1: みつを ★
 《 海上自衛隊は12日、P-3C哨戒機をフィリピンに派遣し、13日から同国海軍と南シナ海で訓練を行うと発表した。中国が人工島を造成する南沙諸島に近い海域だが、村川豊・海上幕僚長は「一般的な捜索救難訓練。航行の自由作戦とは関係ない」としている。

 対潜水艦戦を得意とする海自のP─3Cがフィリピンで共同訓練をするのは、2015年6月以来2回目。フィリピン海軍からは哨戒艇と哨戒機が参加する。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

Japan_P-3C_JMSDF-Maritime_patrol_aircraft
http://jp.reuters.com/article/japan-pilippines-p3c-idJPKCN1BN0RV 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505226981/ 
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/media/File:Japan_P-3C_JMSDF-Maritime_patrol_aircraft.jpg



新テレビアニメ「銀河英雄伝説 Die Neue These」が18年4月から放送! テスト飛行中の陸自オスプレイ…塗装がダサイ! 中国ヘリ博覧会に展示されたZ-19武装ヘリ、AH-64Dのロングボウ・レーダーに似た謎の装置!
最強ノートパソコン「DuraPAC」、有事や災害時などの国防に関するシーンでも使用可能… カフェでノマドに最適! 防衛省が離島防衛用の「高速滑空弾」と「新対艦誘導弾」を開発へ…2018年度予算に計上! 韓国の新型戦車K2の開発失敗でメーカーがギブアップ…仕様規格が厳しすぎると軍とメーカーが対立、裁判
4: 名無しさん@1周年
その哨戒機にM61バルカン積んで欲しい。

10: 名無しさん@1周年
>>4
日本のP-3Cは対艦ミサイル運用できるんだよ
そんな豆鉄砲いらんて

16: 名無しさん@1周年
>>4
P-3C 搭載可能武装一覧

魚雷(Mk46・Mk54・97式短魚雷等)
爆雷(150kg対潜爆弾等)
機雷(Mk62 クイックストライク機雷等)
空対艦ミサイル(AGM-84、ASM-1C等)
空対地ミサイル(AGM-84H等)
ズーニー・ロケット弾(LAU-10D/aに装填)

17: 名無しさん@1周年
>>16
AGM-65は撃てんの?

6: 名無しさん@1周年
なおドゥテルテは反米親中な模様
海保の船までやったのに中国になびきやがって

9: 名無しさん@1周年
どんどんやりましょう!
綺麗事言ってる中国だって、北朝鮮と変わりない。

13: 名無しさん@1周年
ぶっちゃけフ軍どうなの?見込みあるの?
中古艦艇立派に運用して祖国護れそう?
ルトワックはミリもんについては筋悪い言ってたけど

14: 名無しさん@1周年
P3C,海自がさんざん使い倒した後でフィリピンに払い下げの予定。
フィリピン海軍、海自の「はつひ」を未だに現役で使ってる。海自の隊員の中には「俺の爺さんが
乗ってた」というヤツが絶対いると信じてる。

15: 名無しさん@1周年
P3CもP1もシナ空母が出張ってくれば哨戒飛行できなくなる。
日本も海域の制空権を確保するためF35Bが欲しいな。

18: 名無しさん@1周年
good! Go Go!!



このブログの人気記事!

☆中国自主開発の輸出型武装ヘリコプター「Z-19E」が初飛行に成功…ハルビン市!

☆グリペンは第4世代戦闘機?第4.5世代戦闘機?

☆米国特殊作戦軍が開発を急ぐ超軍人「スーパーソルジャー」…ロボットなのか人間なのか?

☆中国が国産潜水艦の操舵室など内部の様子を公開!

☆米空軍の近接航空支援A-10攻撃機「イボイノシシ」が、滑走路にズラリ!

☆配備から40年、いまなお現役「74式戦車」…最大の特徴は砲塔を水平に保つ油気圧サス姿勢制御!

☆攻撃ヘリコプターは、もう用済みなのか!まだ使い道はある?

☆実戦部隊としての「騎兵」の戦い方ってどんな感じだったの?

☆当時世界最強だったバルチック艦隊を日本海軍が破ることができたのは何故なの?


二次元カノジョ 天木じゅん写真集



米消防が運用しているAH-1、状況監視とかに使うんですかね? ロシアがSWストームトルーパーを彷彿とさせる最新コンバットスーツを公開…外骨格が兵士を銃弾から守る! 日本は第2次大戦時に航空母艦を25隻も建造する技術があったに中国ネット「唐の時代の技術をパクったんじゃないか?」!

ロシア海軍のアルファ級攻撃型潜水艦、貴重な原子炉メンテナンス作業! 戦艦大和の完全なレプリカを建造するのにいくらかかるの? なぜ日本にいる華人は自衛隊へ入るのか?1万人以上が加入…中国メディア!
エジプト的解決策、対空装備がないなら車両ごと載せればいいじゃない! インド海軍は戦闘能力を高めるため、伝統的に艦上でもヨガを実施ます! 航空機のない基地の精鋭部隊「レッドインパルス」が華麗な航空ショーを披露…空自高尾山分屯基地!