1: 孤高の旅人 ★
 《 防衛庁の省昇格関連法が2006年秋の臨時国会で成立したのを受け、防衛庁は2007年1月9日に「防衛省」へと衣替えした。

 当時の総理大臣は、第一次政権の安倍首相。記念式典では、防衛省の幹部職員や自衛官を前に「省昇格が新たな国造りを行うための大きな第一歩となる」と訓示した。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

Ministry_of_Defense2
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170109-00010000-houdouk-pol&p=1 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1483962728/ 
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%/media/File:Ministry_of_Defense2.JPG 



国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点! なぜ大空襲で姫路城は無傷だったのか? 中国戦闘機J-10の異常すぎる変態機動の動画、これ自衛隊のF-15Jでは勝てませんわ
目立つ迷彩戦闘服の意味を問う! トルコ陸軍向けの35mm自走対空機関砲「Korkut」の量産がスタート! 映画「エイリアン」のイメージ迷彩をしたチェコ軍のMi-24「ハインド」武装ヘリコプター!
4: 名無しさん@1周年
統合幕僚長になったのもこの時だっけか?

7: 名無しさん@1周年
やりたいんだろうなあ
普通科→歩兵科
三尉→少尉等の名称復活も

12: 名無しさん@1周年
>>7
実際海外では一佐は大佐だし普通に訳されてるからな
将軍も大中小復活させたら良い
日本も「言い換え」はもうやめて堂々としたら

16: 名無しさん@1周年
>>12
海外向けだと普通に「日本軍・日本陸軍・日本海軍・日本空軍」で通してるからね。
国内向けに自衛隊って言ってるだけ。

46: 名無しさん@1周年
>>7
旧軍呼称の方がかっこええわな。

大正ロマンぽくてよい

8: 名無しさん@1周年
県兵導入したら面白そう。
災害派遣や大規模火災にも役立ちそう。

まぁそんな金ないけどw

10: 名無しさん@1周年
当時は環境省も環境庁だったな

11: 名無しさん@1周年
え、もう十年も経ったのか

13: 名無しさん@1周年
国防は財務や外交の次に大事な国事

14: 名無しさん@1周年
諸外国から、じゃなくて霞ヶ関での序列だろ
各省庁の中で一番立場が低くて、官僚も一番成績の悪かった奴がいくらしいじゃん

18: 名無しさん@1周年
防衛庁から防衛省に昇格すると戦争が始まるとか喚いてたバカがいたよね

49: 名無しさん@1周年
>>18
防衛省ではなく国防省の方が良かったな

20: 名無しさん@1周年
名前や看板じゃない。実戦経験だ

22: 名無しさん@1周年
陸・海・空軍の次って、ナニ軍がくる予定?

23: 名無しさん@1周年
>>22
サイバー軍と宇宙軍や

56: 名無しさん@1周年
>>22
海兵隊やろ

24: 名無しさん@1周年
そりゃあ単に、関係者のインナースペースの変化ですね

35: 名無しさん@1周年
グローバルにペンタゴンに改名したら

40: 名無しさん@1周年
防衛庁の省昇格、最近では安保法案もそうだけど
法案成立までは反対論や反対運動がわーっと報道されるんだけど
法案成立したらピタリと止むのな。
結局、法案の中身なんてあまりよく知らなくて、
ただ反対のための反対をしているだけ、カタルシスを得たいだけだという気がする。

43: 名無しさん@1周年
大臣がなあ(´・ω・`)

48: 名無しさん@1周年
そういえば糸魚川の火災の時の出動も
早かったな。

50: 名無しさん@1周年
防衛省では何を防衛するのか分からない。
国防省の方が意味が明瞭でよい。

51: 名無しさん@1周年
階級も将軍は3階級に戻そうぜ
大将相当がいなくて中将がトップだもんな

71: 名無しさん@1周年
>>51
平時はそれでいいだろ
戦争が始まったら大将が急に増えるアメリカ式でいい

75: 名無しさん@1周年
>>51
幕僚長たる将は4星の大将たろ

52: 名無しさん@1周年
外国が省と庁の違いなんて気にする訳無いだろw

53: 名無しさん@1周年
警察庁も警察省に格上げで
連邦警察作ろうぜ

59: 名無しさん@1周年
一方、金融行政は省から庁に格下げされた

67: 名無しさん@1周年
国防省でいいよね

74: 名無しさん@1周年
People's Liberation Army Navyな中国海軍式に
Self Defense Force Navyとかにすればよし



このブログの人気記事!

☆カナダ陸軍のCH-47ヘリコプターが神業を披露…崖すれすれでホバリング!

☆F-15戦闘機って、あと何年くらい生き残るんだろう?

☆次期主力輸送機C-2のスペックが防衛装備庁より公開!

☆ロシアの最新型攻撃ヘリMi-28NMが初飛行に成功…現代化にアップデート!

☆イギリスのBAEシステムズ社が次世代戦略原子力潜水艦の建造を開始!

☆韓国軍のK2戦車、国産パワーパックに欠陥…戦力化失敗が不可避!

☆「艦これ」と「ガルパン」はミリ系の環境に大きい影響を与えてきたと思うので、その功罪は?

☆中国の輸出用と思われる新型戦車、装甲車を撮影…最新デジタル迷彩を採用!

☆米海軍の最新鋭ステルス駆逐艦「ズムワルト」が就役…全長約185メートル、排水量約1万5000トン


ヒコーキ写真テクニック



中国海軍の新型055型駆逐艦、ネットに出回ってた多くの予想CGよりは大人しいデザイン! 宿営地に撃たれた迫撃砲弾を迎撃する機関砲…日本版C-RAMですな! イギリスで次世代26型護衛艦の建造がEAシステム社で開始…SF感あふれるデザイン!

「日本の戦闘機開発は中国に比べて20年遅れてる」…ステルス戦闘機J-20を高く評価する声が多い! 艦艇用近接防御火器システムCIWSの魅力! インド海軍は戦闘能力を高めるため、伝統的に艦上でもヨガを実施ます!
戦艦大和の15cmの副砲が最大の弱点であった。あそこに敵戦艦の主砲が当たると下まで貫通していく! 未来の戦闘機は「人間パイロットの親機+複数のドローン戦闘機」…マクロスの世界が実現に! 89式小銃もそろそろ30年選手になっちゃうね…!