1: きつねうどん ★
 《 米華字メディアの多維新聞は、中国とインドの政府高官の交流が頻繁に行われる中、中国がインドに自らが主導する経済圏構想「一帯一路」への参加を説得しようと試みたが拒否されたと伝えている。

 報道によると、中国の外交政策を統括する楊潔チ(ヤン・ジエチー、チ=竹かんむりに褫のつくり)国務委員が22日、インドを訪問し、ニューデリーでアジット・ドバル国家安全保障担当補佐官と会談した。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

Medi
http://www.recordchina.co.jp/b235113-s0-c10.html
引用元: ・http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1514116647/



南シナ海を航海中の海自護衛艦「かが」に中国海軍のフリゲート艦2隻が接近…メディア初撮影! カラシニコフの最新アサルトライフル「AM-17 AMB-17」…人口密集地での使用を想定! キエフで地対空ミサイルシステム「ブーク」が建物に突っ込む…ウクライナ!
新型の潜水艦用長魚雷「G-RX6」の射程どこまで伸びたんだろうね! 
海上自衛隊の新型イージス艦「まや」(8200トン)が進水、CECシステム搭載でミサイル防衛強化…2020年に就役! さらば、ファントム…40年間、日本の空を守り続けた空自F-4J戦闘機が退役の時を迎えようとしている!
2: Ψ
一方、今まで参加を拒んでいながら、最近になってその意義に賛同するアホ国家がありました。

3: Ψ
モディさんは賢いなあ

6: Ψ
今の共産党政権では無理だろ。
10年先には滅んでる人民の敵である政権と手を組んでも何の得も無い。

7: Ψ
戦争相手国にカネくれと言えるシナ人が凄いと思う(^◇^)

国家をしてのプライドは無いのかよwwww

9: Ψ
はっきり言えていいなぁ

10: Ψ
インド対中国は面白いな、
日本は格下だが。

11: Ψ
日本は一応、インド太平洋戦略というシーパワー連合を作って
から一帯一路に協力するという話だから別に間違った方向に行ってる訳ではない。

12: Ψ
インドが断るのも無理ないわ

中華は敵だもん

13: Ψ
当然だろ
誰が支那の言うなりになりたいんだよ

14: Ψ
インドの対応は当然。
日本は今になって協力するよとか言い出した。
こんなことだと安倍政権も支持したくない。
もっと支那には毅然と対応しろ。

16: Ψ
>>14
続報がまったくないところを見ると
ほんとに言ったのか?とは思うが...

15: Ψ
それより一度は参加を表明した国に中国の本音を知られない様に気を付けたほうが
よくないですか?

17: Ψ
金もない、ノウハウもない、人もいない
もう諦めろ

18: Ψ
インドは今年から中露主導の上海協力機構の正式メンバーだからな
実際インドは中国と仲良く共同軍事演習をしている
インドの最大の貿易輸入相手国も中国で、20位以下の日本とは経済的な重要性が全く違う

19: Ψ
AIIBだと金をむしり取られるだけだが、一帯一路なら逆に金が取れると判断したお気楽のアベちゃんw

20: Ψ
「相互の領土の完全性と主権を尊重しなければならない」とあるだろう。
一帯一路はインドに難クセをつける根拠に使うことが見え見えだと言って
いるんだよ。インド人は将来と中国の侵略の歴史を良く研究している。

21: Ψ
あらら 往路を断たれた 夢に散りけり



このブログの人気記事!

☆米海軍の次世代原子力潜水艦「コロンビア級」の設計契約を結ぶ…ジェネラル・ダイナミクス!

☆島嶼奪還作戦で買った水陸両用装甲車AAV-7を使えば逮捕者続出…自衛隊には突破できない法律の壁!

☆アゼルバイジャン軍がチェコから調達したダナ152mm自走榴弾砲を公開!

☆「IS戦闘員を320人を射殺した」…歴戦のベテラン狙撃手(63)がイラク北部ハウィジャ奪還作戦中に死亡!

☆巡視船、潜水艇、空母や駆逐艦などを次々と導入する日本は世界の一流強国にはなれない?理由は中国がいるから!

☆ソ連の秘密兵器「エクラノプラン」が復活…地面効果を利用して超低空で飛行、高速と大量輸送を両立!

☆アストンマーティンが500mまで潜水可能な潜水艇を発売…価格は約4億5000万円!

☆ロシアの超長距離用狙撃銃SVLK-14S「スムラク」の射程距離が世界最深記録4157メートルを樹立!

☆1953年就役のペルー海軍の軽巡洋艦「アルミランテ・グラウ」が退役!


綾瀬はるかファースト写真集



メルカバ戦車のトロフィー防御システム、効果あるらしいが具体的にわからないなぁ! 海自護衛艦「いずも」を空母に改修、F-35B戦闘機を約10機搭載…離島防衛の拠点に! トルコ国産戦闘機「T-FX」のプロトタイプが2023年に飛行予定…F-16戦闘機の後継!