1: 朝一から閉店までφ ★
 《 ロシアが、ウクライナからクリミアを編入して18日で丸3年となった。編入を認めない欧米や日本は制裁を続けているが、現地では、ロシアによる実効支配が進んでいる。  
    
 先週、私たちはロシア南部のケルチ海峡を訪ねた。そこでは、海の上に巨大なクレーンが立ち並び、大量の建設資材が運び込まれていた。ロシアは現在、クリミア半島とロシアを隔てるこの海峡に橋を架け、“国土の一体化”を図ろうとしている。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。  



国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点! なぜ大空襲で姫路城は無傷だったのか? 中国戦闘機J-10の異常すぎる変態機動の動画、これ自衛隊のF-15Jでは勝てませんわ
目立つ迷彩戦闘服の意味を問う! トルコ陸軍向けの35mm自走対空機関砲「Korkut」の量産がスタート! 映画「エイリアン」のイメージ迷彩をしたチェコ軍のMi-24「ハインド」武装ヘリコプター!
2: 七つの海の名無しさん
結局はやったもん勝ちなんだよな

3: 七つの海の名無しさん
日本と欧州で同時軍事演習でもやってみればいいのに

5: 七つの海の名無しさん
そもそも住民が望んでいるのだから仕方ない

8: 七つの海の名無しさん
先祖代々住んでいる人がロシア編入望んでいるから、認めなよ。ウクライナ内部もガタガタだし。

10: 七つの海の名無しさん
>>8
ソ連時代に原住民移住させた結果だろうが
代々も何も一番長い人でも100年

9: 七つの海の名無しさん
北方領土もどうせ返ってこないし
もっと経済制裁しようぜ!

14: 七つの海の名無しさん
クリミアって、ロシア帝国がオスマン帝国から戦争で分捕ったところだろ?

16: 七つの海の名無しさん
クリミアがOKなら、ナチスによるオーストリア支配もOKじゃないか?
まぁ国際法的にはどっちもありなんだろうが。

20: 七つの海の名無しさん
>>16
これは逆、ウクライナ出身のフルシチョフがロシアからウクライナに
移管したのが原因、元はロシア領

17: 七つの海の名無しさん
やってることはナチのズデーデン地方併合と同じじゃないか

18: 七つの海の名無しさん
ナチ戦犯は永久訴追

ソ連ロシアは戦勝国P5

2: 名無しさん@1周年
国連は見て見ぬふり

6: 名無しさん@1周年
 
検事総長さん愛してます^^ 

9: 名無しさん@1周年
結局どこの国も助けてはくれないんだよ。自国がまず戦わなければ。初めからアメリカや国際社会に助けを求めても駄目だ。
おっと、これは日本にも言えることだ。

15: 名無しさん@1周年
ソ連邦時代に地理上ウクライナ管轄にしただけ

ウクライナによる実効支配を根拠に露助批判をすると言う事は
竹島・北方領土の放棄を謳うのと同じ事だから、日本政府はウクライナの主張を肯定しないの

17: 名無しさん@1周年
クリミアをウクライナに返せって強硬に迫ると
世界大戦になるわな、核使いまくりの

20: 名無しさん@1周年
送電止めたりして更にクリミア民に嫌われただけという感じ

23: 名無しさん@1周年
武力のない国が何を言っても無駄だよね。

付く相手を間違えたのがウクライナの自爆でしょ。

28: 名無しさん@1周年
どっちもどっちなのがウクライナ(アメリカ)とロシア


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1489769250/ 





このブログの人気記事!

☆日本と韓国が戦争したらどうなるの?

☆ロシア海軍の原子力潜水艦、氷にぶつかり穴が開く!

☆国防を陰で支える冬の主役、陸上自衛隊の78式・10式大型雪上車「大雪」!

☆中国陸軍航空部隊のWZ-10攻撃ヘリコプターが海上で実弾射撃訓練を実施!

☆ロシアが開発中の第5世代戦闘機「T-50」8号機がテスト実施!

☆機械化歩兵(字面通りの意味で)は西暦何年に登場するのだろうね?

☆試験艦「あすか」に搭載されてる、これって新艦対艦誘導弾ですかね?

☆ロシアが最新鋭Mig-35戦闘機を発表…世界30カ国が代表が参加!

☆「日本がマッハ4の空対艦ミサイルXASM-3を開発していた」に中国ネット…「日本は最高の兵器をまだ明かしていない」!


二次元カノジョ 天木じゅん写真集



中国海軍の新型055型駆逐艦、ネットに出回ってた多くの予想CGよりは大人しいデザイン! 宿営地に撃たれた迫撃砲弾を迎撃する機関砲…日本版C-RAMですな! イギリスで次世代26型護衛艦の建造がEAシステム社で開始…SF感あふれるデザイン!

「日本の戦闘機開発は中国に比べて20年遅れてる」…ステルス戦闘機J-20を高く評価する声が多い! 艦艇用近接防御火器システムCIWSの魅力! インド海軍は戦闘能力を高めるため、伝統的に艦上でもヨガを実施ます!
戦艦大和の15cmの副砲が最大の弱点であった。あそこに敵戦艦の主砲が当たると下まで貫通していく! 未来の戦闘機は「人間パイロットの親機+複数のドローン戦闘機」…マクロスの世界が実現に! 89式小銃もそろそろ30年選手になっちゃうね…!