1: ◆qQDmM1OH5Q46
 《 米国が、台湾への新たな武器売却を検討していることがわかった。

 今夏にも売却が行われる方向だ。複数の米台関係筋が明らかにした。歴代政権が認めなかった新型戦闘機などが検討対象に入っており、売却額は最高となる可能性がある。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

F-15_and_F-22
http://www.yomiuri.co.jp/world/20170402-OYT1T50002.html
引用元: ・http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1491097404/ 
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/F-15and_F-22.JPG 



国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点! なぜ大空襲で姫路城は無傷だったのか? 中国戦闘機J-10の異常すぎる変態機動の動画、これ自衛隊のF-15Jでは勝てませんわ
目立つ迷彩戦闘服の意味を問う! トルコ陸軍向けの35mm自走対空機関砲「Korkut」の量産がスタート! 映画「エイリアン」のイメージ迷彩をしたチェコ軍のMi-24「ハインド」武装ヘリコプター!
2: ななしの国からこんにちわ◆ePSYFR8jBw
どんどんやれ。アジアの安定がかかってる。

3: 名無しさん@おーぷん
日台米で中韓朝と向き合うのが一番自然な形だよなw

5: ミリヲタ相模川右岸■忍法帖【Lv=27,はぐれメタル,O4X】
F35の整備を日本でやるプランなのだろう。
韓国のはノータッチだが。

7: ミリヲタ相模川右岸■忍法帖【Lv=27,はぐれメタル,O4X】
台湾は潜水艦と戦車が古い。

8: 付箋
防衛努力はテキトーに流しつつシナと経済で仲良くやっていきたい台湾歴代の姿勢から
やっと脱却すんのかな

9: ミリヲタ相模川右岸
アメから日本に「台湾へ潜水艦を売れ」という圧力がかかるかもしれん。

13: 名無しさん@おーぷん
>>9
どうだろう?
トランプの事だからアメリカが売れるもの売れれば後は無関心な気がする。

16: 名無しさん@おーぷん
>>9
乗員数や周辺海域の浅さを考えると、日本の潜水艦は台湾では持て余すはず。
実際、自主建造に向けて造船会社と契約した台湾国防部の要求は1500~2000トン級だし。

10: 警備員◆OQUvCf9K4s
台湾にも自衛隊の基地を作ろうぜ!

18: 名無しさん@おーぷん
韓国は無視して日米台が自然な形だわな
裏切り者は排除して確実な布陣を構築していくアメリカの姿をみていると戦争をかなり意識していると感じるわ

19: 警備員◆OQUvCf9K4s
程度の良いP-3C何かも良いかも。

20: ミリヲタ相模川右岸
台湾は潜水艦を自国で造ると言ってるが、どう考えても無理な話。

22: 名無しさん@おーぷん
F-16の最新ブロックとかスーパーホーネットとかかな?

27: ミリヲタ相模川右岸■忍法帖【Lv=27,はぐれメタル,O4X】
韓国に潜水艦の建造技術を渡す前に、機動戦闘車を売った方がいいと思う。
機動戦闘車なら10式戦車で撃破できる。

33: 名無しさん@おーぷん
シナが戦争を起こすなら、日本と在日米軍基地を
放置して、事を起こすことは考えられない。

日本がシナとの戦争に巻き揉まれるのは、
単なる時間の問題。

37: 名無しさん@おーぷん
おっ、いいね。
どんどん格安で売ってあげなさい。
あの不恰好なズムなんとかも500万円くらいで売ってやるとよい。



このブログの人気記事!

☆装輪戦闘車スレ…装輪戦車の性能、値段、見た目について!

☆戦車内から周囲を見渡せる360度ARシステムをウクライナ軍が開発!

☆日本が保有すべき銃器・兵器スレ!

☆日本は優れた工業力を有しているのに、なぜ優れた航空用エンジンを造れない?…中国メディア!

☆中国の輸出型最新戦車VT-4とVT-2Aがデモ走行を披露…珠海航空ショーの地上兵器展示!

☆髑髏のマスク、黒色のハンヴィーを乗り回すイラク陸軍の精鋭部隊、第1特殊作戦旅団「ゴールデンディヴィジョン」!

☆イスラエルの兵器メーカーが作った自律型戦闘ロボット「RoBattle」!

☆米海軍の最新鋭艦USSズムウォルト、砲弾コストが高すぎて主砲運用に支障…1発100万ドル!

☆行き先、それはレールに聞いてくれ?そんな装甲列車スレ!


最強 世界の軍用ヘリ



中国海軍の新型055型駆逐艦、ネットに出回ってた多くの予想CGよりは大人しいデザイン! 宿営地に撃たれた迫撃砲弾を迎撃する機関砲…日本版C-RAMですな! イギリスで次世代26型護衛艦の建造がEAシステム社で開始…SF感あふれるデザイン!

「日本の戦闘機開発は中国に比べて20年遅れてる」…ステルス戦闘機J-20を高く評価する声が多い! 艦艇用近接防御火器システムCIWSの魅力! インド海軍は戦闘能力を高めるため、伝統的に艦上でもヨガを実施ます!
戦艦大和の15cmの副砲が最大の弱点であった。あそこに敵戦艦の主砲が当たると下まで貫通していく! 未来の戦闘機は「人間パイロットの親機+複数のドローン戦闘機」…マクロスの世界が実現に! 89式小銃もそろそろ30年選手になっちゃうね…!