1: ハンバーグタイカレー ★
 《 海上保安庁は、多発する中国公船の領海侵入対策や、海難救助などで現場の状況を的確に把握するため、今年度から人工衛星を使った監視システムを導入する方針を決めた。

 人工衛星により、周辺国の沿岸部も含めた広範囲で画像を撮影し、警戒警備や捜索、捜査などに活用する。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

JCG_PL61_hateruma
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170828-00050118-yom-soci
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1503968888/ 
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/AB:JCG_PL61_hateruma.jpg



国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点! なぜ大空襲で姫路城は無傷だったのか? 中国戦闘機J-10の異常すぎる変態機動の動画、これ自衛隊のF-15Jでは勝てませんわ
目立つ迷彩戦闘服の意味を問う! トルコ陸軍向けの35mm自走対空機関砲「Korkut」の量産がスタート! 映画「エイリアン」のイメージ迷彩をしたチェコ軍のMi-24「ハインド」武装ヘリコプター!
2: 名無しさん@1周年
密漁船監視ばかりか,海岸線の防備も含めてほしい
次世代は,上空から波長長いレーザービームでピンポイントの防衛できるようにしてほしい

3: 名無しさん@1周年
一日2回程度とか即応性に難があるな

4: 名無しさん@1周年
つか何が怖いって、アメリカも日本も、ミサイルが発射されるまで動きを把握できなかったってことだわな

10: 名無しさん@1周年
>>4
さすがにアメリカは把握してただろ

5: 名無しさん@1周年
しっかりと衛生監視を継続し、
道をそれないように願いたいw
イージス艦衝突事件の関係ありません扱いが続かないように。

7: 名無しさん@1周年
googlemapだろw

16: 名無しさん@1周年
>>7
Google Earthよ

9: 名無しさん@1周年
お高い情報収集衛星使わないのか

11: 名無しさん@1周年
海保は予算が少な過ぎる

14: 名無しさん@1周年
今までやってなかったのかよ・・。

17: 名無しさん@1周年
攻撃能力もよろw

18: 名無しさん@1周年
今までやってなかったことに驚き

4: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
今までやってなかったことにビックリだよ

6: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
地球全部とは言わない
日本と周辺国を24時間張り付いて監視する衛星は
あと何個くらいH2ロケットで打ち上げれば可能になるんだろう
米国の警戒衛星が毎度ミサイル発射を捉えて情報を送ってくれてるけど
日本もある程度本当は見えてたりするのかな既存衛星で

12: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
いままでどうやって監視してたんだろう・・・

18: ◆65537PNPSA @\(^o^)/
Google Earthで十分なんじゃねぇの?

21: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
24時間監視して、日本の排他的経済水域と領海に入ってくる船を全部認識して、不審な動きをしたらすぐ海保が動けるようなシステムができるといいが
密漁船に対しては罰金を高額に設定したほうがいい
エクアドルをまねよう


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1503975267/ 





このブログの人気記事!

☆防衛展示会IDEF2017で発表されたALTAY-AHT戦車…対IDEジャマー・対ATGMソフトキルなどフル装備!

☆機銃のみの戦車はどの程度活躍したのかな?

☆ロシア海軍のアルファ級攻撃型潜水艦、貴重な原子炉メンテナンス作業!

☆トルコSTMの防空戦艦フリゲート「TF4500」…未来的なラインを特徴とするステルス艦!

☆「日本はその気になれば空母などすぐに造れる」空母建造に着手しない理由を考察…中国メディア!

☆ロシア海軍の軍艦は伝統でネコを飼う!

☆2機の破損機からF-15戦闘機を再生したイスラエル空軍の実力に脱帽!

☆米空軍の軽攻撃機OA-X実証は来月実施へ…対象機はスコーピオン、AT-6、A-29の3機種!

☆推進式プロペラ機はおしゃれさん!


中村静香 いけない妄想恋愛



中国海軍の新型055型駆逐艦、ネットに出回ってた多くの予想CGよりは大人しいデザイン! 宿営地に撃たれた迫撃砲弾を迎撃する機関砲…日本版C-RAMですな! イギリスで次世代26型護衛艦の建造がEAシステム社で開始…SF感あふれるデザイン!

「日本の戦闘機開発は中国に比べて20年遅れてる」…ステルス戦闘機J-20を高く評価する声が多い! 艦艇用近接防御火器システムCIWSの魅力! インド海軍は戦闘能力を高めるため、伝統的に艦上でもヨガを実施ます!
戦艦大和の15cmの副砲が最大の弱点であった。あそこに敵戦艦の主砲が当たると下まで貫通していく! 未来の戦闘機は「人間パイロットの親機+複数のドローン戦闘機」…マクロスの世界が実現に! 89式小銃もそろそろ30年選手になっちゃうね…!