Name 名無し 16/10/22(土)02:24:12

陸軍のレーダー開発
1938春  レーダーの研究を本格的に開始
1939/2 陸軍・日本電気・日本無線レーダー波受信成功
1939/5 新型送信機と大型アンテナで大規模実験開始
1940/10 ドップラー式レーダー超短波警戒機甲実践テスト開始
1941初頭 パルス式レーダー開発開始
1941/7  パルス式レーダー実験機が航空機の探知に成功
1941/9  超短波警戒機乙の試作機完成
1942/2  超短波警戒機甲開発終了
1942/6  乙試作2号機の設置工事完了、量産機の運用開始 

type42
http://www.2chan.net/
引用元:http://www.2chan.net/ 



国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点! なぜ大空襲で姫路城は無傷だったのか? 中国戦闘機J-10の異常すぎる変態機動の動画、これ自衛隊のF-15Jでは勝てませんわ
目立つ迷彩戦闘服の意味を問う! トルコ陸軍向けの35mm自走対空機関砲「Korkut」の量産がスタート! 映画「エイリアン」のイメージ迷彩をしたチェコ軍のMi-24「ハインド」武装ヘリコプター!
無題 Name 名無し 16/10/22(土)02:30:20 

一方海軍
1939   レーダーの研究開始
1940秋  観艦式でレーダー派の探知に成功
1941(前半?)ドップラー式の3号の試験を開始
1941/6  英国の戦いの影響を受けて本格的な開発開始
1941/9  パルスレーダー実験機で探知成功(陸軍の実験機と同じもの?)
1941   ドイツからウルツブルグ始め各種資料を手に入れる
1942/5 戦艦伊勢で二号一型、二号二型を試験

と、軽く検索した限りではスタートは確かに陸軍と比べても遅いですが
センチメートル波を並行開発したり13号や22号、H-6を大量整備したりと
海軍のレーダーの実戦化ペースはだいぶ早い気もしますがどうなのでしょう




無題 Name 名無し 16/10/22(土)05:28:42

大東亜戦争開戦で鹵獲したレーダーはどの程度両軍にとって開発の支えになったのかも
気になりますね


 
無題 Name 名無し 16/10/22(土)12:40:53 

>大東亜戦争開戦で鹵獲したレーダーはどの程度

>両軍にとって開発の支えになったのかも気になりますね

支えとはちょっと違いますがシンガポールで鹵獲された英軍の
GLmarkⅡ型はコピーされてタチ3号になり150台生産
また、フィリピンで鹵獲された米軍の射撃用レーダーSCR-268も
タチ1号(日本電気)・2号(東芝)として各10台がコピー生産されてますね




1477107653037 無題 Name 名無し 16/10/22(土)13:58:45

日本の一部の馬鹿な軍人と官僚が全くその有効性を認識してなかった。八木レーダーなど本当に素晴らしい技術があったのに




無題 Name 名無し 16/10/22(土)14:03:22 

八木はアンテナだけどな。




無題 Name 名無し 16/10/22(土)14:24:07 

日本がレーダーに関して研究を始めたのが1936年、これは英国や独と比較して2年遅れ程度で
そこから考えれば開戦時にもう少し進展してても良いように感じられますが、どうしても先入観、
詰まり「送信した電波が航空機に反射して戻ってくるわけが無い」
(陸海軍・民間での1937年3月「電波研究会議」にて)や
「物を探し当てることは出来るかもしれないが、その前に自分の所在を暴露するものである」
(「日本無線史」より)との考えがあり進展ペースがスローになっていくんですけど
それでも終戦時に3~4年遅れとなっていましたから、ある程度先入観が無ければ
それなりに良い物が出来ていたかもしれませんね




1477113847077 無題 Name 名無し 16/10/22(土)14:28:54

穴開けた玉に銅線を逆に入れて数珠つなぎにしようとしてたのを同軸ケーブルの代わりにしようとしてたとか
焼いた鉄をダイオードにしようとしたけど押す力や湿度で変化するからノイズばかりだった

って話が嘘なのは知ってる




無題 Name 名無し 16/10/22(土)18:32:57

不用意に電波を出すと逆探知されてかえって敵に捕捉されるというのは
実際その通りになってるのでは




無題 Name 名無し 16/10/22(土)18:44:42

向きは分かるだろうけど距離がね
三角測量できる仕組みがないと今でも無理でしょう
米軍のレーダーに対して日本側がレーダー探知機を有効に使ってた
とも聞いていないし




無題 Name 名無し 16/10/22(土)19:00:48

>不用意に電波を出すと逆探知されてかえって敵に捕捉されるというのは

>実際その通りになってるのでは

逆探の場合は時と場所ってやつだよ別に隠密行動中はOFFで良いし
突撃じゃああって場面で索敵や命中率が飛躍的に上がるんだからね




無題 Name 名無し 16/10/22(土)19:10:19

>不用意に電波を出すと逆探知されてかえって敵に捕捉されるというのは

>実際その通りになってるのでは

ですので、レーダーにはそれを上廻る「利点」が有ったと言うことが
無視されていたということを言っているわけですね(・w・




無題 Name 名無し 16/10/22(土)19:15:55

今でも戦車のAPS採用なんかで位置を曝露するって馬鹿にしてるやつたくさん見かけるな
新しい装備や技術に対しては保守的な国民性か




無題 Name 名無し 16/10/22(土)19:22:52

>不用意に電波を出すと逆探知されてかえって敵に捕捉されるというのは

>実際その通りになってるのでは

ドイツ海軍潜水艦の攻撃前の無線を傍受するために
イギリス海軍がHF/DF作ってたなぁ……





無題 Name 名無し 16/10/22(土)19:49:04 

残念ながらこれは結果論でね
保守性が正しかったこともあるし、革新性が正しかったこともある
その判断した段階でどっちが正しいかはわからないことが多い




無題 Name 名無し 16/10/22(土)19:50:38 

ちなみに保守性が正しかった事例は
潜水艦の小型化、大型化に反対したアメリカ潜水艦隊上層部の判断がある
ドイツ、日本の小型潜水艦をアメリカでもって声を間違ってると言い切り
中型のガトー潜水艦を鬼のように作ったアメリカの判断は正しかった




無題 Name 名無し 16/10/22(土)20:34:43

>レーダー波だしたら敵に見つかるじゃないか

でもレーダー無いと敵の電波も拾えない盲状態なんだな
実際受信モードで電波の無い方向へ進路を取って警戒線突破に成功した
日本艦船もいるしな




無題 Name 名無し 16/10/22(土)20:52:36 

レーダーだと50~240km
肉眼だと望遠鏡双眼鏡で10㎞
夜はレーダーが優位。電波出してでも
対空警戒出来た方が良いでしょう。
迎撃戦闘機を優位な高度に上げる時間が稼げる




無題 Name 名無し 16/10/22(土)23:26:10 

>中型のガトー潜水艦を鬼のように作ったアメリカの判断は正しかった

鬼のように作れれば小型でも大型でも正しくなるんじゃない。




無題 Name 名無し 16/10/23(日)01:15:02 

ガトー級はアメリカにしては鬼のように、というほど建造されてないと思うが。




1477152902868 無題 Name 名無し 16/10/23(日)03:44:30

>不用意に電波を出すと逆探知されてかえって敵に捕捉されるというのは

>実際その通りになってるのでは

悪天候時や夜間に艦載機が帰ってきて、近くにいるはずなのに
母艦が見つからない状況でも、誘導電波を出すのは戦地では御法度と
されていたくらいだからなぁ。




無題 Name 名無し 16/10/23(日)04:04:24 

レーダーにしろ通信にしろ内容はバレずとも存在は知られるってのが現代でも常識だからな
捜索手段が限られてた当時では机上の論理からすると確かに使いづらかったかも





無題 Name 名無し 16/10/23(日)12:15:13

>レーダーだと50~240km

>肉眼だと望遠鏡双眼鏡で10㎞

当時は快晴なら12センチ双眼鏡とレーダー補足距離がほぼ同じだったらしい
潜水艦だと見つかる前には潜れたとか
でも悪天候じゃどうしようもなくスコールから出てバッタリ哨戒機と遭遇
潜水艦長の「帽振れ」で難を逃れたとかエピソードには事欠かないな





無題 Name 名無し 16/10/23(日)19:22:54

>レーダー波だしたら敵に見つかるじゃないか

レーダー波を自動判別して記録できるようになるのはまだ先の話
出力がブラウン管しか無いっていうのは人力頼りだって事で、しかも短い信号なら
方向も良く確認できません
対して発振するほうは任意のタイミングで使える訳で、要するに想定外のタイミングで使うのが
定石、定時化しては駄目
但し日独のレーダーは送受信のアンテナ共有の為に同期が必要で
送信時間は長くなる傾向がありました
アメリカはダイプレクサを開発していたので短時間のレーダー運用が出来たわけです




無題 Name 名無し 16/10/23(日)19:49:44 

>レーダー波だしたら敵に見つかるじゃないか

でもそれならそれで前提として逆探の技術を発達させる必要があるし、
そもそも艦船じゃなく、移動しない基地なら非常に有用だし
小型化して航空機に取り付けるようにすればいいし、
そもそも逆探での電波察知も方向までしか分からず、位置の特定などまだまだの話だし、
どう見てもその一言で退けられたと思えないんだよな

実際はセクショナリズムやら、技術の未発達で開発側すら自信をもって勧められない等
様々な要因が絡み合って電探の採用は遅れたものと考えられる




無題 Name 名無し 16/10/24(月)04:23:17

夜戦で探照灯使うんだからレーダー使っても良いじゃん
と誰も言わなかったんだろうか




無題 Name 名無し 16/10/24(月)05:19:25 

探照灯を使うのは敵発見後であって、索敵に使うんじゃないよ




無題 Name 名無し 16/10/25(火)00:49:30

愛宕のレーダーは調子が良かったと聞いたことがあるが、そういう工夫をしていたんだね
現在のイージスシステムなどにも艦による性能差はあるのだろうか?




無題 Name 名無し 16/10/25(火)01:31:25 

割と現場で改造改良してるんですねぇ




無題 Name 名無し 16/10/25(火)05:49:44 

パラボナアンテナはセンチ波クラスの受信に適する物だからなぁ。
日本のレーダー開発が遅れた原因の一つが、長い事メートル波に
重点を置いて研究してたからな訳で、時期的にも難しいんじゃないかな?
そもそも参考にしたドイツの電探からしてメートル波重点だったし。
ドイツのセンチ波レーダーの開発は日本より遅いくらいな訳で、
参考にした所が悪かったとしか言いようがないなぁ。





無題 Name 名無し 16/10/25(火)10:20:34

>日本のレーダー開発が遅れた原因の一つが、長い事メートル波に重点を置いて研究してたからな訳で

逆探だと逆にセンチメートル波対応のものから実用化されてったんだっけ?
(ラケット型空中線のE27)
後に米軍がメートル波の電探使いだしたということでドイツ製のMetoxを導入したような・・・




1477358434917 無題 Name 名無し 16/10/25(火)14:25:36

後期に登場した米軍のメートル波レーダーってなんだろう?
基本的に波長は短くなっていく方向で、センチ波から今は
ミリ波やマイクロ波だけど……。
米軍のレーダーって、すごいすごいと言う話ばかりが先行して
日本語の資料ほとんどないからなぁ……。




無題 Name 名無し 16/10/25(火)15:33:41

対空見張りだけなら短波より到達距離が長くて
高出力での発振も楽なメートル波でよい
射撃管制には使わないのでセンチ波とパラボラ使ってビームを細く絞る必要もなく
古典的なマットレスタイプのアンテナでぶっとい電波の網をひろげて目標を効率的に探知できる
米軍だとCXAM~SKレーダーの系譜 波長1m~1.5m

水上目標探知になると海面との識別が必要になるので解像度のあるセンチ波の出番になる
高出力・安定の発振はだんだん難しくなってくる
二号二型だって使用波長こそSGと同じだけど出力が1/25でしかない




無題 Name 名無し 16/10/25(火)15:37:32 

>米軍のレーダーって、すごいすごい

「伊58潜帰投せり」だとインディアナポリス裁判の時
「潜望鏡どころか大きな箱が浮いていても探知できない」
って証言がある
潜望鏡が引っかからないかビクビクしながら上げてた橋本元艦長もガッカリしたそうだ




無題 Name 名無し 16/10/25(火)18:15:35

>日本軍はパラボラアンテナは思いつかなかったのでしょうか?

タチ24号とか2号3型電探はパラボラを採用してるけど参考にしたのがウルツブルグのそれだからな
 



このブログの人気記事!

☆次世代戦闘機F-35導入で価格だけ削った韓国…技術移転を要求した日本!

☆イスラム国相手の地上戦で近接航空支援に一番活躍している機体はB-1爆撃機!

☆中国空軍の国産大型輸送機Y-20、コクピットの構造が公開!

☆海自の汎用護衛艦25DDが形になってきた…既存艦に比べて大分ステルシーな感じ!

☆敵のA-10攻撃機が編隊で飛んできたら、戦車大隊の司令官としてどうするべきなの?

☆旧ソ連の列車砲「TM-3-12」異常な威力…全部で3門製造!

☆中国が空母遼寧にレーザー兵器を搭載したっぽい?!

☆真珠湾に終結した各国のリムパック演習参加艦艇、多くのイージス艦集結に圧倒!

☆近接防御火器システムCIWSの「目標を破壊した」判定ってどうなってるんだろ?

 
日本vs中国 自衛隊兵器の真実



中国海軍の新型055型駆逐艦、ネットに出回ってた多くの予想CGよりは大人しいデザイン! 宿営地に撃たれた迫撃砲弾を迎撃する機関砲…日本版C-RAMですな! イギリスで次世代26型護衛艦の建造がEAシステム社で開始…SF感あふれるデザイン!

「日本の戦闘機開発は中国に比べて20年遅れてる」…ステルス戦闘機J-20を高く評価する声が多い! 艦艇用近接防御火器システムCIWSの魅力! インド海軍は戦闘能力を高めるため、伝統的に艦上でもヨガを実施ます!
戦艦大和の15cmの副砲が最大の弱点であった。あそこに敵戦艦の主砲が当たると下まで貫通していく! 未来の戦闘機は「人間パイロットの親機+複数のドローン戦闘機」…マクロスの世界が実現に! 89式小銃もそろそろ30年選手になっちゃうね…!