1: nita ★
 《 防衛省は20日、今年度第1~3四半期(昨年4~12月)で、中国機への航空自衛隊戦闘機による緊急発進(スクランブル)が644回に上り、国別の公表を始めた2001年度以降の年間ベースで最多だった昨年度の571回を年度途中で上回ったと発表した。

 全体は883回で昨年度1年間の873回を既に超えた。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

20151129101008
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170120-00000098-mai-soci
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1484912016/



国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点! なぜ大空襲で姫路城は無傷だったのか? 中国戦闘機J-10の異常すぎる変態機動の動画、これ自衛隊のF-15Jでは勝てませんわ
目立つ迷彩戦闘服の意味を問う! トルコ陸軍向けの35mm自走対空機関砲「Korkut」の量産がスタート! 映画「エイリアン」のイメージ迷彩をしたチェコ軍のMi-24「ハインド」武装ヘリコプター!
3: 名無しさん@1周年
逆に中国が近くに来た日本機にスクランブル発進したことはあるのかな。
核を持たない国は舐められっぱなしやな。

17: 名無しさん@1周年
>>3
中華ADIZが唐突かつ一方的に拡大、日本ADIZに被された直後にあるにはあるが、
全然探知してる気配ないから識別どころか普段はレーダー届いてないってバレた。

29: 名無しさん@1周年
>>17
数年前アメリカがわざとB52飛ばしたけど
中国は無反応だったって無かったっけ?

11: 名無しさん@1周年
どんどん貴重な戦闘機の飛行寿命が…

13: 名無しさん@1周年
民間機でいっぱいいっぱいの那覇空港からスクランブルとは大変だなぁ
民間機の離着陸の合間にスクランブルとかきついだろうな
でも那覇空港の滑走路の増設が決定してるし、将来的には楽になるかな
もっとも中国の工作員なのか、単に振興予算の内訳を知らないアホなのかわからないアホなネトウヨの願望が叶い
振興予算に含まれる滑走路の建設費用が無くならなければだけど

14: 名無しさん@1周年
燃料費、整備費、人件費を入れるとスクランブル1回の費用は約1億円。

15: 名無しさん@1周年
国産ステルス戦闘機開発はよ!
日本が滅亡するぞ開発急げ

16: 名無しさん@1周年
ツイッターで即時に映像流してくれよな、防衛省さんよ

18: 名無しさん@1周年
中国のGDPが26年ぶりに下降の記事見たけど
流石に26年間うなぎ上りは変だろうと思った。
捏造も平気な民族だから、自衛隊は「気」を抜けないよな
ご苦労様です。感謝しています。とマジで思う。
予算を沢山掛けていいから「日本国民だけを守ってください」と祈ってます。

19: 名無しさん@1周年
妨害弾ではなく、対空ミサイル。

20: 名無しさん@1周年
飛行時間激増で、F15の寿命があっという間に来そうだな。

30: 名無しさん@1周年
むしろロシアは刺激したくない模様

33: 名無しさん@1周年
貴重な実任務でありその機会を
敵から与えてくれるのだから
前向きに考えたら悪くない話

34: 名無しさん@1周年
スクランブルの数だけ 空自パイロットの技量はより向上するという事か?

35: 名無しさん@1周年
お疲れ様でございます。
トランポ大統領になったので少しはスクランブル減るといいのですが。



このブログの人気記事!

☆次世代戦闘機F-35導入で価格だけ削った韓国…技術移転を要求した日本!

☆イスラム国相手の地上戦で近接航空支援に一番活躍している機体はB-1爆撃機!

☆中国空軍の国産大型輸送機Y-20、コクピットの構造が公開!

☆海自の汎用護衛艦25DDが形になってきた…既存艦に比べて大分ステルシーな感じ!

☆敵のA-10攻撃機が編隊で飛んできたら、戦車大隊の司令官としてどうするべきなの?

☆旧ソ連の列車砲「TM-3-12」異常な威力…全部で3門製造!

☆中国が空母遼寧にレーザー兵器を搭載したっぽい?!

☆真珠湾に終結した各国のリムパック演習参加艦艇、多くのイージス艦集結に圧倒!

☆近接防御火器システムCIWSの「目標を破壊した」判定ってどうなってるんだろ?


おのののか写真集



中国海軍の新型055型駆逐艦、ネットに出回ってた多くの予想CGよりは大人しいデザイン! 宿営地に撃たれた迫撃砲弾を迎撃する機関砲…日本版C-RAMですな! イギリスで次世代26型護衛艦の建造がEAシステム社で開始…SF感あふれるデザイン!

「日本の戦闘機開発は中国に比べて20年遅れてる」…ステルス戦闘機J-20を高く評価する声が多い! 艦艇用近接防御火器システムCIWSの魅力! インド海軍は戦闘能力を高めるため、伝統的に艦上でもヨガを実施ます!
戦艦大和の15cmの副砲が最大の弱点であった。あそこに敵戦艦の主砲が当たると下まで貫通していく! 未来の戦闘機は「人間パイロットの親機+複数のドローン戦闘機」…マクロスの世界が実現に! 89式小銃もそろそろ30年選手になっちゃうね…!