1: たんぽぽ ★@\(^o^)/
   《    米華字メディア・多維新聞によると、中国の航空機や艦船の頻繁な侵入を受け、日本の防衛省が電子戦能力の向上に本格的に着手することが明らかになった。計画では、2022年に航空自衛隊岐阜基地で新たな電子戦システムの運用をスタートさせる。

   中国は2010年に新型レーダーを配備したのを皮切りに、2014年にも対ステルス機レーダーを発表するなど、東シナ海における影響力強化を図っている。日本も西南諸島に自衛隊を配備させるなど、防衛力の向上を目指しているが、装備の老朽化が進み、中国に後れを取っているのが現状となっている。     》    

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

800px-JASDF_Kawasaki_EC-1_Aoki-2
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=160037&ph=0 
引用元: ・http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1483651546/ 
引用元: https://ja.wikipedia.org/wiki/AB:JASDF_Kawasaki_EC-1_Aoki-2.jpg



国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点! なぜ大空襲で姫路城は無傷だったのか? 中国戦闘機J-10の異常すぎる変態機動の動画、これ自衛隊のF-15Jでは勝てませんわ
目立つ迷彩戦闘服の意味を問う! トルコ陸軍向けの35mm自走対空機関砲「Korkut」の量産がスタート! 映画「エイリアン」のイメージ迷彩をしたチェコ軍のMi-24「ハインド」武装ヘリコプター!
7: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
>>1
>計画では、2022年に航空自衛隊岐阜基地で新たな電子戦システムの運用をスタートさせる。

アホか。のっけから『事実と異なる』記述かよw
岐阜基地で運用されるのは『新たな電子戦システム』ではなく『新たな電子戦研究設備』だ。
『電子戦評価システムの研究・試作』詳しい解説は間違ってないのに、自分で転記してる内容も理解できないバカなのか?

2: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
自衛隊は第七艦隊の一部なんだけどな

4: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
中国の主力武器は漁船ですので衝角をつけた船でひっくり返してやります

5: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
THAADを尖閣に設置する案

9: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
東シナ海や南シナ海のことより、中国軍艦が津軽海峡を公然と通過してる現実ってどうよ?

10: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
>>9
あそこは米軍艦艇に配慮して国際海峡に指定しただけで有事にはすぐ閉鎖できるよ
チョークポイントには海自潜水艦が沈座してます

14: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
>>10
実力で閉鎖できても国際法違反じゃね?領海でもないし

12: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
エリントシーカーの配備まだー(・∀・ )っノシ凵 ⌒☆チンチン

15: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
日本にとって2020年が危なくないか?

16: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
費用61億円って安いな。ヘリ空母1艘で1000億円以上か掛かるからな。



このブログの人気記事!

☆アニメ銀河英雄伝説OVAの魅力を後世に伝える!

☆ロシアのびっくり航空機Mi-12…オスプレイはこれからヒントを得たのかな!

☆日本製ステルス戦闘機、世界最強F22ラプターのステルス性能を超える…技術限界の壁を突破!

☆戦艦「大和」←何で無用の長物と判断した時点ですぐに空母に改装しなかったの?

☆海上自衛隊の護衛艦「いせ」をブルネイ国王が視察…ADMMプラス海洋安全保障実動訓練!

☆AASAM2016の狙撃部門で陸上自衛隊のチームチームが1位に輝く!

☆ロシアが対独戦勝71年軍事パレードを実施…1万人以上の将兵と最新鋭の戦車などが参加(動画あり)!

☆実は侮れない中国海軍の新型機雷の数、もし大量の機雷でシーレーンを封鎖されたら!

☆アーノルド・シュワルツェネッガーがクウェートに展開中の米陸軍第一歩兵師団を訪問!


BUBKA(ブブカ)



中国海軍の新型055型駆逐艦、ネットに出回ってた多くの予想CGよりは大人しいデザイン! 宿営地に撃たれた迫撃砲弾を迎撃する機関砲…日本版C-RAMですな! イギリスで次世代26型護衛艦の建造がEAシステム社で開始…SF感あふれるデザイン!

「日本の戦闘機開発は中国に比べて20年遅れてる」…ステルス戦闘機J-20を高く評価する声が多い! 艦艇用近接防御火器システムCIWSの魅力! インド海軍は戦闘能力を高めるため、伝統的に艦上でもヨガを実施ます!
戦艦大和の15cmの副砲が最大の弱点であった。あそこに敵戦艦の主砲が当たると下まで貫通していく! 未来の戦闘機は「人間パイロットの親機+複数のドローン戦闘機」…マクロスの世界が実現に! 89式小銃もそろそろ30年選手になっちゃうね…!