1: ダース・シコリアン卿 ★
 《 航空自衛隊浜松基地(浜松市西区)は22日、大麻を所持、使用したとして航空戦術教導団高射教導群の20代の男性空士長を懲戒免職にした。浜松地方警務隊が7日、大麻取締法違反(所持)の疑いで書類送検していた。

 基地によると、空士長は7~8月、静岡県や愛知県で大麻を所持、使用した。8月下旬の抜き打ちの薬物検査で陽性反応が出た。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

MIM-104_Patriot_Radar_unit_JASDF_Iruma_Airbase_2006-2
http://www.sankei.com/affairs/news/161122/afr1611220093-n1.html
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1479791346/



海上自衛隊の「そうりゅう型潜水艦」に比べると「わが国の通常動力型潜水艦には何ら強みはない、だが・・」…中国メディア! ホンダ「シビックタイプR 」がオーストラリア警察に配備…日本の白黒パンダのクラウンよりずっといい! 中国のステルス戦闘機J-20、ステルス性はF-22の100分の1しかない(RCS0.1㎡)と判明!
陸上自衛隊武器学校の三式中戦車(チヌ)はなぜ壊されず生き残ったのですか? 防衛大学卒業生の一割以上が任官拒否…学生には学費免除で月給とボーナスを支給! 陸上自衛隊がカワサキ製「汎用軽機動車」を導入…6両で約7700万円!
7: 名無しさん@1周年
公務員が公務員に抜き打ち検査かよwww
しかもクビって厳しいなー

9: 名無しさん@1周年
パトリオットのとこだね
秋田で発射機ぶつけたとこ

13: 名無しさん@1周年
アメリカでも、軍の内規では大麻厳しい。

まあ、前線で人殺す必要もある軍人のテンションには合わねーだろうな。
ベトナム前線でもやってらんねえつーノリで大麻吸ってたみたいだし。

19: 名無しさん@1周年
ダウナー系は注意力鈍って危ないだろ

20: 名無しさん@1周年
PAC-2は射程も短いし基本的にセミアクティブ・レーダーホーミング式だから
見通し線下の敵は狙えない、つまりせいぜい50kmくらいの対航空機射程しな
無いはずだよ、まあ地域の高高度防空にしか使えないなぁ、低空侵入の
巡航ミサイルに対しては内陸からせいぜい20km圏内でしか使えないだろうさ、
なにせ見通し線の下は狙えないからねぇ、まあHIMADだからな。

26: 名無しさん@1周年
ダウナー系とはいえ怖い

29: 名無しさん@1周年
大麻は駄目だな
自衛隊法で認められているのは覚醒剤だけ

覚醒剤使えば集中力が増して反応速度が増す

32: 名無しさん@1周年
空自で空に行かない人は能力の無い人?

35: 名無しさん@1周年
20代にして、全空士のトップである空士長に登りつめた優秀な男が・・・

37: 名無しさん@1周年
空士長なんてバイトリーダーみたいなもんだろ
パイロットは幹部(旧将校・士官)だから

38: 名無しさん@1周年
ダメ絶対!(^。^)y-゜゜゜

40: 名無しさん@1周年
そもそも高射隊だとペトリオット他の防空ミサイル隊だから
戦闘機は関係無いな

42: 名無しさん@1周年
CSで空飛ぶ広報室の最終回見終わったところだったのに
余韻ブチ壊されたわ

65: 名無しさん@1周年
浜松、不祥事続いてんなぁ笑
盗撮に比べたらよっぽどマシっしょ。被害者いないし懲戒免職とか厳しすぎないかねぇ?

77: 名無しさん@1周年
ところでこの
くうしちょうってのはどれくらい偉いんだ?
サラリーマンで例えてくれ

81: 名無しさん@1周年
>>77
1年半自衛官やれば自動でなれる

82: 名無しさん@1周年
ブツを抑えたわけではないのに所持で書類送検って無理矢理だな。
どうせ公判維持できないから不起訴だろ。

129: 名無しさん@1周年
これも全て非犯罪化してる欧米の悪影響だな
今すぐ欧米と同盟破棄して国交断絶しないとね
ドラッグで幻覚、妄想状態の奴らと仲間なんて有り得ないだろ

142: 名無しさん@1周年
高射隊って陸上自衛隊じゃないの? 砲科もとい特科なんだろう。



このブログの人気記事!

☆ロシアでレーザー兵器搭載の新型飛行機А-60が登場…敵のいかなる対象物も撃退することが可能!

☆1970年代開発の「F-15戦闘機」が現役で働き続けるワケ!

☆後方支援の自衛隊員、もし捕まったら…ジュネーブ条約上の「捕虜」扱いされぬリスク!

☆F-16戦闘機のパイロットが飛行中に気絶、自動墜落防止装置が作動して墜落回避に成功!

☆ロシアが次世代型「カスピ海の怪物」を開発へ…試験飛行機「A-90 Orlyonok(オルリョーノク)」!

☆戦場で破壊された車両武器は修理不可の場合どうなるの?

☆陸上自衛隊の普通科と機甲科が戦ったらどちらが勝つのか?

☆ロシアが第5世代戦闘機T-50の30mm機関砲の射撃試験を公開!

☆日本版の早期警戒機E-2D…今までのE-2Cと比べてどうなるんだろうね!


馬場ふみか コラボ写真集



大日本帝国陸軍の二式戦闘機「鍾馗」…当初の運用方法を間違っていましたかねえ! 「XF9-1エンジン」解説動画を公開…防衛装備庁! B-2ステルス爆撃機から投下される大型貫通爆弾「GBU-57A/B」…機体と比較して爆弾の巨大さがよくわかる!

中国の開発した「アンチステルス・レーダー」が日本の主力戦闘機F-35を無力化する? 「全滅レベル」軍事技術のプロにダメ出しされた陸上自衛隊の実力…かつてのハリウッド映画で戦術研究! 米陸軍の「二つ星」将官(少将)が射撃訓練に参加、奇妙な射撃フォームを披露し大炎上!
F-1戦闘機を改修して復帰させたい…何をどう改修したらいいか教えてください! スウェーデンが誇るスホイキラー、多目的戦闘機「グリペンE」…特徴はステルス性能にあらず! 対テロ訓練にガチすぎる対物ライフルが登場…パトカーどころか装甲車が撃破されかねん!