1: みつを ★
 《 日本発の新素材が航空業界の将来をも左右しそうだ。その新素材とは炭化ケイ素(SiC)繊維。炭素とケイ素の化合物を繊維化したものだが、軽量かつ高強度で、耐熱性にも優れている。

 SiC繊維を作るには炭素とケイ素を結合させた繊維状の物質を焼き固めなくてはならないが、焼き固める前の段階では飴細工のようにもろく、ほんの少しの刺激で粉状に砕けてしまう。しかも、温度条件に過敏に反応するので同じ品質のものを作ることが難しい。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

151202-F-PT194-114
http://toyokeizai.net/articles/-/204733 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1516124624/



南シナ海を航海中の海自護衛艦「かが」に中国海軍のフリゲート艦2隻が接近…メディア初撮影! カラシニコフの最新アサルトライフル「AM-17 AMB-17」…人口密集地での使用を想定! キエフで地対空ミサイルシステム「ブーク」が建物に突っ込む…ウクライナ!
新型の潜水艦用長魚雷「G-RX6」の射程どこまで伸びたんだろうね! 
海上自衛隊の新型イージス艦「まや」(8200トン)が進水、CECシステム搭載でミサイル防衛強化…2020年に就役! さらば、ファントム…40年間、日本の空を守り続けた空自F-4J戦闘機が退役の時を迎えようとしている!
3: 名無しさん@1周年
軍用機を…

5: 名無しさん@1周年
※なお、なぜか情報漏洩する模様

7: 名無しさん@1周年
機体軽くしてその分機内持ち込みサイズアップしてくれ!

17: 名無しさん@1周年
まずはこいつで釣り竿を作ってみよう

37: 名無しさん@1周年
>>17
最近の釣り竿のガイドってsic使ってなかったっけ?

41: 名無しさん@1周年
>>37
高級竿のには昔から仕様になってたな富士ガイドだかどこか?

47: 名無しさん@1周年
>>41
ポリエステルの糸が使われるようになって普及してたな

155: 名無しさん@1周年
>>37
昔は富士工業のほぼ世界独占だったが10数年前から中国製が出回ってしまった

31: 名無しさん@1周年
20年前に日本で六方晶窒化炭素とか結局最小単位の分子しかつくれずに使い物なってないだろ
モース硬度14以上あっても(ダイアモンドの1.4倍硬い)

34: 名無しさん@1周年
IHIのみが今年完成する推力15tオーバーのF3用ジェットエンジンにこれを使用
日本は勇躍、性能世界一のジエットエンジン製造国に躍り出る
チョン&チャンコロへの防諜強化、喫緊の要有

36: 名無しさん@1周年
もう飛行機なんか止めて船にしろよ
カーボン素材の旅客船とかタンカーとかの方がエコだと思う
移動時間は無視で

45: 名無しさん@1周年
>>36
飛行機は陸の上も移動できるからね

67: 名無しさん@1周年
半導体と同じく技術流出リスクに気を付ける必要がある
中韓の社員が技術を盗んだり、技術者の給料が欧米でレベルより低すぎて中韓に買収されて機密を流出されたりとか

70: 名無しさん@1周年
中国「さっそく技術者引き抜くわ」

81: 名無しさん@1周年
温度条件に過敏に反応するのに耐熱性とはよくわからないな

89: 名無しさん@1周年
戦車の装甲にもこの技術使ってなかったっけ?

96: 名無しさん@1周年
繊維に耐熱性があっても単体では使えんでしょ相方は何使うん?

143: 名無しさん@1周年
静岡あたりの工場を買い取ります
東レに材料サンプルを注文、納品してもらいます
受け取ったら速攻ドロン、帰国します

157: 名無しさん@1周年
理想的な機械構造用の材料だけど、問題は価格だよな。
炭素繊維の100倍という値段のままじゃ需要が伸びない。

169: 名無しさん@1周年
航空機用の素材か

170: 名無しさん@1周年
シリコンって世界中にあるけど、商業的に効率的に抽出できるのは
フランスの山で発掘したのだけだったな

177: 名無しさん@1周年
産業スパイに気をつけてほしい




このブログの人気記事!

☆米海軍最新の沿海域戦闘艦LCS-13「ウィチタ」が進水…フリーダム級の7番艦!

☆フランス陸軍の次期正式小銃にH&K「HK416」アサルトライフルが決定か!

☆ロシア軍の新型戦車T-14と自衛隊の10式戦車ってどっちが強い?

☆フィリピン海に展開中の米空母ロナルド・レーガンで撮影された星空!

☆「富士総合火力総合演習」は自衛隊の能力不足を隠蔽するためのカネのかかる「歌舞伎ショー」でしかない!

☆海上自衛隊の海賊対処部隊と練習艦隊がアデン湾でランデブー!

☆もし日本軍が満州で油田を発見していたら南方作戦は必要なかったの?

☆中国製戦闘機の品質がアフリカで問題に、J-7戦闘機を12機輸入したが5年で3分の1が墜落大破!

☆日本がF-35戦闘機を配備しても、ステルス性能を無効化する「量子レーダー」で容易に発見・追跡可能だ…中国メディア!


松村沙友理写真集



メルカバ戦車のトロフィー防御システム、効果あるらしいが具体的にわからないなぁ! 海自護衛艦「いずも」を空母に改修、F-35B戦闘機を約10機搭載…離島防衛の拠点に! トルコ国産戦闘機「T-FX」のプロトタイプが2023年に飛行予定…F-16戦闘機の後継!