1: きつねうどん ★
 《 「ゴー」という重低音を響かせて、海上自衛隊の巨大ホーバークラフト「エアクッション艇」が海へ向かう。スロープから着水すると水しぶきが立ちのぼる。広島県江田島市で行われた「第1エアクッション艇隊」の輸送訓練を取材した。

 エアクッション艇は全長約24メートル、幅13メートル。50トンの搭載能力を持ち、最高時速は90キロに達する。ホーバークラフトは、港や桟橋がない砂浜などに上陸でき、人員や物資を輸送できる。エアクッション艇は、空気を海面に送り込むことで浮上し、プロペラや煙突状のバウスラスターという装置で操舵を行う。

 舵の形も独特でよく船に見られる円形状ではなく、航空機のような凹の字型の「ヨークハンドル」と呼ばれる。ヨークハンドルや足下のペダル、角度を変える「ピッチレバー」を用いて操縦する。その場での一回転する「回頭」という動きもできる。巨体にもかかわらず動きは軽やかだ。  》  

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

89984454
http://www.sankei.com/smp/west/news/160628/wst1606280006-s1.html
引用元: ・http://carpenter.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1467085090/



「翼の生えたトラクター」、北朝鮮の小型輸送機「アントノフ2」は最強武器?…木製でレーダー探知が困難! 日本が輸出する小火器(拳銃・機関銃など)は年間112億円! 日本の空母保有に警戒せよ、だが「建造はそう簡単ではないはずだ」…中国メディア!
帝国海軍戦闘機「零戦」と帝国陸軍戦闘機「隼」、どちらが優秀だったか?…実際に戦わせてみた! 「平成の零戦」と呼ばれる日本のF-2戦闘機と中国のJ-10戦闘機、アジアの空の王者はどっちだ…中国メディア! 最新のステルス戦闘機F-35、ステルス能力が高すぎて訓練時に問題…地対空兵器が機能せず!

715157845646515156


3: Ψ
ロシアの奴だったか人がいるビーチにつっこんでたな

4: Ψ
扇風機仕様。

6: Ψ
人間がクッション内に入ると
あの重さを支える空気圧を
人体に浴び続けるため
爆死したみたいに人体分裂する

7: Ψ
大昔に出張で大分空港往復に乗ったわ
ドリフト仕様だぜ

8: Ψ
全長5000m

11: Ψ
LCACか いいね 


12: Ψ
スゴイね~! エアクッション艇!



このブログの人気記事!

☆中国が南沙諸島のヒューズ礁に9階建て施設を建造…監視塔やアンテナ塔も!

☆F-22ステルス戦闘機194機の追加生産の可能性を検討開始・同盟国への輸出も検討へ…米下院軍事委員会!

☆ロシア軍が消防ロボット「ウラン-14」を公開…消火活動や地雷や爆発物の除去が可能!


☆護衛艦って駆逐艦やフリゲイトなど一般的な分類にするとどうなるんでしょう?

☆アメリカ海兵隊でM27 IAR自動小銃が導入されてミニミを代替しつつあるようで…

☆日本の国産ステルス実証機X-2初飛行に中国ネットで議論「本当に飛んだの?画像加工したんじゃないの?」!

☆SELSs隊員→戦闘機パイロット→空母副長→ブルーリッジ新艦長…パラダイス大佐の凄い経歴!

☆MV-22オスプレイの進化版、新型垂直離陸(VTOL)機「X-Plane」が着陸実験に成功!

☆SF感たっぷりのロシアFSB特殊部隊が開発中のZIL新型対テロ装甲車!


1/35 スペイン陸軍 VRC-105チェンタウロ戦闘偵察車
スペイン陸軍 チェンタウロ戦闘偵察車



中国の次世代主力戦車CG想像図…乗員2人で無人砲塔を採用! ドイツのリンクス歩兵戦闘車、最大8人が搭乗可能…指揮車両や野戦救急車なども計画中! 海上自衛隊のF-35B戦闘機導入の可能性について!

フランス特殊部隊RAIDが誤って隣の家に突入、ドア爆破→スタングレネード→突入→拘束→謝罪! テスト飛行中の陸自オスプレイ…塗装がダサイ! 国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点!
イージス艦の六角形のところって何が納まってんの? ロシアがSWストームトルーパーを彷彿とさせる最新コンバットスーツを公開…外骨格が兵士を銃弾から守る! 進水した中国の国産空母は「60年前のデザイン」と仏メディアが酷評!