1: ダブルニードロップ(福島県)@\(^o^)/
 《 米中両国が開戦すれば両国に相当の被害が発生するが、今開戦となれば中国の損失の方が大きい。ただし中国が進める接近阻止領域拒否(A2/AD)整備で、中国有利が2025年に生まれる。それでも中国は米側より相当大きな被害を被るとRANDコーポレーションの最新研究成果が述べている。

 中国と開戦となれば戦場は海空が舞台となりそうだが、サイバーおよび宇宙装備が大きな意味を有すると報告書は述べる。RANDは通常戦のままと予測している。「両国とも部隊を広範囲に配備し相互に捕捉追跡し攻撃する能力が高いので西太平洋全体が戦闘地帯になり重大な経済的影響が発生する。」「核兵器使用は考えにくい。

 損害が極度に多い通常戦でも両陣営ともに核兵器の先制使用による放射能のリスクを恐れるはずだ」RANDは米国が中国本土を重点的に攻撃する前提としたが、研究員は中国の米本土攻撃手段はサイバーだけを想定した。「中国がサイバー除き米本土を攻撃できるとは考えにくい。
中国の通常兵器能力に制約がある」とし「対照的に米国は中国国内の軍事施設を広範囲に攻撃するだろう」  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

Honor and Duty
https://aviation-space-business.blogspot.jp/2016/08/rand.html
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1470573826/



「島奪還を想定」空挺レンジャーの極限訓練(動画)! 成層圏をレンズ化して敵の対空レーザー攻撃を撃退する軍事技術「Atmospheric Lens」 海自の最新護衛艦「あさひ」は中国版イージス艦052Dに勝てるか?…中国ネット「052Dの対艦ミサイル1発で沈むだろう」!
航空自衛隊のT-4が退役開始ってマジ? 北朝鮮の航空ショーに登場したMiG-29戦闘機、F-22の塗装に酷似! 中国海軍、30年間での近代化を画像で確認!
2: ダイビングエルボードロップ(茸)@\(^o^)/
兵士が何人死のうと意に介さない連中は厄介だぞ

3: 腕ひしぎ十字固め(長野県)@\(^o^)/
米中の前に日本が沈められるけどな

4: ヒップアタック(広島県)@\(^o^)/
つまり今のうちに叩いとけってことだろ

5: ニールキック(茸)@\(^o^)/
そのままだと同じ数列が出てくるので
RAND(-TIME)で初期化する

6: 断崖式ニードロップ(東京都)@\(^o^)/
米国側に被害出るの?

7: ネックハンギングツリー(庭)@\(^o^)/
だから先につぶしとけ、ってはなしかね。

8: ムーンサルトプレス(北海道)@\(^o^)/
間の国がいい迷惑だな



このブログの人気記事!

☆陸自の次期小銃ではライフルグレネードからアドオンに変更かな?

☆中国を震え上がらせる米海軍の秘密兵器、レールガンの実力…南西諸島防衛にも最適!

☆いったいなぜ、日本には戦車が必要なのか?

☆ロシアの多目的水陸両用機Be-200ESの現代化改造版初号機がラインオフ!

☆10式戦車も対人武装はこんなもん?

☆米海兵隊がF-35B戦闘機の就役遅れから旧型F/A-18Cホーネットを「墓場」から呼び戻す事態へ!

☆米空軍が次世代戦闘機のコンセプト作りを開始…新型コンピュータ技術、兵装、電子戦装備、感知機能の採用を検討中!

☆アフガニスタン紛争の激戦地「パンジシール谷」に今も残る旧ソ連軍機甲部隊の残骸!

☆4400万円もする次世代戦闘機F-35専用のヘルメット…もちろんただ高級なだけじゃない!


おのののか ののまみれ
おのののか ののまみれ



中国091型潜水艦の潜航深度は約350メートルだが、海自そうりゅう級は500メートルだ、新たな鋼材の研究開発を…中国メディア! ロシア海軍の原子力潜水艦、氷にぶつかり穴が開く! 「日本がマッハ4の空対艦ミサイルXASM-3を開発していた」に中国ネット…「日本は最高の兵器をまだ明かしていない」!
米海軍の象徴「ビッグE」ことCVN-65原子力空母エンタープライズが退役…キューバ危機やベトナム戦争で活躍! 海上自衛隊向けの艦艇の受注競争に異変、連敗の三菱重工が不満爆発の理由! 行き先、それはレールに聞いてくれ?そんな装甲列車スレ!

米軍正式採用のオフロードビークル「MRZR4」、日本で公道走行が可能…米特殊作戦軍の要望で開発! 富士山上空をP-1哨戒機編隊が飛行…海自各航空部隊で行われた初訓練飛行! 低空飛行のF-15戦闘機が目の前!イギリスにある航空ファンの聖地がスゴイ
日本最新の準空母「いずも」甲板に5機のヘリが並ぶ…中国メディア! 
ロシアが最新鋭Mig-35戦闘機を発表…世界30カ国が代表が参加! 
Mi-35M、Mi-28N攻撃ヘリなど戦車キラーを製造するロシアン・ヘリコプターズ生産工場!