Name 名無し 16/06/28(火)20:26:09

 《 トゥーラ器械製造設計局で製造された、何度も使用できる世界最小の擲弾砲「ブル」が対テロ班の装備として採用された。イズベスチア紙が報じた。ランチャーの長さは74.2cm、手榴弾込みでの重さはたったの3.5kgだ。 

 設計局がイズベスチア紙に伝えたところによると、いつでも戦闘行動を行える世界最軽量のグレネードランチャーを作るという課題が開発者の前に立っていたという。設計局はこう述べた。「国による試験を成功裏に通り、兵器として採用された」   》  

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

1467113169778
http://jp.sputniknews.com/russia/20160627/2379637.html
引用元:http://www.2chan.net/ 



国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点! なぜ大空襲で姫路城は無傷だったのか? 中国戦闘機J-10の異常すぎる変態機動の動画、これ自衛隊のF-15Jでは勝てませんわ
目立つ迷彩戦闘服の意味を問う! トルコ陸軍向けの35mm自走対空機関砲「Korkut」の量産がスタート! 映画「エイリアン」のイメージ迷彩をしたチェコ軍のMi-24「ハインド」武装ヘリコプター!

無題 Name 名無し 16/06/28(火)23:39:20

>世界最軽量のグレネードランチャー

それは各国で1.5kg級の物を作っているので違うと思うぞ。
グレネードランチャーじゃなくて「無反動砲」(カールの類)の訳を間違えたのでは?




無題 Name 名無し 16/06/28(火)23:48:06 

>グレネードランチャーじゃなくて「無反動砲」(カールの類)の訳を間違えたのでは?

使い捨てのLAWやRPG-22とは違って再装填可能な軽量対戦車擲弾砲ってことかね




無題 Name 名無し 16/06/29(水)01:35:30 

そういえばロシアのRPGシリーズは破壊力は優れているけど、最新モデルでも
発射炎を小さく抑える技術が採用されていないよね。

西側の同種兵器だとカールグスタフ、SMAW、PF3などはみな、塩水等を後方に
噴射することで発射炎を小さく抑え、閉所からでも発射が可能になってるが、
RPG-29や27等の動画を見ても発射炎を抑える機能が備わっているように見えない。
個人対戦車火器のパイオニアなんだから、そのぐらいやろうと思えば割と簡単に
実現できそうな気がするんだがなぁ。




無題 Name 名無し 16/06/29(水)17:21:13 

対テロ作戦での
近接支援火器なら
M203で
ええんでねーのですか?




Firing_M203_near_FOB_Mehtar_Lam 無題 Name 名無し 16/06/29(水)17:54:02

>M203でええんでねーのですか?

その手のグレネードランチャーとRPGの中間のような武器がほしかったんでしょ




無題 Name 名無し 16/06/29(水)18:35:32 

40mm系統のグレネードとは、威力が違いましてよ。



無題 Name 名無し 16/06/29(水)19:06:07

射撃の際に後方になんか筒状の物を射出してるけど
これがカウンターマス替わりになってるのかな




無題 Name 名無し 16/06/29(水)19:24:42 

M72 LAWや、その同類のRPG-22との用途の違いがわからない。
照準器が立派であれより命中率いいですよってだけかね?

ちなみにRPGー22は2.8キログラム




1467195882711 無題 Name 名無し 16/06/29(水)22:52:31

>ランチャーの長さは74.2cm、手榴弾込みでの重さはたったの3.5kgだ。 

弾が使い捨ての発射筒込みで3.5kgだね
発射時には照準器/トリガなどがセットになった1.3kgの発射装置が別途必要なので最低限でも合計で4.8kgだね




無題 Name 名無し 16/06/30(木)07:20:16 

>「ブル」の威力はTNT火薬換算で、およそ6kg相当、有効射程は650m、最大射程距離は900mを越える。爆薬は少なくとも30立方メートル、つまりおよそ16平方メートルの住居を完全に焼き尽くすのには十分だ

「TNT換算6kg」とか「16平方の住居を完全に焼きつくす」とかあるし、
ロシアお得意のサーモバリック兵器じゃないのこれ?
土嚢などで結構防がれてしまう単純な榴弾より、熱で焼き尽くすタイプは
そういった簡単な防護では防げないし、そういった建物の部屋に
設置された簡易火点を一発で無力化できれば相当便利だし。





このブログの人気記事!

☆アメリカ軍が開発するF-35戦闘機の制御プログラムはバグだらけ!

☆ステルスなんかより新しい小銃くれよって思ってる隊員がいそうな気がする!

☆中国の国産戦闘機、エンジンの寿命はアメリカ製の10分の1以下!

☆ロシアのデルタIV級戦略ミサイル原子力潜水艦K-407、巨大な船体がドックアウト!

☆A-10ウォートホッグとSu-25フロッグフット、どっちが強いの?


☆艤装中の海自ヘリ搭載護衛艦「かが」、順調に装備が設置!

☆インドの次世代戦闘機「AMCA」の完成予想図を公開…SF感たっぷり!

☆赤外線誘導ミサイル、対戦車ミサイルなどを寄せ付けない戦車登場!その先は?

☆海上保安庁の巡視船ってフリゲート艦を相手にして勝てるの?


1/35 ロシア 主力戦車 T-90A
ロシア主力戦車 T-90A



中国海軍の新型055型駆逐艦、ネットに出回ってた多くの予想CGよりは大人しいデザイン! 宿営地に撃たれた迫撃砲弾を迎撃する機関砲…日本版C-RAMですな! イギリスで次世代26型護衛艦の建造がEAシステム社で開始…SF感あふれるデザイン!

「日本の戦闘機開発は中国に比べて20年遅れてる」…ステルス戦闘機J-20を高く評価する声が多い! 艦艇用近接防御火器システムCIWSの魅力! インド海軍は戦闘能力を高めるため、伝統的に艦上でもヨガを実施ます!
戦艦大和の15cmの副砲が最大の弱点であった。あそこに敵戦艦の主砲が当たると下まで貫通していく! 未来の戦闘機は「人間パイロットの親機+複数のドローン戦闘機」…マクロスの世界が実現に! 89式小銃もそろそろ30年選手になっちゃうね…!