1: しじみ ★
 《 ティラノサウルス・レックスの小さな腕(前肢)が何の役に立っていたのかは、長い間謎とされてきた。これまでに唱えられてきた説としては、暴れる獲物をつかむもの、休んでいる姿勢から立ち上がるときに体を支える補助、交尾の際に相手を捕まえるため、などがある。

 いずれにせよ、近年ではTレックスの短すぎる腕は、飛べない鳥の翼のように機能を失った器官という見方がほぼ定説となっている。さらに一部には、巨大で力強い顎とその筋肉が大きく進化するのと引き換えに、彼らの腕は小さくなったという意見もある。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

imago62814250h_1458248086593742
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/110700434/
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1510118078/



「翼の生えたトラクター」、北朝鮮の小型輸送機「アントノフ2」は最強武器?…木製でレーダー探知が困難! 日本が輸出する小火器(拳銃・機関銃など)は年間112億円! 日本の空母保有に警戒せよ、だが「建造はそう簡単ではないはずだ」…中国メディア!
帝国海軍戦闘機「零戦」と帝国陸軍戦闘機「隼」、どちらが優秀だったか?…実際に戦わせてみた! 「平成の零戦」と呼ばれる日本のF-2戦闘機と中国のJ-10戦闘機、アジアの空の王者はどっちだ…中国メディア! 最新のステルス戦闘機F-35、ステルス能力が高すぎて訓練時に問題…地対空兵器が機能せず!
2: 名無しのひみつ
一番普通な考え方だな

3: 名無しのひみつ
人間の腕くらいの大きさしか無いが、300kgを持ち上げられるんだっけ

それで10㎝くらいの鉤爪がついているからなあ

でも、草食恐竜の背中も骨片やら鱗やらが一杯あるけどどうにか出来るのかねえ?

4: 名無しのひみつ
あんなに小さくしなければ、もっと恐ろしい強力な武器だったのに
なぜ小さくなる方に進化しちゃったんだ?

5: 名無しのひみつ
だとしても腕はある程度長いに越したことはことはないだろ。

7: 名無しのひみつ
結果として小さくなる方向に進化したんだから
武器としてはたいして役に立たなかったってことだろう

47: 名無しのひみつ
>>7
あれだろ。長剣とナイフの違いだと思うで。
遠距離ならデカい方が良いけど、そっちは巨大なアゴがあるから。
噛み付いて密着した状態からだと、動脈とかに傷付けるには小さい方が使い勝手が良かったんだよきっと。

11: 名無しのひみつ
頭、足、尾が長いからな
手を短くしておかないと密着された時何もできなくなってしまう

15: 名無しのひみつ
でかい腕は致命的なケガを負うことが多かったのかもね。
小さい方が低リスクで使い勝手が良いとか。ナイフみたいに。

20: 名無しのひみつ
実は上腕が骨無し状態へ進化済みで
触手の先に手羽先をくっ付けたような

前後肢バランスの取れた姿だったかもしれない

33: 名無しのひみつ
>>20
触手部分が伸縮自在で振り回したり相手に巻き付けたりロケットパンチ的に使うのかもな

23: 名無しのひみつ
サブウェポンってことなら納得できる
他にも使い道ありそうだけどね

24: 名無しのひみつ
ぶっちゃけ退化したんでしょ

必要ないから小さくなったわけで

25: 名無しのひみつ
いくら強力な顎があったとしても、腕が退化する理由ってなんだろうな
空を飛べる訳でもないし蛇にみたいに地面を這うことに特化するわけでもないのに
腕が退化していくメリットがわからん

35: 名無しのひみつ
>>25
使わないから退化しちゃったんだろ
人間も足の小指の関節の数が減ってるやつが出てきたって話

29: 名無しのひみつ
接近戦用か。相手は短い手を鼻で笑う、地面に倒して勝ったと思ったその時スパーッと腹を掻っ切られる・・って感じか。最強だな、おみそれしました。

31: 名無しのひみつ
>その上、Tレックスは進化の過程で3つの鉤爪のうちの1つを失っており、
>残りの2本の爪にかかる圧力は50パーセント増加したために、1撃のパワーはより強力になったと考えられるという。
妥当性のある考察なんだろうけどゆで理論味を感じるw

39: 名無しのひみつ
腕の骨より肩の骨を見たほうがいいとおもう

腕は攻撃に使用しなかったと言うつもりはないけど
大きい力を必要とするなら肩の骨も大きく丈夫に発達するはず

45: 名無しのひみつ
小さいだの退化してるのだのよく言われるけど
カルノタウルスに比べれば立派なもんだよ

49: 名無しのひみつ
でもデカイ口で攻撃したほうが威力有るし体型的に手より口が先に出るだろ

50: 名無しのひみつ
ティラノサウルスに近い鳥類が指を退化させたり、地上型になることで前足自体が退化したりするのをみると
なんか関連性が有るように思うんだけど、一応今でも鳥類とは別の進化体型なのね



このブログの人気記事!

☆中国自主開発の輸出型武装ヘリコプター「Z-19E」が初飛行に成功…ハルビン市!

☆グリペンは第4世代戦闘機?第4.5世代戦闘機?

☆米国特殊作戦軍が開発を急ぐ超軍人「スーパーソルジャー」…ロボットなのか人間なのか?

☆中国が国産潜水艦の操舵室など内部の様子を公開!

☆米空軍の近接航空支援A-10攻撃機「イボイノシシ」が、滑走路にズラリ!

☆配備から40年、いまなお現役「74式戦車」…最大の特徴は砲塔を水平に保つ油気圧サス姿勢制御!

☆攻撃ヘリコプターは、もう用済みなのか!まだ使い道はある?

☆実戦部隊としての「騎兵」の戦い方ってどんな感じだったの?

☆当時世界最強だったバルチック艦隊を日本海軍が破ることができたのは何故なの?


ALPHA ハイカットスニーカー



中国の次世代主力戦車CG想像図…乗員2人で無人砲塔を採用! ドイツのリンクス歩兵戦闘車、最大8人が搭乗可能…指揮車両や野戦救急車なども計画中! 海上自衛隊のF-35B戦闘機導入の可能性について!

フランス特殊部隊RAIDが誤って隣の家に突入、ドア爆破→スタングレネード→突入→拘束→謝罪! テスト飛行中の陸自オスプレイ…塗装がダサイ! 国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点!
イージス艦の六角形のところって何が納まってんの? ロシアがSWストームトルーパーを彷彿とさせる最新コンバットスーツを公開…外骨格が兵士を銃弾から守る! 進水した中国の国産空母は「60年前のデザイン」と仏メディアが酷評!