F-117_Nighthawk_Front
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2016-05/30/content_38564920.htm
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1464601368/



陸上自衛隊の96式装輪装甲車の後継として装輪装甲車(改)を開発…防衛装備庁! ベトナム戦争を描いた一番面白い映画は? 宿営地に撃たれた迫撃砲弾を迎撃する機関砲…日本版C-RAMですな!
「田舎臭い少女風」…稲田防衛相のファッションに悪評! ドイツ駐留米軍がM1A2エイブラムス戦車をアップグレード…改良版反応装甲を装備! フィリピン海軍に大型輸送艦「ターラック」が到着、揚陸機能と高い輸送能力…インドネシアから購入!

5b225001-s536cc0a4-s7aae6c02-s6cc4334a-se48ffa78-sc9afbe58-sa5859ad2-s


2: 七つの海の名無しさん
>F-117

もともとのステルス理論を論文で発表したのはロシア人だったのにな。
しかしそれを実現させたのは
アメのスカンクワークスとノースロップだったwww

5: 七つの海の名無しさん
イタリアの基地の近くにスパイを張り込ませて「今F-117が離陸しました!」って報告させれば
そりゃ馬鹿でも撃墜出来るわな
毎回同じルートで爆撃に行ってたって言うじゃないか

7: 七つの海の名無しさん
爆撃定期便とか数打ちゃ当たるだろ

13: 七つの海の名無しさん
>>7

ウィキペディアによると電子レンジでおびきよせられて2発のミサイルで落とされた

10: 七つの海の名無しさん
同じ時間に同じルート飛んで
複数の光学照準のミサイルで撃墜されたんじゃなかったっけ?

11: 七つの海の名無しさん
>>10
光学照準のミサイルとな?

14: 七つの海の名無しさん
ステルスは特定の周波数には有効だが万能では無い

17: 七つの海の名無しさん
今なら更に排熱感知センサーでステルス破り

20: 七つの海の名無しさん
ステルスは万能ではなくて低周波数のレーダーだとステルス性が落ちちゃうんだよな・・・

これらの戦訓からロシアはPAKFAの開発で
ステルス性をわずかに落としてでも、ラプターを凌駕する機動性を追及したと言っている

ファーストルック・ファーストシュート・ファーストキルの前提が敗れたとき
もはやラプターは最強ではないことになるわけで・・・



このブログの人気記事!

☆韓国海軍イージス艦の主砲はまがい物!

☆駆逐戦車ヤークトパンターは結構使える子なの?

☆ステルス実証機X-2のステルス性能は確かに高いが日本人特有の弱点が…中国メディアの「ダメ出し」とは?

☆中国軍のJ-15艦上戦闘機、改造計画は前途多難でロシアに援助要求か…代替機の可能性も!

☆漫画「空母いぶき」、中国軍空母「広東」との制空権争奪戦になりました!

☆中国陸軍の99式戦車と陸上自衛隊の10式戦車を比較したら中国が圧倒的に上だった…中国メディア!

☆駐日米軍F-16パイロットのヘルメットに「旭日旗」と「神風」、日本と戦った老兵が見たらあきれるだろう…中国メディア!

☆潜水艦からMiG戦闘機が発進?旧ソ連で考案された最強潜水空母を再現!

☆ロシア軍のキーロフ級巡洋艦2番艦アドミラル・ラーザレフが新たな姿で登場!


軍事 タクティカルバッグ



米海軍の横須賀基地司令官を務めるキム大佐、日米韓三角同盟の重要性を強調…イージス艦「ジョン・S・マケイン」艦長も経験! 日本のC-2輸送機と中国のY-20を比べてみた!日本のレベルを超えたと主張にネット「客観的に見れば、日本は30年進んでいる」! 空自のF-15Jは半数がスパローしか撃てない旧式機、Su-30やJ-15に対抗できるの?

「モルヒネ」すら携帯できぬ自衛隊の衛生兵…医療体制は極めてお粗末なもの! 防衛省が海自護衛艦の建造ペースを倍増、4年間で8隻へ…建造体制の強化も考慮! 海上自衛隊空母運用の課題点を考察する!
ロシア海軍の原子力潜水艦、氷にぶつかり穴が開く! ミリタリーウォッチ…本職が使うのは? 富士山上空をP-1哨戒機編隊が飛行…海自各航空部隊で行われた初訓練飛行!