1: イレイザー ★
 《 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は1日、小惑星探査機「はやぶさ2」が望遠カメラで小惑星「リュウグウ」の撮影に初めて成功したと発表、画像を公開した。

 はやぶさ2は2月26日、約130万キロの距離から、見かけの明るさが海王星よりも暗い9等級ほどのリュウグウの撮影に成功した。今後近づくにつれて、徐々に形が明らかになるという。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

4060ca70
http://www.asahi.com/articles/ASL3165PHL31UBQU016.html 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1519928723/



「どうやって倒したらいいか、教えてください」…中国軍事専門家が日本の最新潜水艦「おうりゅう」を分析! カ韓国名品K11複合型小銃が欠落品だった事が判明、命中率わずか22.5% SAS(英特殊空挺部隊)の入隊試験、難しすぎワロタ!
ロシアの戦車支援戦闘車「ターミネーター」は装甲戦車部隊の戦闘方法を大きく変える可能性がある! ボーイングよりアパッチ攻撃ヘリ高速化モデルの提案…スタブウイングの大型化? 水中でも直進できる新型砲弾「Swimmer」を開発中…スーパーキャビテーション技術を利用!
4: 名無しさん@1周年
なんでそんな遠い小惑星を観察すんの?
もっと近いやつのほうがミッション簡単なんじゃないの?

22: 名無しさん@1周年
>>4
これでも小惑星にしては近いところにあるんだよ

32: 名無しさん@1周年
>>4
小惑星のサンプルリターンをやる理由は
重力がある惑星探査だと地上に降り地上から上昇し帰還するにはそれなりの規模の複雑な装備が必要だけど
小惑星は重力も大気もないからそれを回避するためのややこしい装備が要らないのに
同じ成果がえられるからでしょう
大気がない月面は降ろすだけで大変
大気がある火星はパラシュートを使えば降ろせるけど大気があるからもう一度上昇させるのが難しくなる

38: 名無しさん@1周年
>>4
地球まで戻ってくるのが目的だから、火星とかの惑星だと重力が大変なんじゃないか?

48: 名無しさん@1周年
>>4
地球にぶつかりそうな小惑星を事前に爆破する練習

8: 名無しさん@1周年
夢があるな~
こんなプロジェクトマネージャーになったら気分ええだろな

11: 名無しさん@1周年
>>8
半年近く通信できるか心配し続けるとか無理だわー
5月末くらいから心労ピークになりそう

9: 名無しさん@1周年
おめでとう。はやぶさ。

12: 名無しさん@1周年
近づくにつれて先代と同じドラマチックな展開が起こるかな?

14: 名無しさん@1周年
順調すぎて、なんか怖い。

17: 名無しさん@1周年
>>14
また帰還できません

20: 名無しさん@1周年
>>14
何かトラブルがないとドラマになりにくいな

ただ今回は地球に帰ってきても
アニメや映画になりそうもない

16: 名無しさん@1周年
現在月-地球間の約3倍の距離にあるな。

18: 名無しさん@1周年
なんかサイコロみたいな星だな

34: 名無しさん@1周年
順風万歩

37: 名無しさん@1周年
映画アルマゲドンに繋がる技術を実証する。
地球に飛来する前に推進装置を取り付けるには、隕石の表面を整地しなきゃならない。
インパクターの実証は、隕石に何度も絶滅させられてきた地球の生命体が自衛能力を備え始めたことを意味する。

はやぶさ2の偉業を受け入れられない奴は人類どころか、地球生命体の敵となる。

42: 名無しさん@1周年
初代ゲームボーイ画質やんけ

51: 名無しさん@1周年
ドラマとかいらんからロケットみたいに当たり前のように淡々と成功を積み重ねてほしい



このブログの人気記事!

☆各国の戦闘機、敵を欺く迷彩塗装、米海軍F/A-18ホーネットは洋上迷彩を採用!

☆中国の3D離島奪還CG動画、20XX年に某軍事集団の襲撃を受け、全面的な攻撃を決定…J-20戦闘機も参戦!

☆「予想してたのと違う」ソビエト連邦の独裁者スターリンの孫娘がネット上に登場!

☆WWⅡ欧州戦線において最強の将軍はパットンかモントゴメリーか?

☆中国空軍のY-20大型輸送機開発が完了報道…最大積載量66tで主力戦車も空輸可能 !

☆米軍は新戦車の開発せずM1のアップグレード版で対抗していくのかな?

☆中国のZ-19攻撃ヘリコプターが展覧会に登場、欧米戦闘ヘリに似た外観!

☆「邪魔だ、どけよ」最前列を占拠する軍オタから子供に怒号!…自衛隊イベントで増加するトラブル

☆ナチス親衛隊に日本人がいた…謎の写真に隠された彼らの正体とは!

☆アルプス山麓にあるスイス空軍基地、絵のように美しい景色の中を戦闘機が飛行!


柳ゆり菜「大人ゆり菜始めました」



中国のJ-10B戦闘機が「プガチョフ・コブラ」機動を披露し航空ショーを沸かせる(動画)! 超音速空対艦誘導弾「ASM-3」が開発を完了…いよいよ部隊配備へ! 米海軍の沿海域戦闘艦「フリーダム」と「インディペンデンス」は「浮かぶごみの山」…軍事作戦にまったく適さず!
UCHG 1/35 地球連邦軍61式戦車5型 セモベンテ隊