1: ◆qQDmM1OH5Q46
 《 中国最大のロケット製造事業者、中国運載火箭技術研究院(CALT)の幹部は、航空機で運び空中で発射するロケットを開発する計画を明らかにした。

 同高官によると、固体燃料を使用し100キログラムの物体を地球の低軌道に打ち上げることができるロケットの設計を完了した。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

B-52B_with_X43
http://jp.reuters.com/article/china-space-idJPKBN16E0G6
引用元: ・http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1489280583/ 
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/media/File:B-52B_with_X43.jpg 



「翼の生えたトラクター」、北朝鮮の小型輸送機「アントノフ2」は最強武器?…木製でレーダー探知が困難! 日本が輸出する小火器(拳銃・機関銃など)は年間112億円! 日本の空母保有に警戒せよ、だが「建造はそう簡単ではないはずだ」…中国メディア!
帝国海軍戦闘機「零戦」と帝国陸軍戦闘機「隼」、どちらが優秀だったか?…実際に戦わせてみた! 「平成の零戦」と呼ばれる日本のF-2戦闘機と中国のJ-10戦闘機、アジアの空の王者はどっちだ…中国メディア! 最新のステルス戦闘機F-35、ステルス能力が高すぎて訓練時に問題…地対空兵器が機能せず!
2: 名無しさん@おーぷん
空輸中に大爆発して「汚ねぇ花火」になるとしか

Y-20 

3: 警備員◆OQUvCf9K4s
有人機だけど桜花とかX-1と言うロケット飛行機が既に有るのだが…

4: 名無しさん@おーぷん
北朝鮮や中国と民間経済交流すると、
儲けた結果、こう成る。
こうゆう国とは関わらないのが一番良い。

5: 名無しさん@おーぷん
JAXAの超小型ロケットも非常に優れているんだが、空中発射型も小型化低コスト化にはかなりよさそうだな。

6: 警備員◆OQUvCf9K4s
>>5
新型の対艦ミサイルXASM-3は、固体燃料ロケットブースターとラムジェットエンジンでマッハ3の速度を誇るとか。
現代における盾を突き破る矛だな。

7: 名無しさん@おーぷん
コスト高そう

8: 名無しさん@おーぷん
土人をここまで付け上がらせた罪は重い

9: 名無しさん@おーぷん
ペガサスロケットのパクリかな?

11: 名無しさん@おーぷん
航空機搭載の衛星破壊用ミサイルにすんのかね
Air to Space Missile(ASPM)とか響きがちょっとカッコよさげw

アメリカではもう実用化してるよね

12: 名無しさん@おーぷん
F-15から発射して小型の低軌道衛星を打ち上げる話があったよね?

14: 警備員◆OQUvCf9K4s
>>12
デブリが半端ないと言うことで一回実験をやっただけでお蔵入りだったはず。

16: 名無しさん@おーぷん
>>14
もしかして「デブリなんて気にしないアル」って国しか開発できない技術なのか?

13: 名無しさん@おーぷん
またどっかから技術情報パクってきたんか

15: 名無しさん@おーぷん
まあロケットの原型を作った国ではあるからな



このブログの人気記事!

☆ロシア海軍の空母クズネツォフ艦隊を追跡する英タイフーン戦闘機!

☆米海軍の艦上戦闘機「F/A-18」と「F/A-18E/F」の多くは飛べない…約62%はメンテナンスや部品待ち!

☆ジャパンマリンユナイテッド社の試作車輌(次世代水陸両用車)!

☆対艦ミサイル防御訓練の立て役者、無人の高速標的機を搭載した海自訓練支援艦「くろべ」と「てんりゅう」!

☆敵戦闘機を撃墜する「ハエたたき」の異名を持つ陸自87式自走高射機関砲…堅牢なフォルム!

☆ロシアが開発した敵の光学機器を無力化する携帯型レーザー兵器システム「スジャティエ」!

☆海自の最新護衛艦「あさひ」は中国版イージス艦052Dに勝てるか?…中国ネット「052Dの対艦ミサイル1発で沈むだろう」!

☆日本はF-35戦闘機を100機以上揃えても中国への航空優勢は確保できない!

☆陸上自衛隊、即応機動体制構築への切り札「16式機動戦闘車」…戦車並みの火力とタイヤを備えた機動力!


篠崎愛写真集 Love Scenes



中国の次世代主力戦車CG想像図…乗員2人で無人砲塔を採用! ドイツのリンクス歩兵戦闘車、最大8人が搭乗可能…指揮車両や野戦救急車なども計画中! 海上自衛隊のF-35B戦闘機導入の可能性について!

フランス特殊部隊RAIDが誤って隣の家に突入、ドア爆破→スタングレネード→突入→拘束→謝罪! テスト飛行中の陸自オスプレイ…塗装がダサイ! 国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点!
イージス艦の六角形のところって何が納まってんの? ロシアがSWストームトルーパーを彷彿とさせる最新コンバットスーツを公開…外骨格が兵士を銃弾から守る! 進水した中国の国産空母は「60年前のデザイン」と仏メディアが酷評!