《 
中国国防部が先ほど、初の国産空母のメイン艦体の接合が完了したと発表したが、ネットユーザーは建造の最新の進捗状況を明らかにした。流出した写真を見ると、001A型空母はすでに「中華神盾」レーダーシステムの台座部分を取り付けている。31日付香港紙『経済日報』が伝えた。

 軍事アナリストによると、国産空母はXバンドの新型フェイズドアレイレーダーを使用し、360度の範囲内を捕捉できる。対空最大捕捉範囲は400キロ以上で、空母に高い長距離対空捕捉能力と、多目標監視・追跡能力を持たせることができる。

 中国政府が001A型空母の建造に関する情報を公開するのは稀で、全体の進捗のほぼすべてが「ネットユーザー」によって伝えられている。中国国防部の27日の正式発表は、巷の噂を裏付け、かつ空母の建造に大きな進展があったことを暗示している。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

c03fd54abb94198a817003
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2016-11/01/content_39613410.htm
引用元:http://japanese.china.org.cn/ 



「どうやって倒したらいいか、教えてください」…中国軍事専門家が日本の最新潜水艦「おうりゅう」を分析! カ韓国名品K11複合型小銃が欠落品だった事が判明、命中率わずか22.5% SAS(英特殊空挺部隊)の入隊試験、難しすぎワロタ!
ロシアの戦車支援戦闘車「ターミネーター」は装甲戦車部隊の戦闘方法を大きく変える可能性がある! ボーイングよりアパッチ攻撃ヘリ高速化モデルの提案…スタブウイングの大型化? 水中でも直進できる新型砲弾「Swimmer」を開発中…スーパーキャビテーション技術を利用!

c03fd54abb94198537df2a



























c03fd54abb94198a817004















c03fd54abb94198a817001


















c03fd54abb94198a817002



































33676_528642_922133





















33676_528643_120412


























このブログの人気記事!

☆世界最強の戦車部隊に備え陸自に初配備された対戦車ヘリAH-1S「コブラ」…キャリア30年以上でも引退できないワケ!

☆イギリス軍の新型ボディーアーマーシステム「ヴィルトゥス (Virtus) 」が歩兵に配備!

☆ロシア海軍基地に停泊する軽巡洋艦「ミハイル・クトゥーゾフ」とフリゲート艦…新旧の艦船を比較!

☆イタリア海軍のベルガミーニ級フリゲートがドック入り…ステルス艦として設計!

☆中国軍が給与引き上げ検討…師団長クラスで3万元(約50万円)、兵士で5750元(9万5000円)へ!

☆リムパック2016で参加艦艇40隻が壮大な艦隊フォーメーションを披露!

☆米空軍がA-10攻撃機の後継機調達でローエンド軽攻撃機「OA-X」と高性能版の「A-X2」の二機種を構想!

☆軍板的に映画「シン・ゴジラ」はどうなんだろう?

☆攻勢作戦を担う空母機動部隊(1兆7676億円)…日米同盟解体・自主防衛のコストは25兆5319億円!


ロシア軍シミュレーションウォッチ



中国のJ-10B戦闘機が「プガチョフ・コブラ」機動を披露し航空ショーを沸かせる(動画)! 超音速空対艦誘導弾「ASM-3」が開発を完了…いよいよ部隊配備へ! 米海軍の沿海域戦闘艦「フリーダム」と「インディペンデンス」は「浮かぶごみの山」…軍事作戦にまったく適さず!
UCHG 1/35 地球連邦軍61式戦車5型 セモベンテ隊