1: ニライカナイφ ★
 《 自宅アパートに銃火器や火薬で”トラップ”をこしらえ、さらに防弾のパワードスーツを自作したロシアの元軍人アントン・マリツェフさん(40)。すべては借金取りを撃退するための防衛策でした。

 11万8千ドル(約1300万円)の借金を抱える、元軍人のアントン・マリツェフさん。銀行の担当官は借金返済を急かすため、自宅近辺で彼を待ち伏せしたり、郵便受けを破壊したり、さらには自宅の鍵穴に接着剤を流し込んだりと日に日に行動もエスカレート。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

71e3a476 
http://yurukuyaru.com/archives/74659266.html
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/news5plus/1516868810/



「どうやって倒したらいいか、教えてください」…中国軍事専門家が日本の最新潜水艦「おうりゅう」を分析! カ韓国名品K11複合型小銃が欠落品だった事が判明、命中率わずか22.5% SAS(英特殊空挺部隊)の入隊試験、難しすぎワロタ!
ロシアの戦車支援戦闘車「ターミネーター」は装甲戦車部隊の戦闘方法を大きく変える可能性がある! ボーイングよりアパッチ攻撃ヘリ高速化モデルの提案…スタブウイングの大型化? 水中でも直進できる新型砲弾「Swimmer」を開発中…スーパーキャビテーション技術を利用!

38fbb4c8

16: 七つの海の名無しさん
>>1
サイレンサーってロシアだと合法なのか?

19: 七つの海の名無しさん
>>1
そりゃさ、いくら借金の取り立てとは言え 器物損壊されたら宣戦布告と見なして戦闘準備すんのは当たり前やろwww

34: 七つの海の名無しさん
>>19
だよね、郵便受け壊したり、鍵穴に接着剤っておかしいよ。そんなやつは地雷で皆殺しだ。
あぁ、郵便局員も死ぬかな?

25: 七つの海の名無しさん
>>1 銀行の担当官は借金返済を急かすため、自宅近辺で彼を待ち伏せしたり、
郵便受けを破壊したり、さらには自宅の鍵穴に接着剤を流し込んだりと日に日に
行動もエスカレート

元軍人のオッサンだけじゃなくて銀行員も異常www

2: 七つの海の名無しさん
スぺツナズの本気 番外編

3: 七つの海の名無しさん
経費と自己損害でさらにつらい状況じゃん

4: 七つの海の名無しさん
全部サイレンサー付きやん

5: 七つの海の名無しさん
>>4
言われて気がついた
ガチじゃん

7: 七つの海の名無しさん
>>4
リボルバーにサイレンサーってどうなん?

17: 七つの海の名無しさん
>>7
サイレンサじゃなくてフラッシュハイダかもしれん

36: 七つの海の名無しさん
>>7
リボルバーで消音機はガチだから。
オートは発砲時にスライドの音が必ずするが、リボルバーはそれすらない。
オートは薬莢の回収が大変だけど、リボルバーはそれすら必要が無い。
またオートはジャムると排莢して次弾送らないと撃てないけど
リボルバーはシリンダー回せばいいだけ。まあ暗殺には最適と言われてるけど。
AKとか爆薬が山ほどある中で、果たしてそれが必要かは知らないw
つかパワードスーツが先行者レベルなんだが・・・

15: 七つの海の名無しさん
>>4

マカロフにはサイレンサー付いてない。

6: 七つの海の名無しさん
これらを全部売り払っても1300万には程遠いか…

8: 七つの海の名無しさん
パワードスーツってただの鎧だろ
そんなのに金かけるなら少しでも返せと思うが
借金するやつの思考ってそうはならんのよな

10: 七つの海の名無しさん
この装備で傭兵でもやれよ(笑)

11: 七つの海の名無しさん
あー ロシア版ダーパで採用だなww 

12: 七つの海の名無しさん
防弾仕様の鎧だね、パワードスーツじゃあんめぇ。
実際に増力機構が入ってたのかも知れないけど、まさかね。

14: 七つの海の名無しさん
どんだけ返したくなかったんだ
これ教官とかやってりゃ借金返せたんじゃ

18: 七つの海の名無しさん
なんとなくこち亀思い出した

24: 七つの海の名無しさん
家に入ったら銀行員ハチの巣になったかも知れんなw

26: 七つの海の名無しさん
爆薬8キロが意味わかんないw
自分も死ぬやろw

28: 七つの海の名無しさん
おもしろいw
他にもこういう話がたくさんあるのかな、ロシアは。

29: 七つの海の名無しさん
ロシアの日常
騒ぐほどじゃないなw

33: 七つの海の名無しさん
力で正当化させる国らしい結果だな

38: 七つの海の名無しさん
B級映画みたいな話だな
そんだけ頑張れるなら借金小さくできるだろうと




このブログの人気記事!

☆ロシアでレーザー兵器搭載の新型飛行機А-60が登場…敵のいかなる対象物も撃退することが可能!

☆1970年代開発の「F-15戦闘機」が現役で働き続けるワケ!

☆後方支援の自衛隊員、もし捕まったら…ジュネーブ条約上の「捕虜」扱いされぬリスク!

☆F-16戦闘機のパイロットが飛行中に気絶、自動墜落防止装置が作動して墜落回避に成功!

☆ロシアが次世代型「カスピ海の怪物」を開発へ…試験飛行機「A-90 Orlyonok(オルリョーノク)」!

☆戦場で破壊された車両武器は修理不可の場合どうなるの?

☆陸上自衛隊の普通科と機甲科が戦ったらどちらが勝つのか?

☆ロシアが第5世代戦闘機T-50の30mm機関砲の射撃試験を公開!

☆日本版の早期警戒機E-2D…今までのE-2Cと比べてどうなるんだろうね!


安枝瞳 あなたの瞳



中国のJ-10B戦闘機が「プガチョフ・コブラ」機動を披露し航空ショーを沸かせる(動画)! 超音速空対艦誘導弾「ASM-3」が開発を完了…いよいよ部隊配備へ! 米海軍の沿海域戦闘艦「フリーダム」と「インディペンデンス」は「浮かぶごみの山」…軍事作戦にまったく適さず!
UCHG 1/35 地球連邦軍61式戦車5型 セモベンテ隊