1: 孤高の旅人 ★
 《 MV22オスプレイのプロペラが空中給油機のホースに接触する事故が、2015年にも日本国外で発生していたことが11日分かった。

 米軍普天間飛行場所属のオスプレイが、昨年12月に夜間の空中給油訓練中に名護市安部の海岸に墜落した事故で、防衛省は、今年1月に同訓練の再開を容認した際「このような接触が起きたのは初めて」と説明していた。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

USMC-091031-M-8334L-003
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/141070 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505190772/ 
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/:USMC-091031-M-8334L-003.jpg



国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点! なぜ大空襲で姫路城は無傷だったのか? 中国戦闘機J-10の異常すぎる変態機動の動画、これ自衛隊のF-15Jでは勝てませんわ
目立つ迷彩戦闘服の意味を問う! トルコ陸軍向けの35mm自走対空機関砲「Korkut」の量産がスタート! 映画「エイリアン」のイメージ迷彩をしたチェコ軍のMi-24「ハインド」武装ヘリコプター!
25: 名無しさん@1周年
>>1
あの機体で、さらに夜間給油って、危険すぎるだろに、

47: 名無しさん@1周年
>>1
プロペラ機の空中給油は、オスプレイに限らず難度の高い任務だよね。

3: 名無しさん@1周年
給油中はホバリングにすれば

33: 名無しさん@1周年
>>3
給油機がホバリングできない

5: 名無しさん@1周年
オスプレイじゃなきゃいいんだな

21: 名無しさん@1周年
>>5
そうね、空中給油で北京、上海を一気に叩ける(海兵隊を送り込める)
やつじゃなけりゃいいんでしょ。

32: 名無しさん@1周年
>>21
ばか、
歩兵のランチャー一発で撃破される。

7: 名無しさん@1周年
というか、もう目的が変わっちゃってるからな。
オスプレイが墜ちるから危ない、じゃなくてオスプレイを配備させたくないってのがメインだもの。
オスプレイと普通のヘリの比較して多くないなら問題ないだろ。

30: 名無しさん@1周年
>>7
導入した目的も違うしな、
自衛隊としては導入費用3300億円を他の資材に使いたかった。

9: 名無しさん@1周年
F-35は開発から今まで落ちたことがないのでマスコミには人気がないのだ。

10: 名無しさん@1周年
プロペラでかいから
ひっかけやすいんだろうな。
すんごく長い給油アームを取り付けるとか
対策が必要だね。

11: 名無しさん@1周年
実際に事故率が高いんだろ?

18: 名無しさん@1周年
>>11
他の軍用ヘリに比べたら断然低い事故率

13: 名無しさん@1周年
コンセプトと機構に無理があって
それを操縦者の所為にするなって。

機密はあっても、日本も協力して
解決すべき事案。

14: 名無しさん@1周年
米軍が運用してる限り、文句言うしかないんだわ。
犠牲者が出たら謝罪と賠償コースにシフトして多少強く言えるけど、米軍に必要って言われたら多分どうしようもない。

15: 名無しさん@1周年
防衛省は補助金出して民間業者の離島輸送用にオスプレイ買ってやれよ
そうすりゃ叩けなくなって他のターゲットに矛先が向く

17: 名無しさん@1周年
安全なんだから早く自衛隊に導入して全国に配備するべきだろ 通常のヘリよりも積載量も優秀なのだから地震などの被災地や山奥などの僻地にも一気に災害派遣できる

23: 名無しさん@1周年
受け口やそのアームをビヨヨーンって

本来は遠くに伸ばしてないといけないのに

26: 名無しさん@1周年
空中給油機に近づく方式じゃなくてオスプレイがホースを伸ばして
後ろから空中給油機に接触してもらう方法って出来ないのかね?

29: 名無しさん@1周年
オスプレイの配備をドンドン増やして中国にもっとプレッシャーをかけるべき。

37: 名無しさん@1周年
プロペラ機に空中給油とか無理がありすぎるんだよ
おとなしく地上給油しとけ

38: 名無しさん@1周年
こんなこと言ってたらヘリの空中給油中の事故なんて星の数ほどあるぞ
プローブにローター接触したら切れるに決まってるだろ

46: 名無しさん@1周年
>米陸軍は、UH-60とCH-47で十分任務を果たせるとしてV-22を採用していない(Wikiより)

ちょっとワロタ、いろんな考え方があるのね。

50: 名無しさん@1周年
あんなどでかいプロペラ持ってる機体で空中給油するなんて発想がぶっ飛んでる



このブログの人気記事!

☆インド海軍は戦闘能力を高めるため、伝統的に艦上でもヨガを実施ます!

☆ロシアがSWストームトルーパーを彷彿とさせる最新コンバットスーツを公開…外骨格が兵士を銃弾から守る!

☆「74式戦車・90式戦車・10式戦車の違いがわからない人に陸上自衛隊の指揮が出来ますか」石破茂インタビュー!

☆悲鳴上げる米軍特殊部隊、任務拡大で死亡者が続出…80ヶ国以上で展開中!

☆中国海軍の新型055型駆逐艦、ネットに出回ってた多くの予想CGよりは大人しいデザイン!

☆零戦を現代の技術でアップグレード!まずは栄エンジンの直噴化とデンソー製64ビット・エンジン…

☆みんなの大好きなブローニングM-1918BAR自動小銃が強化小銃HCARになって帰ってきた!

☆陸上自衛隊の人気国産ヘリOH-1「ニンジャ」がプラモに…牽引用トラクターセットも!

☆ステルスって形状が最優先なの?


地球連邦主力戦艦 ドレッドノート



中国海軍の新型055型駆逐艦、ネットに出回ってた多くの予想CGよりは大人しいデザイン! 宿営地に撃たれた迫撃砲弾を迎撃する機関砲…日本版C-RAMですな! イギリスで次世代26型護衛艦の建造がEAシステム社で開始…SF感あふれるデザイン!

「日本の戦闘機開発は中国に比べて20年遅れてる」…ステルス戦闘機J-20を高く評価する声が多い! 艦艇用近接防御火器システムCIWSの魅力! インド海軍は戦闘能力を高めるため、伝統的に艦上でもヨガを実施ます!
戦艦大和の15cmの副砲が最大の弱点であった。あそこに敵戦艦の主砲が当たると下まで貫通していく! 未来の戦闘機は「人間パイロットの親機+複数のドローン戦闘機」…マクロスの世界が実現に! 89式小銃もそろそろ30年選手になっちゃうね…!