1: みつを ★
 《 政府軍と反体制派の戦闘が激化しているコンゴ民主共和国から今月24~26日までの3日間で7000人近い避難民がマットレスやスーツケースなどの家財道具を船に積んでタンガニーカ湖を渡り、隣国ブルンジに入っていたことが分かった。ブルンジ警察が26日に明らかにした。

 コンゴ民主共和国東部の南キブ州では政府軍と反体制派の衝突が激化している。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

941
http://www.afpbb.com/articles/-/3160178?cx_position=25 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1517079180/



「翼の生えたトラクター」、北朝鮮の小型輸送機「アントノフ2」は最強武器?…木製でレーダー探知が困難! 日本が輸出する小火器(拳銃・機関銃など)は年間112億円! 日本の空母保有に警戒せよ、だが「建造はそう簡単ではないはずだ」…中国メディア!
帝国海軍戦闘機「零戦」と帝国陸軍戦闘機「隼」、どちらが優秀だったか?…実際に戦わせてみた! 「平成の零戦」と呼ばれる日本のF-2戦闘機と中国のJ-10戦闘機、アジアの空の王者はどっちだ…中国メディア! 最新のステルス戦闘機F-35、ステルス能力が高すぎて訓練時に問題…地対空兵器が機能せず!
5: 名無しさん@1周年
このまま地球の人口が増えると資源が枯渇して地球が耐えられないだろうからなぁ

8: 名無しさん@1周年
多民族国家はだいたいこうなる

27: 名無しさん@1周年
>>8

アフリカの場合は、逆だろうな。欧米の都合で民族の境界と
国境が合致していない。

11: 名無しさん@1周年
コンゴの行方が気になる

12: 名無しさん@1周年
先進国とアフリカってなぜここまで違うんだろう

20: 名無しさん@1周年
>>12
奪い合うパイが少ないから必死になる

28: 名無しさん@1周年
>>12
部族主義じゃねーか
これがやっぱり大きい

アフリカでは一つの国に複数の民族、部族がいて、そいつらがどれも自分の部族、民族優先
民主主義を採っても、結局、一番数の多い民族、部族がいつも勝つ
そうすると、少数派の民族、部族は、民主主義じゃなく、武力で自分たちの勢力範囲を作って支配したほうがより多くの利益を得られる
それが起こってるんだろ

なんつーか、西欧型の近代化、国家制度とか止めて、それぞれの民族、部族に別れて、その代表者らでアフリカについて話し合うとかした方がうまくいくんじゃねーかな

30: 名無しさん@1周年
>>28 アフリカでは一つの国に複数の民族、部族がいて

帝国主義の残滓。悪いのは英仏独伊西葡白。

33: 名無しさん@1周年
>>30
植民地のままなら、平和だったのにな。

17: 名無しさん@1周年
増え続けて アフリカがパンク寸前まで来てるんだから 去勢するか ほっとくのいいと思います

18: 名無しさん@1周年
コンゴ気を付けます

19: 名無しさん@1周年
そのうちアフリカに大型旅客船の中古や廃船が売られて
世界中に難民が移動しそう

21: 名無しさん@1周年
土人の部族争いなんか、昔は弓矢とこん棒、石ツブテくらいのもんだった
のに武器なんか売り付けるから、紛争になってしまった。
武器商売やめて、食糧、衣類、家電限定の貿易にしろ。ロシア、中国、フランス
辺りに言いたいわ。

25: 名無しさん@1周年
アフリカに一発核を落とすことを進言したい。これ以上、戦争すんなっていう見せしめにな。

31: 名無しさん@1周年
国名に、民主主義 とか 共和 とか、入ってる国は、治安が悪い。



このブログの人気記事!

☆アメリカ軍が開発するF-35戦闘機の制御プログラムはバグだらけ!

☆ステルスなんかより新しい小銃くれよって思ってる隊員がいそうな気がする!

☆中国の国産戦闘機、エンジンの寿命はアメリカ製の10分の1以下!

☆ロシアのデルタIV級戦略ミサイル原子力潜水艦K-407、巨大な船体がドックアウト!

☆A-10ウォートホッグとSu-25フロッグフット、どっちが強いの?


☆艤装中の海自ヘリ搭載護衛艦「かが」、順調に装備が設置!

☆インドの次世代戦闘機「AMCA」の完成予想図を公開…SF感たっぷり!

☆赤外線誘導ミサイル、対戦車ミサイルなどを寄せ付けない戦車登場!その先は?

☆海上保安庁の巡視船ってフリゲート艦を相手にして勝てるの?


ALPHA トートバッグ



中国の次世代主力戦車CG想像図…乗員2人で無人砲塔を採用! ドイツのリンクス歩兵戦闘車、最大8人が搭乗可能…指揮車両や野戦救急車なども計画中! 海上自衛隊のF-35B戦闘機導入の可能性について!

フランス特殊部隊RAIDが誤って隣の家に突入、ドア爆破→スタングレネード→突入→拘束→謝罪! テスト飛行中の陸自オスプレイ…塗装がダサイ! 国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点!
イージス艦の六角形のところって何が納まってんの? ロシアがSWストームトルーパーを彷彿とさせる最新コンバットスーツを公開…外骨格が兵士を銃弾から守る! 進水した中国の国産空母は「60年前のデザイン」と仏メディアが酷評!