1: きつねうどん ★
 《 「釘でバナナが打てる」の対抗馬として「銃でベーコンが焼ける」というスタンダードを一躍世に広めたのが、ドナルド・トランプ大統領と共和党の代表選挙を争った、「拳銃バカ」ことテッド・クルーズだった。

 そのテッドのその先を見せる謎のチャレンジ映像が公開された。「マシンガンを700発撃ち続けたら銃口(サプレッサー)はどうなるのか?」だ。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

489498498
http://ruthless.tokyo/articles/316
引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1500329643/



「翼の生えたトラクター」、北朝鮮の小型輸送機「アントノフ2」は最強武器?…木製でレーダー探知が困難! 日本が輸出する小火器(拳銃・機関銃など)は年間112億円! 日本の空母保有に警戒せよ、だが「建造はそう簡単ではないはずだ」…中国メディア!
帝国海軍戦闘機「零戦」と帝国陸軍戦闘機「隼」、どちらが優秀だったか?…実際に戦わせてみた! 「平成の零戦」と呼ばれる日本のF-2戦闘機と中国のJ-10戦闘機、アジアの空の王者はどっちだ…中国メディア! 最新のステルス戦闘機F-35、ステルス能力が高すぎて訓練時に問題…地対空兵器が機能せず!
この程度のことやった人、ベトナム帰りにはいくらでもいるだろ。
次々にベトコンが押し寄せて銃身なんて替える余裕なかったんだから。

3: Ψ
>>2
サプレッサーと銃身は別物

4: Ψ
ノルマンディーのドイツ軍も同じような状態だった

7: Ψ
バナナで打っているとき、バナナも打たれているのだ

8: Ψ
土方歳三みたいに銃身を水に漬けて冷やしながら撃ち続けろ!!

9: Ψ
連続700発は本体が暴発しそうで怖いな

10: Ψ
700発連射で撃っても熱で射撃精度が落ちてるから、弾が無駄に成る、
近距離の最終防護射撃には有効。

13: Ψ
よく壊れねえなと思ったら壊れたw

14: Ψ
1発いくらだろ?アメリカなら1ドルぐらい?日本だと222Remが170円ぐらいだから
そんなものかな?

20: Ψ
同じ人のグロックの動画だと遅発起きててマジ怖い




このブログの人気記事!

☆低空飛行のF-15戦闘機が目の前!イギリスにある航空ファンの聖地がスゴイ

☆米陸軍戦車、M1A3の開発って結局どうなってるんだろう?

☆500ミリ装甲貫通の105ミリ砲装備、中国軍の新型水陸両用戦車ZTD-05の実力を探る!

☆日本に空母は不要、強襲揚陸艦こそ絶対に必要だろ!

☆ポーランドが自主開発した新型戦車「PT-16」を発表…T-72M1戦車のシャーシを使用!

☆航空自衛隊の有人戦闘機を支援する無人機編隊「ウィングマン」構想、2030年代に実現か…防衛装備庁!

☆カラシニコフが「MA 5.45mm コンパクトアサルトライフル」の初試作モデルを展示(2.5キロ)!

☆古びた戦闘機、戦車、潜水艦、かつての軍事大国ソ連の兵器墓場!

☆おもしろい戦争小説を紹介してほしい!


佐々木希「DOLLY」



中国の次世代主力戦車CG想像図…乗員2人で無人砲塔を採用! ドイツのリンクス歩兵戦闘車、最大8人が搭乗可能…指揮車両や野戦救急車なども計画中! 海上自衛隊のF-35B戦闘機導入の可能性について!

フランス特殊部隊RAIDが誤って隣の家に突入、ドア爆破→スタングレネード→突入→拘束→謝罪! テスト飛行中の陸自オスプレイ…塗装がダサイ! 国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点!
イージス艦の六角形のところって何が納まってんの? ロシアがSWストームトルーパーを彷彿とさせる最新コンバットスーツを公開…外骨格が兵士を銃弾から守る! 進水した中国の国産空母は「60年前のデザイン」と仏メディアが酷評!