1: ねこ名無し ★@\(^o^)/
 《 11月1日から6日にかけて行われた中国国際航空宇宙博覧会(珠海航展)において、中国のステルス戦闘機「J-20(殲-20)」が初めて一般に向けて公開された。そのJ-20について、中国メディアの環球網は7日、米メディアが「J-20には致命的な弱点がある」と報じたことを伝えている。

 中国の各メディアはこれまで、J-20は生産量が500-700機に達する可能性があり、米国のF-22が試験用の8機を含め、187機しか生産されないのに比べて「数」で圧倒できると伝えていた。つまり、J-20がF-22と比べて「戦闘能力」で一定程度劣っていても、「数で品質の差を補充することができる」という主張だ。

 だが、環球網は米メディアのフォーリン・ポリシーがJ-20のステルス性能について、「戦闘機の前方部のステルス性は非常に高いが、後方部には問題があり、エンジン排気口のステルス性能は低い」と指摘したことを紹介。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

82345_527111_836667
http://news.searchina.net/id/1622633?page=1
引用元: ・http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1478643526/



国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点! なぜ大空襲で姫路城は無傷だったのか? 中国戦闘機J-10の異常すぎる変態機動の動画、これ自衛隊のF-15Jでは勝てませんわ
目立つ迷彩戦闘服の意味を問う! トルコ陸軍向けの35mm自走対空機関砲「Korkut」の量産がスタート! 映画「エイリアン」のイメージ迷彩をしたチェコ軍のMi-24「ハインド」武装ヘリコプター!
2: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
頭隠して尻隠さず

15: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
>>2
秀逸wwwwww

5: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
スホーイ系の劣化版だしな

7: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
結局、盛大に黒煙吹き出しながら飛ぶのは直らなかったのか

13: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
>>7
それはJ-31の方。
J-31は解放軍が採用するかどうかちょっと怪しいという説があるくらいの機体。

8: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
ステルス性ばかりに気を取られ、見つかったら、終わりの戦えない戦闘機だろ。

しかもステルス性能もカスというチャイナ・クオリティ。

9: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
結局ステルス技術も対策されちゃったら終いな気もするが

12: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
致命的欠陥 = 中国製

14: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
そもそもSu-27にも敗北する恐れ。

17: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
あんまり性能が良いと、使いたがるから、そんなんでいいよ

18: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
たぶんスパホあたりでも勝てる

21: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
あんなんでも空を飛べるAL-31サトゥールンがすげえわw

24: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
やっぱステンレスだったな

25: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
中国人であれば自国が開発した優秀なものであれば1分とは言わず1時間程度はデモするはずだ。
それが中華民族の性格だ。にもかかわらずこのような短時間しか見せなかったのは欠陥機であることを
証明したようなものだ。とても日米軍機に対抗できるようなしろものではない。安心、安心。

26: イムジンリバー ◆sSnVZBH1zr7h @\(^o^)/
つうか、どんな航空機でも前方のステルス性能は側方、後方より優秀なんだけどね

30: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
エンジンは、ロシアの劣化版をずっと購入し続ける必要ある。
ロシア製エンジンは長期使用できないんだよねw
ロシアのご機嫌を取りながら、ちょっとずつエンジン購入するわけやね。

35: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
だぁかぁらぁ、殲-20にはステルス性能が無いんだって

機体形状と構造見ればすぐわかる話だろ

38: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
いまどき偏向ノズルでもないんだな、これ

39: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
>>38
折角逆アセンブルしたフライバイワイヤが
そのまま使えなくなるからってなオチだったりして。

42: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
駄目だったら次を作る、って程度の感覚なんだろうな
実際それが可能な体制だし人もカネも有る
恐ろしい話だ

43: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
元々J-20って輸出用機体じゃなかったか?
中国軍が採用予定なのはJ-31だろ

45: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
中華クオリティーってスクランブル圧力をかけ続けると
待機中の暖気運転丈で耐久時間を超えるらしい。可笑しいね

50: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
ステルス性能ではなく数が大事という話ならF22だけじゃなく
他の全ての戦闘機も数に入れないと話が合わないんじゃ

51: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
世界初のディーゼルエンジン戦闘機かと思ったら
中国初のステルス戦闘機だった。

54: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
> J-20は生産量が500-700機に達する可能性

さあ、稼働率は50%超えられるのか?w
500機居て稼働率50%で250機出撃可能、700機で350機。
沢山造っておいた方がいいんじゃないかな~?ww

55: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
しかしまぁすげぇ数だな
まともに燃料や信頼性諸々含めて飛べるのなら一定の脅威だろ
数を叩き落とすもぐら叩き兵器作っといた方がいいんじゃね?

59: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
>>55
戦闘機パイロットがそれだけ揃えられるのだろうか。
神風特攻隊養成のように短い訓練で戦闘対応できるのだろうか。

63: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
>>59
後進的な空軍の場合、パイロット数は余るよ。
機体の方が先にヘタっちゃうから。

寧ろ、先進的な空軍の方が1機の機体を複数のパイロットで交代して使うから、パイロット不足になる。

56: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
ミサイルランチャーにもなるしなぁ

57: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
中国空軍の稼働率は20%らしいので
しかも全方位敵ばかりなので尖閣に向ける機体は更に少なくなる

60: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
欠点は、空気吸入口だよ

65: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
日本がロシアに近づいているのは、
ロシアからの部品供給を円滑にさせない策略もあるよな。
中国の飛べない戦闘機を作るためにw

66: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
戦術的に大量生産出来るというのはこの上ない強みだけどな

67: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
1000機くらい作って主力戦闘機として配備しろ
これなら自衛隊でも十分対処できるだろう

68: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
でも
尖閣上での戦闘で
コイツが空対空ミサイル4発載せて
200機飛んできたらもう無理じゃないかな?
自衛隊が遠距離から撃ってすぐに逃げるしか無いなぁ



このブログの人気記事!

☆航空自衛隊の主力戦闘機F-15を改修へ、搭載する空対空ミサイルを増加や飛行の耐久度を高める改良策を検討!

☆防衛省が電磁加速砲(レールガン)を日本独自で開発着手へ…対地・対艦・対空に活用でき、中露ミサイルを無力化!

☆日本がF-35戦闘機で東シナ海の制空権を握るのは不可能…中国軍事専門家!

☆中国の軍事情報誌に掲載された、無人砲塔戦車のデザインCG!

☆洗浄中?泡だらけのF-16戦闘機!!!

☆中国陸軍の攻撃ヘリコプターWZ-10が田んぼに緊急着陸する様子を公開!

☆イスラエル軍が完全自動運転の武装軍用車「ガーディアム」を実戦配備!

☆ロシアン・ヘリ社がMi-28NEハボック(輸出型)武装ヘリコプターの生産を開始すると発表!

☆陸自の74式戦車と中国の96式戦車ってどっちが強い?


愛・メモリアル 篠崎愛



中国海軍の新型055型駆逐艦、ネットに出回ってた多くの予想CGよりは大人しいデザイン! 宿営地に撃たれた迫撃砲弾を迎撃する機関砲…日本版C-RAMですな! イギリスで次世代26型護衛艦の建造がEAシステム社で開始…SF感あふれるデザイン!

「日本の戦闘機開発は中国に比べて20年遅れてる」…ステルス戦闘機J-20を高く評価する声が多い! 艦艇用近接防御火器システムCIWSの魅力! インド海軍は戦闘能力を高めるため、伝統的に艦上でもヨガを実施ます!
戦艦大和の15cmの副砲が最大の弱点であった。あそこに敵戦艦の主砲が当たると下まで貫通していく! 未来の戦闘機は「人間パイロットの親機+複数のドローン戦闘機」…マクロスの世界が実現に! 89式小銃もそろそろ30年選手になっちゃうね…!