Name 名無し 16/12/18(日)02:06:19

日本の高射算定具
構造が簡単でよく当たると言われた九〇式、そんなに良いものだったんですかね 

1481994379101
http://www.2chan.net/
引用元:http://www.2chan.net/ 



国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点! なぜ大空襲で姫路城は無傷だったのか? 中国戦闘機J-10の異常すぎる変態機動の動画、これ自衛隊のF-15Jでは勝てませんわ
目立つ迷彩戦闘服の意味を問う! トルコ陸軍向けの35mm自走対空機関砲「Korkut」の量産がスタート! 映画「エイリアン」のイメージ迷彩をしたチェコ軍のMi-24「ハインド」武装ヘリコプター!
無題 Name 名無し 16/12/18(日)09:31:33 

一定時間に何発の有効弾(至近で炸裂を含む)を送れるてのが算定具のお仕事だからなぁ
ドイツのように時限信管の長さ(導火線の長さ)まで自動で切れれば良かったんだが




無題 Name 名無し 16/12/18(日)11:01:09

三式12cm高射砲になると時限信管の自動調停装置がついてます。
ただ日本の大口径火砲のお約束で生産数が140門程度にとどまっていますが(ドイツの12.8cmFlak40の5分の1)




無題 Name 名無し 16/12/18(日)18:16:35 

日本の高射砲弾の命中率ってかなり高いよね。
一機撃墜に使う砲弾の効率がドイツの7~10倍ある。
まぁ、弾幕張るドイツ式と狙って撃つ日本式の違いなんだろうけど。
弾の生産数が二桁違うしね……。




無題 Name 名無し 16/12/18(日)19:28:08 

電波標定機との連動は結局モノにならなかったんですかね




無題 Name 名無し 16/12/18(日)20:40:02

>電波標定機との連動は結局モノにならなかったんですかね

「東京大空襲・戦災史」なる本に収められてる、当時の高射砲部隊の方々の証言の中から幾つ
か引用させてもらいますと

「雲煙上を鈍くB-29の爆音が過ぎて行くが、レーダーのない悲しさ、視認できない高射部隊は
音源観測を続ける以外打つ手がない(略)その内、周囲の火災の熱気が流れ込み(略)後日の戦闘
に、人員、大砲、弾薬を保全すべきと考え、撃ち方止め、火砲、器材に覆いを被せよ、水嚢、
バケツで川の水を汲んでかけよと命じた(高射砲中隊長)」

…なんて悲しい話が有る一方で、





無題 Name 名無し 16/12/18(日)20:42:58 

「各高射砲陣地には『た号』と呼ばれた電波探知機(レーダー)が設置されて、ブラウン管を通
して敵機を補足し、この誘導で射撃するという訓練もよくやられたものでした(調布高射砲連隊員)」

「しかし、人ならぬレーダーをたよりの悲しさで、弾丸の命中は敵味方をわかたず、何パーセント
かは友軍機をも撃墜していた(月島連隊砲手)」

…と、ある程度の実戦運用が行われていたことが察せられるものもあったりするんだとか

因みに戦史叢書「本土防空作戦」では、陸さんの電波標定機で実際実用になったのは鹵獲した
エゲレス軍レーダーを元にしたⅢ型のみで、昭和19年半ばに月産20~30台、終戦までに170台が生産されて、各高射砲大隊に一個の装備を目標として配備されたんだそうで、少ないながらも
電探射撃を経験した部隊が有ったことを裏付けてはいる感じですのう




無題 Name 名無し 16/12/18(日)20:53:38 

戦記読むと標定の名手みたいな存在がいたりするあたり練度やセンスも相当働くものかと
測高儀の基線長やレンズ径考えても低空気味の襲撃じゃなきゃそうカッチリと像が照合するもんじゃないだろうし
算定具側の光学照準装置もなおさら





無題 Name 名無し 16/12/19(月)07:53:17 

たまが当たらないってのは数キロ飛ぶ間にずれるからか信管の誤差によるのか
射撃装置がガバガバで関係ないところに飛んでいってるのかどれなん?




無題 Name 名無し 16/12/19(月)10:25:16 

>たまが当たらないってのは

敵機だって回避運動をするだろうし、直線で同速・同高飛行してるように思えても、実際には必ずしも一定とは限らない
そんなこんなで、こちら側の都合がいいように飛んでくれないから外れちゃう
それに、いくら正確な高度算定をしようが、正確に信管をセットしようが時限式信管の場合、あくまでも「予測」であって「確実」じゃないのよ




無題 Name 名無し 16/12/19(月)10:50:47

もうこの時点で電子計算機の力が必要。
人力照準とか航空機の速度がドンドン上がって来て無理




無題 Name 名無し 16/12/19(月)12:13:57 

>もうこの時点で電子計算機の力が必要。

しかし機械式計算機か計算尺しか存在しないもんな
発射速度高めて間隔詰めるのが関の山だし




無題 Name 名無し 16/12/19(月)18:27:06 

高射砲陣地はやはり中央に照準装置を置いた星型の配置だったのかな?
照準データは各砲座へどうやって送っていたのでしょうね
タイムラグが大きいと役に立ちませんのである程度は電気などにより自動化されていたのでしょうか?





無題 Name 名無し 16/12/20(火)01:32:28

九〇式の系統は古いなりという感じだったんですかね…




無題 Name 名無し 16/12/20(火)11:05:17

2000発で1機とか、機銃でもあるまいし絶望的な数字だったんですね




無題 Name 名無し 16/12/20(火)12:40:40 

>この場合、モーターで指示された指針に砲座側で兵士が手動で合わせるような仕組みですと

電圧低下でダメになるのかやっぱ機械式はダメだな
液晶ディスプレイに描画ソフトで針を描き出すタイプでないと


…はともかくとして発射の衝撃波と敵の攻撃が雨霰と降り注ぐ中で運用するのは無理だな





無題 Name 名無し 16/12/20(火)17:18:05 

砲身俯仰を直接セルシンでリンクさせるとかでもなく
計器の指針をリンクさせて動かす程度のセルシンモーターも仕込めないのはきつい




無題 Name 名無し 16/12/20(火)17:30:07

ドイツはどんな運用方法だったのですか?




無題 Name 名無し 16/12/20(火)18:38:17

>機銃でもあるまいし絶望的な数字

J・F・ダニガン=サンのWW2雑学本にある数字ですと、ドイツでは西部戦線で連合軍爆撃機を一機
落とすのに高射砲弾1万2000発を消費した勘定になるんだとかで、2000発なら単純な比較では寧ろかなり良い方って事になるみたいですw
因みに再び戦史叢書から電探射撃に関する部分を引用させてもらいますと、「電波標定機で測定した諸元は、二式高射砲算定具に有線で送られて射撃諸元に換算され、瞬間的に高射砲に与えられることになっていた。しかし、電波標定機が高射砲陣地から離れている場合には、有線に代えて無線平行誘導装置が使用され、これにより標定機と高射砲陣地の離隔度に応ずる射撃諸元の修正が行われた」

…との事なんですが、じつはこちらの無線平行誘導装置もまた曲者だったそうでして、先に述べました通り当時電波標定機の配備は有っても大隊に一基が普通でしたから、各中隊が分散配備されてる普通の高射砲部隊では結局大体コレにお世話になるわけなんですけれど、実際には故障が多く電探からの諸元が届かない場合が多々あったんだそうで(勿論電探自身が故障、なんて事も多かったそうなんですが)





無題 Name 名無し 16/12/20(火)18:40:08

因みに杉並区久我山の有名な15㎝高射砲では標定機に2式高射算定具の改良型(4式高射算定具)が採用されておりまして、コレが配備された15高の中隊長さんは

「これまでと違って電気式なので、良い照準が出来るものと確信し、訓練を開始した」

…そうなんですが、いよいよ昭和20年8月1日、B-29が完成した15高陣地上空に飛来しまして、満
を持しての射撃開始、と相成ったものの

「敵機はまっすぐこっちへ向かってくるが、断雲の中を出たと思うと、またすぐ雲の中に入ってしまう。中隊長は私に、『電探射撃はどうか』と聞いたが、『電探諸元が入りません』と答えた。電探諸元が入れば、雲中と目視の二通りの射撃ができるのに、と残念だった」




無題 Name 名無し 16/12/20(火)18:41:57 

…という状況だったそうでして、やむなく目視射撃オンリーに切り替え発射した所、断雲の切れ目
よりB-29三機が白煙を吹くのが見えたんだそうで(ただし該当日にB-29の損失記録は無し)

その後終戦まで結局久我山上空にB-29は飛来せず、折角の15高とウルツブルグ・レーダーの夢のコラボレーションも遂に実戦では実現しないまま終わった、という事のようなんですが、肝心の時に届かなかった電探諸元、果して電探本体か、その伝達経路かどちらの問題だったんでしょかねえ




1482226917250 無題 Name 名無し 16/12/21(水)06:24:06

戦闘機と街全てを灰塵と化す焼夷弾による爆撃じゃ
どうしようもないが

なにかしらの工場とか高価値目標への爆撃でも
2000発撃たないと落ちないのかね

ある程度の侵入コース予想がしやすいのと
爆撃コースに乗れば避けないだろうし
必ず高価値目標の直上を通過するんだよね?




無題 Name 名無し 16/12/21(水)06:47:1

弾が砲から出てから目標付近まで20秒かかる、とか
その時には目標は発砲時より2、3キロ先へ進んでる、とか
照準から発砲までにも時間がかかる、とか
信管の時間調定がコンマ1秒違うと作動距離が60メートルもズレるとか
まあ、いろいろで難しいよ




無題 Name 名無し 16/12/21(水)18:39:20 

対空の場合、数表を苦労して作ってあってもいちいち引いてる暇がないからね




無題 Name 名無し 16/12/21(水)21:41:25

>ドイツはどんな運用方法だったのですか?

独逸サンの高射砲部隊の写真とか眺めてますと、レンジファインダーの付いた箱状の装置に高射
砲兵さんたちが取りついてるシーンがチラホラ見受けられるんですが、コレが独の高射算定具に当たる装置になるんだそうで

コマンドゲレーテという男のコの心をくすぐるカッチョイイ名前のこの装置に、目視若しくはレーダーで測定した敵機の方位や距離、高度等のデータを入力すると、半自動的に計算が行われ、その結果を電気信号に変換して指揮下の全対空砲に発信するわけなんですな




無題 Name 名無し 16/12/21(水)21:45:12 

んで例えば各砲座のアハトアハト砲の横っちょには中継器が取りつけられちょりまして、コマンドゲレ
ーテから送られてきた指針が逐次表示されますので、各砲の砲兵さんはそれに合わせて砲を操作、あとはひたすら情け無用ファイアー!フォイアー!!ファイエル!!と撃ちまくる、という仕様
だったんだそうで

結局この辺は日本含む各国と基本は同じというか、他の方の書き込まれてる通り高射砲弾はなかなか当たるモノじゃないですし、高射砲自体は基本移動できませんからその上空を敵爆撃機が通るごく短い射撃可能時間中に命中弾を得ようとするなら、どうしても結論は複数の砲の同一目標への集中、という事になりますから、指揮所の射撃算定具で複数の砲を制御するシステム自体はどこも同じになるって事みたいですな




無題 Name 名無し 16/12/21(水)21:47:48 

2000発は非常な好成績だったんですね
興味深い資料をいつもありがとうございます

この日打ち上げた1万発は破片や不発砲弾そのままで落下してくるのですよね
恐ろしいことです




無題 Name 名無し 16/12/21(水)21:54:01 

ドイツの場合は戦闘機が従で高射砲が本土防空の主だったからねえ




無題 Name 名無し 16/12/21(水)22:40:46

戦闘機は攻撃にも防御にも使えるのに対空砲は防御にしか使えない
対空砲っているんか?




無題 Name 名無し 16/12/21(水)22:48:52 

複雑精緻な高射砲も要員一人一人のオペレーションは単純だから
ユーゲント世代や他で手空きになった兵員で大量増員できる
パイロットじゃひよっこ育てるのにも数年の時間と大量の燃料・機材が要るし




無題 Name 名無し 16/12/21(水)23:16:54 

>戦闘機は攻撃にも防御にも使えるのに対空砲は防御にしか使えない

>対空砲っているんか?

現代のBMDにも通ずる問題ですよね




無題 Name 名無し 16/12/21(水)23:40:14

>対空砲は防御にしか使えない

進行してきた戦車を撃てます・・




無題 Name 名無し 16/12/21(水)23:44:05

高射砲で戦車を撃つなんてフェアじゃありませんな




無題 Name 名無し 16/12/22(木)00:20:49 

実際にフラック・タワーの高射砲がソ連戦車に発砲しているそうです
上から高射砲で撃ちおろすとは凶悪な




無題 Name 名無し 16/12/22(木)01:43:40 

八八式野戦高射砲は連続射撃に耐えられないという話はよく聞きますが
仮にも軍が正式な試験をして採用された砲がそこまで簡単に壊れるものなんですかね




無題 Name 名無し 16/12/22(木)02:54:49 

爆撃機落としたら十人以上は御陀仏だから英米の戦死者はえげつない数に上った
やり方がまずいことに気づくまで目に見える結果がでないと組織は動かないから
効率悪そうに見えてもじわじわ確実に一機でも落とせる方が
相手が気づくまでダメージを蓄積できる




無題 Name 名無し 16/12/22(木)17:19:47

46サンチ対空砲の爆発の威力で敵機を吹き飛ばしましょう




無題 Name 名無し 16/12/22(木)17:23:28

不発の高射砲弾がうなりをあげて落下してきて人に当たった事例があるそうです




このブログの人気記事!

☆Mi-28ハボック攻撃ヘリのトレードマーク「長い鼻」が無い!

☆米海軍が青色迷彩服を緑色に切り替えると発表…火災時に溶けやすいなど兵士から不評!

☆中国軍と日本軍の戦力差がこちら…これは勝てませんわ!

☆陸自の元戦車連隊長 「ぶっちゃけ対戦車ヘリくらい、俺の戦車1両で軽く叩き落とせる」!

☆ソ連は1週間でフランスを制圧する、ワルシャワ条約軍の攻略作戦案…核兵器多用で7日間で完了!

☆韓国軍が長距離空対地ミサイル「タウルス」を実戦配備へ…韓国中部のF-15Kから発射しても平壌を攻撃可能!

☆ノースロップ・グラマン社の無人偵察機グローバルホークの生産ラインに潜入!

☆海自護衛艦「いずも」が中国の魚雷1発で沈む日…人手不足で艦艇ダメコンの脆弱面!

☆米陸軍と海兵隊がバイオニック歩行装置を試験…歩兵の自己発電により兵站・自律性の改善を図る!


坂口佳穂「ビーチの宝石」



中国海軍の新型055型駆逐艦、ネットに出回ってた多くの予想CGよりは大人しいデザイン! 宿営地に撃たれた迫撃砲弾を迎撃する機関砲…日本版C-RAMですな! イギリスで次世代26型護衛艦の建造がEAシステム社で開始…SF感あふれるデザイン!

「日本の戦闘機開発は中国に比べて20年遅れてる」…ステルス戦闘機J-20を高く評価する声が多い! 艦艇用近接防御火器システムCIWSの魅力! インド海軍は戦闘能力を高めるため、伝統的に艦上でもヨガを実施ます!
戦艦大和の15cmの副砲が最大の弱点であった。あそこに敵戦艦の主砲が当たると下まで貫通していく! 未来の戦闘機は「人間パイロットの親機+複数のドローン戦闘機」…マクロスの世界が実現に! 89式小銃もそろそろ30年選手になっちゃうね…!