1: ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/
 《 NECと三菱電機が開発する新型高性能小型観測衛星「ASNARO2」を、宇宙関連事業を担うベトナム政府系機関「科学技術院」(VAST)に納入することで大筋合意したことが17日、分かった。日本政府の後押しによるもので、受注額は地上設備などを含め数百億円規模の見通し。観測衛星の輸出は初めてとなる。日本政府は拡大する衛星市場への日本企業の本格参入を目指しており、今回の輸出で弾みをつけたい考えだ。

 今回輸出するのはレーダーで地上を観測する衛星。カメラを搭載した光学衛星の利用が難しい夜間や曇天などの条件でも観測が可能で、災害時の状況把握や農作物の状態確認などに活用される。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

img_topics03_02
http://mainichi.jp/articles/20160917/k00/00e/020/296000c 
引用元: ・http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1474110374/



国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点! なぜ大空襲で姫路城は無傷だったのか? 中国戦闘機J-10の異常すぎる変態機動の動画、これ自衛隊のF-15Jでは勝てませんわ
目立つ迷彩戦闘服の意味を問う! トルコ陸軍向けの35mm自走対空機関砲「Korkut」の量産がスタート! 映画「エイリアン」のイメージ迷彩をしたチェコ軍のMi-24「ハインド」武装ヘリコプター!
2: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
打ち上げも日本が請け負えんのか

7: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
おー、ベトナムも衛星を持つようになったか。

9: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
高性能なレーダー衛星は、巡航ミサイルには必須な
精密な3Dマップがミサイルに必要なんだ

10: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
これ、支那を偵察する、偵察衛星だよね

11: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
めっちゃ偵察衛星じゃんかよ?国民を騙すのかよ。

13: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
中共に破壊されなければいいんだが

14: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
解像度と衛星の高度によるけど、軍事衛星として使えちゃわない?
…大丈夫なん?

15: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
>>14
高度は500kmくらいみたいだから低高度だよ、まあアメリカの低軌道偵察衛星は
もっと低く降りられるらしいけど、米の軍事低軌道偵察は燃料スラスターによる可変高度らしいし、
まあベトナムの衛星となるわけだけど米国NSAがささっとハッキングして撮影データを
抜き取れば半分自前の偵察衛星網として情報補完に役立つだろうし、なんていうかデータは減るもんじゃないしw

20: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
>>14
>軍事衛星として使えちゃわない?

使えちゃいます
もちろん防災や国土開発にも使えますが
レーダー衛星は夜間や悪天候でも見えるのが利点
いつでも即応できるということです
高額衛星もあるのにレーダー衛星を先に買ったと言うのはなぜでしょうねえ

17: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
ベトナム人に扱えるのか?

18: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
衛星は製造してすぐに打ち上げて、運用停止後は落下して燃え尽きるから、秘密が漏れなくていいな



このブログの人気記事!

☆A-10対地攻撃機の主力装備GAU-8ガトリング砲とは?

☆ロシアの次世代機?MiG-35戦闘機、順調に生産されているようです!

☆ソ連のスホーイ設計局が試作した変わった外観のT-4爆撃機!

☆隠れた軍事大国スウェーデン、多くの独自兵器を保有!

☆パワードスーツは装甲車より弱い?

☆中国の099原子力潜水艦をネットユーザーが設計…排水量5万トン、JL-3大陸間弾道ミサイルを105機搭載!

☆T-72とM1A1どっちの戦車が強い?

☆ついに四脚ロボットに、銃搭載モデルが登場!

☆建造が進む中国版イージス「055ミサイル駆逐艦CG」…052シリーズよりも大型化!


篠崎愛「Reality」



中国海軍の新型055型駆逐艦、ネットに出回ってた多くの予想CGよりは大人しいデザイン! 宿営地に撃たれた迫撃砲弾を迎撃する機関砲…日本版C-RAMですな! イギリスで次世代26型護衛艦の建造がEAシステム社で開始…SF感あふれるデザイン!

「日本の戦闘機開発は中国に比べて20年遅れてる」…ステルス戦闘機J-20を高く評価する声が多い! 艦艇用近接防御火器システムCIWSの魅力! インド海軍は戦闘能力を高めるため、伝統的に艦上でもヨガを実施ます!
戦艦大和の15cmの副砲が最大の弱点であった。あそこに敵戦艦の主砲が当たると下まで貫通していく! 未来の戦闘機は「人間パイロットの親機+複数のドローン戦闘機」…マクロスの世界が実現に! 89式小銃もそろそろ30年選手になっちゃうね…!