1: ダブルニードロップ(福島県)@\(^o^)/
 《 米中両国が開戦すれば両国に相当の被害が発生するが、今開戦となれば中国の損失の方が大きい。ただし中国が進める接近阻止領域拒否(A2/AD)整備で、中国有利が2025年に生まれる。それでも中国は米側より相当大きな被害を被るとRANDコーポレーションの最新研究成果が述べている。

 中国と開戦となれば戦場は海空が舞台となりそうだが、サイバーおよび宇宙装備が大きな意味を有すると報告書は述べる。RANDは通常戦のままと予測している。「両国とも部隊を広範囲に配備し相互に捕捉追跡し攻撃する能力が高いので西太平洋全体が戦闘地帯になり重大な経済的影響が発生する。」「核兵器使用は考えにくい。

 損害が極度に多い通常戦でも両陣営ともに核兵器の先制使用による放射能のリスクを恐れるはずだ」RANDは米国が中国本土を重点的に攻撃する前提としたが、研究員は中国の米本土攻撃手段はサイバーだけを想定した。「中国がサイバー除き米本土を攻撃できるとは考えにくい。
中国の通常兵器能力に制約がある」とし「対照的に米国は中国国内の軍事施設を広範囲に攻撃するだろう」  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

Honor and Duty
https://aviation-space-business.blogspot.jp/2016/08/rand.html
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1470573826/



国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点! なぜ大空襲で姫路城は無傷だったのか? 中国戦闘機J-10の異常すぎる変態機動の動画、これ自衛隊のF-15Jでは勝てませんわ
目立つ迷彩戦闘服の意味を問う! トルコ陸軍向けの35mm自走対空機関砲「Korkut」の量産がスタート! 映画「エイリアン」のイメージ迷彩をしたチェコ軍のMi-24「ハインド」武装ヘリコプター!
2: ダイビングエルボードロップ(茸)@\(^o^)/
兵士が何人死のうと意に介さない連中は厄介だぞ

3: 腕ひしぎ十字固め(長野県)@\(^o^)/
米中の前に日本が沈められるけどな

4: ヒップアタック(広島県)@\(^o^)/
つまり今のうちに叩いとけってことだろ

5: ニールキック(茸)@\(^o^)/
そのままだと同じ数列が出てくるので
RAND(-TIME)で初期化する

6: 断崖式ニードロップ(東京都)@\(^o^)/
米国側に被害出るの?

7: ネックハンギングツリー(庭)@\(^o^)/
だから先につぶしとけ、ってはなしかね。

8: ムーンサルトプレス(北海道)@\(^o^)/
間の国がいい迷惑だな



このブログの人気記事!

☆陸自の次期小銃ではライフルグレネードからアドオンに変更かな?

☆中国を震え上がらせる米海軍の秘密兵器、レールガンの実力…南西諸島防衛にも最適!

☆いったいなぜ、日本には戦車が必要なのか?

☆ロシアの多目的水陸両用機Be-200ESの現代化改造版初号機がラインオフ!

☆10式戦車も対人武装はこんなもん?

☆米海兵隊がF-35B戦闘機の就役遅れから旧型F/A-18Cホーネットを「墓場」から呼び戻す事態へ!

☆米空軍が次世代戦闘機のコンセプト作りを開始…新型コンピュータ技術、兵装、電子戦装備、感知機能の採用を検討中!

☆アフガニスタン紛争の激戦地「パンジシール谷」に今も残る旧ソ連軍機甲部隊の残骸!

☆4400万円もする次世代戦闘機F-35専用のヘルメット…もちろんただ高級なだけじゃない!


おのののか ののまみれ
おのののか ののまみれ



中国海軍の新型055型駆逐艦、ネットに出回ってた多くの予想CGよりは大人しいデザイン! 宿営地に撃たれた迫撃砲弾を迎撃する機関砲…日本版C-RAMですな! イギリスで次世代26型護衛艦の建造がEAシステム社で開始…SF感あふれるデザイン!

「日本の戦闘機開発は中国に比べて20年遅れてる」…ステルス戦闘機J-20を高く評価する声が多い! 艦艇用近接防御火器システムCIWSの魅力! インド海軍は戦闘能力を高めるため、伝統的に艦上でもヨガを実施ます!
戦艦大和の15cmの副砲が最大の弱点であった。あそこに敵戦艦の主砲が当たると下まで貫通していく! 未来の戦闘機は「人間パイロットの親機+複数のドローン戦闘機」…マクロスの世界が実現に! 89式小銃もそろそろ30年選手になっちゃうね…!