1: ばーど ★
 《 2020年の東京五輪・パラリンピックに向けたテロ対策で、厚生労働省は今年度から、爆発物や銃器、刃物による外傷治療に対応できる外科医の養成に乗り出す。テロが世界で多発する中、国内ではこうした外傷治療の経験がある医師は限られているため、不測の事態に備えるのが狙い。

 銃乱射や爆発物による外傷の手術は、通常の外科手術とは別の専門性が必要とされる。テロ現場では患者の容体が不安定なことが多く、術前に十分な検査をする余裕がないまま、メスを入れて初めて損傷した臓器がわかるような緊急手術が大半だ。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

_Army_-_Volunteer_doctor
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170405-00050006-yomidr-sctch
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1491384027/ 
引用元:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Flickr_-_The_U.S._Army_-_Volunteer_doctor.jpg 



国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点! なぜ大空襲で姫路城は無傷だったのか? 中国戦闘機J-10の異常すぎる変態機動の動画、これ自衛隊のF-15Jでは勝てませんわ
目立つ迷彩戦闘服の意味を問う! トルコ陸軍向けの35mm自走対空機関砲「Korkut」の量産がスタート! 映画「エイリアン」のイメージ迷彩をしたチェコ軍のMi-24「ハインド」武装ヘリコプター!
3: 名無しさん@1周年
医龍か?

4: 名無しさん@1周年
日本は平和がゆえに
こういう特殊外傷医療は弱いってのは
前っから言われてるな

5: 名無しさん@1周年
将来起こるかもわからないテロの、いるかもわからない犠牲者の、あるかもわからない怪我のための手術の練習台のために殺される動物たちって何なんだろうね

6: 名無しさん@1周年
アメリカへ研修に行かせろ

8: 名無しさん@1周年
銃剣道もそうだけど、モロにテロ警戒する状況なのね

9: 名無しさん@1周年
特亜にやられ放題なのにビザ緩和さえ廃止できない国なのにテロ阻止出来るのかい。

11: 名無しさん@1周年
そういうのはもともと軍医の得意分野でねぇの?

12: 名無しさん@1周年
>>11
戦争を経験してる軍医がどれ程居ると

13: 名無しさん@1周年
銃を乱射しながら障害物を爆破して患者のもとに駆けつけるのか
医者ってのもなかなか大変なんやな・・・

14: 名無しさん@1周年
防衛医大卒業の医師から編成したら?

15: 名無しさん@1周年
テロ対策とは言ってるが東アジア情勢を見越してるんだろうなあ(´・ω・`)

17: 名無しさん@1周年
まず外国人の入国審査を厳格にしろよ
緩和してる時点でアホすぎるんだよこの国

18: 名無しさん@1周年
衛生兵を呼べ

20: 名無しさん@1周年
軍医の分野だろ

21: 名無しさん@1周年
これってやっぱり動物に弾丸打ち込んで摘出訓練とかやるわけ?
鉄砲撃つ練習なんかは物言わないベニヤなりプラスチックなりの的使えばいいけど
銃傷の治療はそうはいかないわけでね

22: 名無しさん@1周年
軍医の養成ですね

23: 名無しさん@1周年
将来の「有事」のためである

27: 名無しさん@1周年
1100万円で10人ってなめてるの?

アメリカから年俸一億で引き抜いて、医療専門通訳年俸3000万で同じ人数だろ
アメリカ陸軍に頭下げて医官の実習をさせてもらえるかどうか。無理だろうな。修羅場の戦場で日本人に手術してほしいと思うGIいないもん。



このブログの人気記事!

☆日本と韓国が戦争したらどうなるの?

☆ロシア海軍の原子力潜水艦、氷にぶつかり穴が開く!

☆国防を陰で支える冬の主役、陸上自衛隊の78式・10式大型雪上車「大雪」!

☆中国陸軍航空部隊のWZ-10攻撃ヘリコプターが海上で実弾射撃訓練を実施!

☆ロシアが開発中の第5世代戦闘機「T-50」8号機がテスト実施!

☆機械化歩兵(字面通りの意味で)は西暦何年に登場するのだろうね?

☆試験艦「あすか」に搭載されてる、これって新艦対艦誘導弾ですかね?

☆ロシアが最新鋭Mig-35戦闘機を発表…世界30カ国が代表が参加!

☆「日本がマッハ4の空対艦ミサイルXASM-3を開発していた」に中国ネット…「日本は最高の兵器をまだ明かしていない」!


沢尻エリカ/Ericaエリカ



中国海軍の新型055型駆逐艦、ネットに出回ってた多くの予想CGよりは大人しいデザイン! 宿営地に撃たれた迫撃砲弾を迎撃する機関砲…日本版C-RAMですな! イギリスで次世代26型護衛艦の建造がEAシステム社で開始…SF感あふれるデザイン!

「日本の戦闘機開発は中国に比べて20年遅れてる」…ステルス戦闘機J-20を高く評価する声が多い! 艦艇用近接防御火器システムCIWSの魅力! インド海軍は戦闘能力を高めるため、伝統的に艦上でもヨガを実施ます!
戦艦大和の15cmの副砲が最大の弱点であった。あそこに敵戦艦の主砲が当たると下まで貫通していく! 未来の戦闘機は「人間パイロットの親機+複数のドローン戦闘機」…マクロスの世界が実現に! 89式小銃もそろそろ30年選手になっちゃうね…!