1: ■忍法帖【Lv=17,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb
 《 沖縄・尖閣諸島周辺で相次ぐ中国船の領海侵入や、日本海での北朝鮮漁船による違法操業などを受け、海上保安庁は沖縄、鹿児島、島根各県の離島23か所に、レーダー監視施設を整備する。

 (略) 同庁によると、レーダーは最大で50キロ沖を航行する船舶の位置情報を把握することが可能で、監視カメラは数キロ先の映像を撮影することができる。データや映像は東京の本庁に転送され、不審な船舶が見つかるなどした場合は、即座に巡視船を向かわせるなどの判断が可能になるという。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

ckk829-jpp024695546
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180202-OYT1T50075.html
引用元: ・http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1517696482/



「翼の生えたトラクター」、北朝鮮の小型輸送機「アントノフ2」は最強武器?…木製でレーダー探知が困難! 日本が輸出する小火器(拳銃・機関銃など)は年間112億円! 日本の空母保有に警戒せよ、だが「建造はそう簡単ではないはずだ」…中国メディア!
帝国海軍戦闘機「零戦」と帝国陸軍戦闘機「隼」、どちらが優秀だったか?…実際に戦わせてみた! 「平成の零戦」と呼ばれる日本のF-2戦闘機と中国のJ-10戦闘機、アジアの空の王者はどっちだ…中国メディア! 最新のステルス戦闘機F-35、ステルス能力が高すぎて訓練時に問題…地対空兵器が機能せず!
10: 名無しさん@おーぷん
>>1
それはそれで要るけど、それだけがあっても
「撃退する手段」が無かったら意味ないだろ。
レーダーで発見した不審船を、どうやって追い返すんだ?今まで通りか?

2: 性奴隷説は対日ヘイト
不審船への対策はそれでOKとして、
不審人物への対策は、各地の町内会や自警団が頑張らないと
早期発見、早期通報あるのみ

3: 名無しさん@おーぷん
特アのおかげで、だんだん日本もハリネズミみたいに棘だらけになっていくなあ…。
まあ、憲法改正もその一環だが…。

4: 名無しさん@おーぷん
なかったのか、これまで

5: ■忍法帖【Lv=17,スカルゴン,vlJ】ななしの国からこんにちわ◆ePSYFR8jBw
東洋のスイスになりたければ、ハリネズミでなければならんw

7: 名無しさん@おーぷん
そろそろ「ちょっと打撃群」とか欲しいな☆

8: 名無しさん@おーぷん
ここらで「潜航している国籍不明の潜水艦」を一隻くらい殺りたいところだな

9: 名無しさん@おーぷん
違法操業なんて、海保に沈めるって選択肢を与えてるだけで一気に減ると思うよ?
あぁ、最初に見せしめとして数隻沈めなきゃ駄目だよ。派手にな。

11: 名無しさん@おーぷん
レーダーじゃなくて焼却レーザーまで行ってみよう!

12: 名無しさん@おーぷん
尖閣には勿論設置するのだろうな?しない?それは駄目だろうよ




このブログの人気記事!

☆垂直離着陸が可能な自爆兵器「Dragonfly」を出展…ペイロード20kg!

☆日本のF-15J戦闘機にまた問題、パイロットの「足のしびれ」で緊急着陸…中国メディア!

☆「オスプレイ」の進化形、新型ティルトローター機「V-280」の試作機が完成…米軍輸送ヘリの後継有力候に!

☆自衛隊車両の中で最も活躍する機会が多い「73式大型トラック」が完成品ミニカーで登場!

☆米海軍が通常型潜水艦を建造に向かう可能性?!

☆ロシア海軍の艦載型武装ヘリコプターKa-52K…プロペラを畳んだ姿を公開!

☆日本の「アメリカ」で働きませんか!※要英語

☆ニミッツ級空母3隻と海自護衛艦「いせ」がフォーメーションを披露…日本海で日米大艦隊が航行!

☆ロシアの秘密航空工場で行われたMiG-31戦闘機の近代化改修の様子を公開!


乃木坂46 松村沙友理写真集



中国の次世代主力戦車CG想像図…乗員2人で無人砲塔を採用! ドイツのリンクス歩兵戦闘車、最大8人が搭乗可能…指揮車両や野戦救急車なども計画中! 海上自衛隊のF-35B戦闘機導入の可能性について!

フランス特殊部隊RAIDが誤って隣の家に突入、ドア爆破→スタングレネード→突入→拘束→謝罪! テスト飛行中の陸自オスプレイ…塗装がダサイ! 国産の「日の丸戦闘機」復活?高い対艦攻撃能力を持つF-2戦闘機の後継機開発・生産、来年夏に分かれ目…米の出方焦点!
イージス艦の六角形のところって何が納まってんの? ロシアがSWストームトルーパーを彷彿とさせる最新コンバットスーツを公開…外骨格が兵士を銃弾から守る! 進水した中国の国産空母は「60年前のデザイン」と仏メディアが酷評!