1: きつねうどん ★
 《 2011年3月、航空自衛隊に「基地警備教導隊」という新しい部隊が編成された。

 自衛隊が日本全国に持つ拠点の呼び方として、「基地」と「駐屯地」がある。よく似た言葉だが意味は全く異なる。「駐屯地」は主として陸上自衛隊が用いている。

 一方、「基地」は空自と海上自衛隊が使用している。世界各国の空軍や海軍も「ベース」と呼んでいる。有事の際、飛び立った戦闘機、出港した艦艇は、任務を終えると再び基地へと戻ってくる。次の攻撃までに燃料の補給や機体整備を行わなければならないからだ。ずっとその場にあり続ける拠点が「基地」なのだ。

 (略) そこで、空自ではこうした敵から基地を守るため、2003年ごろから基地警備の研究を開始した。もちろん以前から、基地警備隊として、各基地には小銃や拳銃で武装した隊員を置いていた。だが、あくまで基地管理業務の1つという位置付けであり、重要視されてこなかった。  》 



「翼の生えたトラクター」、北朝鮮の小型輸送機「アントノフ2」は最強武器?…木製でレーダー探知が困難! 日本が輸出する小火器(拳銃・機関銃など)は年間112億円! 日本の空母保有に警戒せよ、だが「建造はそう簡単ではないはずだ」…中国メディア!
帝国海軍戦闘機「零戦」と帝国陸軍戦闘機「隼」、どちらが優秀だったか?…実際に戦わせてみた! 「平成の零戦」と呼ばれる日本のF-2戦闘機と中国のJ-10戦闘機、アジアの空の王者はどっちだ…中国メディア! 最新のステルス戦闘機F-35、ステルス能力が高すぎて訓練時に問題…地対空兵器が機能せず!
2: Ψ
陸自に任せちゃいかんのか?

5: Ψ
>>2
ま、陸自と空自は近い関係だけど、そこは縄張りがあるわけで。
海自はシラネ。

3: Ψ
セコムでいいやん

4: Ψ
日本の陸自はあの組織的な訓練、実戦で使えるかね
戦闘になれば四方八方から攻撃受けるし人も撃たれて減るし
チームが崩れたらマニュアル以外の行動ができるかどうか疑問
観閲式みておもったし米軍もそう思ってるはず

6: Ψ
普通に考えたら、レーダーにはミサイル飛んでくるんじゃ無いの?

7: Ψ
俺がいた頃は、M-1騎銃、M-1短機関銃、BARだったけど、
今、何を使ってるのかな。

8: Ψ
>>7
64式が主と思いますよー。

9: Ψ
衛星兵器と原潜のタッグが最強だと思う

10: Ψ
旧軍出身者がまだ大勢いたせいか、陸と海は張り合ってたけど
空はアメリカの方を向いていて、陸海の張り合いは眼中に無かったな

12: Ψ
陸上自衛隊ってのは基地じゃないよな、駐屯地なんだよ、陸軍戦力ってのは
なんでも装備は丸ごと全部持って移動出来るんだよ、これは完全自動車化部隊を意味している
、トラックで丸ごと全部移動できるんだよ、要するにチンギスハーン方式なんだよ、
陸自は実は常に"展開"しているんだよ、日本全国に既に"布陣"している状態なんだよ
、だからたまに左翼のおじさん達に叱られても仕方が無いんだよ。

13: Ψ
そのうちメトロ化部隊とか編成されるかもしれない。

14: Ψ
101空挺師団とかね、あれは丸ごとヘリや輸送機で移動出来るんだよ、日本人は軍事音痴
だから知らないだろうけど。

21: Ψ
駐屯地にある弾薬庫はどうやって移動するんだよ



このブログの人気記事!

☆A-10対地攻撃機の主力装備GAU-8ガトリング砲とは?

☆ロシアの次世代機?MiG-35戦闘機、順調に生産されているようです!

☆ソ連のスホーイ設計局が試作した変わった外観のT-4爆撃機!

☆隠れた軍事大国スウェーデン、多くの独自兵器を保有!

☆パワードスーツは装甲車より弱い?

☆中国の099原子力潜水艦をネットユーザーが設計…排水量5万トン、JL-3大陸間弾道ミサイルを105機搭載!

☆T-72とM1A1どっちの戦車が強い?

☆ついに四脚ロボットに、銃搭載モデルが登場!

☆建造が進む中国版イージス「055ミサイル駆逐艦CG」…052シリーズよりも大型化!


ワールドタンクミュージアム図鑑



中国の次世代主力戦車CG想像図…乗員2人で無人砲塔を採用! ドイツのリンクス歩兵戦闘車、最大8人が搭乗可能…指揮車両や野戦救急車なども計画中! 海上自衛隊のF-35B戦闘機導入の可能性について!

フランス特殊部隊RAIDが誤って隣の家に突入、ドア爆破→スタングレネード→突入→拘束→謝罪! テスト飛行中の陸自オスプレイ…塗装がダサイ! 国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点!
イージス艦の六角形のところって何が納まってんの? ロシアがSWストームトルーパーを彷彿とさせる最新コンバットスーツを公開…外骨格が兵士を銃弾から守る! 進水した中国の国産空母は「60年前のデザイン」と仏メディアが酷評!