1: ◆qQDmM1OH5Q46
 《 稲田防衛相は7日、長崎県佐世保市の海上自衛隊佐世保基地と陸上自衛隊相浦駐屯地を訪れた。

 訓練を視察するなどした後、記者団に「士気高く訓練に励む隊員を激励できて有意義だった。
日本の防衛に万全を尽くす決意を新たにした」などと語った。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

151559
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160907-OYT1T50150.html
引用元: ・http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1473299742/ 
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160908-00000631-fnn-pol 



国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点! なぜ大空襲で姫路城は無傷だったのか? 中国戦闘機J-10の異常すぎる変態機動の動画、これ自衛隊のF-15Jでは勝てませんわ
目立つ迷彩戦闘服の意味を問う! トルコ陸軍向けの35mm自走対空機関砲「Korkut」の量産がスタート! 映画「エイリアン」のイメージ迷彩をしたチェコ軍のMi-24「ハインド」武装ヘリコプター!

4594115615615151

3: ミリヲタ相模川右岸
敵地攻撃能力の保有はまだか

5: 名無しさん@おーぷん
>>3
離島攻撃能力なら揃って来たけどねー
JDAMとかも配備されてるし
ただ本格的なのになるとまだ足んないよね
悲しい

6: 名無しさん@おーぷん
>>3 ,5
攻撃能力は戦力と考えられ自衛の範囲を逸脱するので
まず早急に憲法を改正して
それから防衛費を増やす必要がある

4: 名無しさん@おーぷん
自衛隊には頭が下がるが予算の問題でまだ色々と足りないんだよなぁ
DSP衛星等の衛星はこの際米国の情報を頼りにするとしてもだ
イージスの増勢orイージスアショア配備、レーダー網強化
ミサイルの性能向上、多段防御による対処能力の向上が必要になる
とりあえずはイージス増勢と高高度飛翔体迎撃用ミサイル辺りだろうけど
それが決まってもSM-3ブロック2Aの改良も必要だし・・・
そもそも衛星を米国に依存し続けるのも・・・
まぁ全部進めてはいるんだけどさ

8: 名無しさん@おーぷん
迎撃能力を日本全国カバーするのは難しいし
相手が続けてミサイル攻撃を続ければカバーしている領域でもすべてを迎撃できない

北朝鮮内の固定及び移動式のミサイル発射台をなるべく多く破壊する必要がある
F-35が期待どうりなら非常に役に立つと思う
あとあきづき型を改良して高高度飛翔体迎撃用ミサイル対応にして4隻でやめないでもっと作って欲しい

10: 名無しさん@おーぷん
何でミサイル発射された時に
災害警報が鳴らないんだと
文句言ってる人が居る。
日本は北朝鮮のミサイル発射を探知する
能力無いのバレバレだよ。
一体なんの訓練するんだろうか?

11: 名無しさん@おーぷん
>>10
ミサイル基地から撃つ大陸弾道弾でなくて、
準備含めて探知が難しいトラック搭載の移動型中距離弾道ミサイルだから。
冷戦時代、ソ連のこれの配置でNATOは脅威を感じていた。

12: 名無しさん@おーぷん
海上で航空機を支援する護衛艦の導入が必要だな。
出雲型を改装して、固定翼機の着発艦、補給と整備、搭乗員の休養などができる護衛艦。
あくまでも、護衛艦だからな。



このブログの人気記事!

☆世界最強の戦車部隊に備え陸自に初配備された対戦車ヘリAH-1S「コブラ」…キャリア30年以上でも引退できないワケ!

☆イギリス軍の新型ボディーアーマーシステム「ヴィルトゥス (Virtus) 」が歩兵に配備!

☆ロシア海軍基地に停泊する軽巡洋艦「ミハイル・クトゥーゾフ」とフリゲート艦…新旧の艦船を比較!

☆イタリア海軍のベルガミーニ級フリゲートがドック入り…ステルス艦として設計!

☆中国軍が給与引き上げ検討…師団長クラスで3万元(約50万円)、兵士で5750元(9万5000円)へ!

☆リムパック2016で参加艦艇40隻が壮大な艦隊フォーメーションを披露!

☆米空軍がA-10攻撃機の後継機調達でローエンド軽攻撃機「OA-X」と高性能版の「A-X2」の二機種を構想!

☆軍板的に映画「シン・ゴジラ」はどうなんだろう?

☆攻勢作戦を担う空母機動部隊(1兆7676億円)…日米同盟解体・自主防衛のコストは25兆5319億円!


軍事 タクティカルバッグ



中国海軍の新型055型駆逐艦、ネットに出回ってた多くの予想CGよりは大人しいデザイン! 宿営地に撃たれた迫撃砲弾を迎撃する機関砲…日本版C-RAMですな! イギリスで次世代26型護衛艦の建造がEAシステム社で開始…SF感あふれるデザイン!

「日本の戦闘機開発は中国に比べて20年遅れてる」…ステルス戦闘機J-20を高く評価する声が多い! 艦艇用近接防御火器システムCIWSの魅力! インド海軍は戦闘能力を高めるため、伝統的に艦上でもヨガを実施ます!
戦艦大和の15cmの副砲が最大の弱点であった。あそこに敵戦艦の主砲が当たると下まで貫通していく! 未来の戦闘機は「人間パイロットの親機+複数のドローン戦闘機」…マクロスの世界が実現に! 89式小銃もそろそろ30年選手になっちゃうね…!