1: きつねうどん ★
 《 (略) ただ、空母によって他国にプレッシャーをかけるためには多額の費用が必要になる。まず、建造費が高い。艦載機も用意しなければならない。それだけではない。飛行機が空母に着艦するのが難しいために、高い技量をもつパイロットを育てなければならない。そして、その技量を維持することが難しい。日常的な訓練が必要になる。

 飛行機は尾部に取り付けたフックを空母に張った鋼鉄のワイヤーに引っかけることによって着艦する。現代のジェット機は巨大で高速だから、着艦する際に極めて強い力がワイヤーにかかる。特殊なワイヤーでないと切れてしまう。現在、そのようなワイヤーを製造できるのは米国とロシアだけとされる。中国はワイヤーをロシアから輸入していると言われるが、そのワイヤーは何回か使うとダメになる。このことだけを見ても、空母を維持するのに莫大な費用がかかることが理解されよう。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

002564bb419319e6cd0f4f
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48897
引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1484747163/



国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点! なぜ大空襲で姫路城は無傷だったのか? 中国戦闘機J-10の異常すぎる変態機動の動画、これ自衛隊のF-15Jでは勝てませんわ
目立つ迷彩戦闘服の意味を問う! トルコ陸軍向けの35mm自走対空機関砲「Korkut」の量産がスタート! 映画「エイリアン」のイメージ迷彩をしたチェコ軍のMi-24「ハインド」武装ヘリコプター!
6: Ψ
スキージャンプは飛行機の機種側の主脚に負担くるからねえ
機体の疲労もハンパない、メンテナンススキルないのにどうすんだろ

8: Ψ
カジノにするからって買ったんでしょ?

9: Ψ
ソ連の宇宙開発はコリョリョフという傑物がいたからアメリカをも出し抜いた。

中国にも傑物がいてそれに裁量を委ねれば可能性はある。

10: Ψ
けど必死で習得しようとしてるからな 要注意だよ

11: Ψ
着艦のためのワイヤーが消耗品でロシアからの供給に頼ってる、って。中国の空母はロシアに依存している。といっても中国も遠い未来作れるように研究してるだろうし、日本は油断はしてはいけない

12: Ψ
浮かぶ標的 あんな図体のでかい機動力がない物体は半日ともたず撃沈するぜww

13: Ψ
新造空母が後二艘だっけ

14: Ψ
この分析の前提でもまだ中国経済の現状を楽観視してる
実際はもっと厳しいから一か八かに来る危険性を日本や台湾は考えなくてはならない

17: Ψ
空母は多数の護衛艦と潜水艦や偵察機による事前哨戒が必須なのになぁ…

18: Ψ
オンボロ空母が台湾を周回したって何の脅威にもなっていないんだが
むしろアメさんをその気させただけで逆効果だろ。

19: Ψ
そもそも艦齢30年とか廃艦間近だし

20: Ψ
第七艦隊が太平洋を我が庭のごとく振る舞えるのも
太平洋の西端に日本という補給・整備基地があるからなんだけどな
アメリカの空母は太平洋の東と西で整備と補給が受けられ人員も休ませることができる

アメリカが日米安保条約結んでるのも一方的に日本を守るためだけでなく
極東方面での兵站・補給という戦線維持になくてはならない後方支援で
絶大なメリットがあるからだ

空母整備できるようなドックや整備員なんてアジア地域にないぞ

22: Ψ
威嚇の為に、遼寧で台湾を一周した時(夜間)、台湾空軍はスクランブル出動したが
遼寧から戦闘機が飛び立つ事はなかった。
何故ならば、一度飛び立つと帰還するには命がけだから。
未熟な技術とそのような構造なのだろう。
また、空母用のエンジン開発に失敗し、現在は駆逐艦のエンジンを搭載してるため
非常に遅いらしい。

27: Ψ
>>22
それってホントのことなのかい?

もし本当なら、馬鹿デカイ遊覧船みたいなもんじゃないか? 

ミリタリーの皮をまとった巨大な遊覧船・・・

25: Ψ
作っている二隻の空母もスキージャンプ式みたいね。
かっこ悪いんだよな。

28: Ψ
>>25
新たに空母を2艘作っているのか・・・。 油断大敵。 侮っていてはいけないな。

要警戒、戦闘準備が必要だ。

26: Ψ
外洋に出れば 24時間稼働  ・・まさか昼勤のみ?
2000-3000人での交代勤務 人件費も大きいな

29: Ψ
標的艦を旗艦にする艦隊行動とは世界的に見て珍しいなw



このブログの人気記事!

☆真珠湾攻撃で米空母を全隻撃沈してたら、アメリカって日本に降伏してた?

☆イランが新型艦船を開発、2つの船体を並べたような「双胴船」タイプ…ペルシャ湾の米軍を牽制!

☆米空軍がF-22戦闘機の製造中止を受けてF-15戦闘機を全面改修へ…2040年まで実戦配備を延長!

☆中国海軍の次世代型原子力潜水艦CG…攻撃型と戦略ミサイル型の2タイプ!

☆中国海軍が056型コルベット艦を6週間に1隻の割合で建造…36隻目が進水!

☆ドイツ海軍とイタリア海軍が保有する212型潜水艦、丸みのあるボディが特徴!

☆ロシア海軍が原子力駆逐艦「リデル」級を発注…北方艦隊と太平洋艦隊に8隻を配備!

☆有事を想定し「お色直し」をした空自UH-60J救難ヘリ…「白と黄色の塗装では目立ちすぎる」!

☆小松基地近くでF-15J戦闘機の音を聞いて育った米「爆音米」…今年も大人気!


忍野さら「Re-Born」



中国海軍の新型055型駆逐艦、ネットに出回ってた多くの予想CGよりは大人しいデザイン! 宿営地に撃たれた迫撃砲弾を迎撃する機関砲…日本版C-RAMですな! イギリスで次世代26型護衛艦の建造がEAシステム社で開始…SF感あふれるデザイン!

「日本の戦闘機開発は中国に比べて20年遅れてる」…ステルス戦闘機J-20を高く評価する声が多い! 艦艇用近接防御火器システムCIWSの魅力! インド海軍は戦闘能力を高めるため、伝統的に艦上でもヨガを実施ます!
戦艦大和の15cmの副砲が最大の弱点であった。あそこに敵戦艦の主砲が当たると下まで貫通していく! 未来の戦闘機は「人間パイロットの親機+複数のドローン戦闘機」…マクロスの世界が実現に! 89式小銃もそろそろ30年選手になっちゃうね…!