1: きつねうどん ★
 《 アメリカ、テキサス州の男性が、庭に入り込んだアルマジロに対し拳銃を発砲したところ、弾が跳ね返ってきて男性の顔面を直撃した。テキサス州カス郡の保安官ラリー・ロウによると、その男性はテキサカーナ市にある自宅の敷地内でアルマジロを発見し発砲したのだという。海外メディアHuffington Postが伝えた。

 「彼の妻は家の中にいました。彼は外へ出て、38口径リボルバーを持ち出しアルマジロに向けて3回発砲しました」とロウは話す。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

11th_MEU_MRF_conducts_CQT_course_140619-M-QH793-025
http://www.crank-in.net/kininaru/news/51138
引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1505654213/ 
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/M1911#/media/File:11th_MEU_MRF_conducts.jpg



「翼の生えたトラクター」、北朝鮮の小型輸送機「アントノフ2」は最強武器?…木製でレーダー探知が困難! 日本が輸出する小火器(拳銃・機関銃など)は年間112億円! 日本の空母保有に警戒せよ、だが「建造はそう簡単ではないはずだ」…中国メディア!
帝国海軍戦闘機「零戦」と帝国陸軍戦闘機「隼」、どちらが優秀だったか?…実際に戦わせてみた! 「平成の零戦」と呼ばれる日本のF-2戦闘機と中国のJ-10戦闘機、アジアの空の王者はどっちだ…中国メディア! 最新のステルス戦闘機F-35、ステルス能力が高すぎて訓練時に問題…地対空兵器が機能せず!
2: Ψ
弾が跳ね返ってくるなんて、ちょうだんじゃない

13: Ψ
>>2
誰か評価してやれよ

4: Ψ
アルマジロってわかってて発砲して跳弾が直撃したのならアホというより他に思いつかない

5: Ψ
硬いな

6: Ψ
避弾経始

7: Ψ
>>6
これなんだよね。
物理法則は無情。

21: Ψ
>>6
発砲者へ跳弾が直撃したのだから単純に装甲が耐えたんじゃないのか?
三段跳弾で顎に貰ったのなら笑えるが

8: Ψ
ジロウさんを甘く見るなとあれほどいうたやろがボケがぁ

10: Ψ
アルマジロをペットにしてる人の話を聞いた事がある。
ふすまを穴だらけにするのは良い方で、壁にまで穴を開けるそうだぜ。
テテテテと走って行って、頭からドスンとぶつけるそうだw

他にも色々聞いたけど、キモい話が多くて、良くペットにするなあと思ったよww

11: Ψ
害獣なの?
違うなら短慮な発砲者にざまあと言いたい。

12: Ψ
38口径を跳ね返すってすんごいなw
多分外したのが当たったと思うに1000ルピー。

15: Ψ
ほのぼのニュースだなこれは

16: Ψ
そんなこと、アルマジロ。

18: Ψ
そもそも何で撃つ?

19: Ψ
アルマジロに発砲するヤツが悪い。

20: Ψ
自分に跳ね返ってきたということは、ほぼ直角に当たってるはずなんだが
貫けずに跳ね返すって、どんだけ頑丈なんだよ

22: Ψ
>>20
傾斜装甲

23: Ψ
ライフル協会
「この被害者がライフルを装備していればケガすることはなかった」

24: Ψ
マグナムならいけたはず

25: Ψ
戦争になったらアルマジロ捕まえて防弾チョッキにするわ

26: Ψ
軍事に応用できないの?

28: Ψ
アルマジロや亀はドイツではパンツァーティーアと呼ばれることもあるが、
それだけの強さがあるってことか。



このブログの人気記事!

☆海保「しきしま」型の20ミリ多銃身機銃はなぜ船体前部に2基も付いているのだろう?

☆韓国軍のP-3CK対潜哨戒機にロシア潜水艦が78時間追跡され異例の浮上(降伏)!

☆ロシア海軍船舶砲兵テストセンターに潜入…艦艇搭載の艦砲・CIWSなどを評価!

☆ロッキード社が超音速偵察機SR-72の最新ビジョンチャート!

☆中国の次世代主力戦車CG想像図…乗員2人で無人砲塔を採用!

☆ロシア重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」、換装後は「超音波ミサイル」の発射も可能に!

☆トルコ陸軍向けの35mm自走対空機関砲「Korkut」の量産がスタート!

☆朝鮮人民軍のM-2002戦車(暴風号)なんだが携帯SAMのマウントがなんか改良されてる?

☆第二次大戦中の貴重なカラー写真、英国でを世界初公開…英帝国戦争博物館!


伊東紗冶子ファースト写真集



中国の次世代主力戦車CG想像図…乗員2人で無人砲塔を採用! ドイツのリンクス歩兵戦闘車、最大8人が搭乗可能…指揮車両や野戦救急車なども計画中! 海上自衛隊のF-35B戦闘機導入の可能性について!

フランス特殊部隊RAIDが誤って隣の家に突入、ドア爆破→スタングレネード→突入→拘束→謝罪! テスト飛行中の陸自オスプレイ…塗装がダサイ! 国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点!
イージス艦の六角形のところって何が納まってんの? ロシアがSWストームトルーパーを彷彿とさせる最新コンバットスーツを公開…外骨格が兵士を銃弾から守る! 進水した中国の国産空母は「60年前のデザイン」と仏メディアが酷評!