Name 名無し 18/03/10(土)13:10:11

 《 中国メディアの新浪網は8日、米国の航空機用エンジン製造会社であるプラット・アンド・ホイットニー(以下、PW社)が、F−35戦闘機が搭載するF135型エンジンを改良し、推力20.4トンを達成したと紹介。中国の戦闘機が使用しているエンジンとの差がさらに開きつつあるとして、米国におけるエンジンの性能向上の背景には、厳しい企業間競争があるとの見方を示した。 

 PW社はF135型エンジンを、F−22に採用された同社製のF119型エンジンを基礎にして2005年に完成させた。記事は、現在の量産型F135の地上測定における推力は19.5トンで推力重量比は10を達成しており、ロシア製のAL−41F1SやAL−41F1をはるかにしのいでいた。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

180214-F-NL936-1951



南シナ海を航海中の海自護衛艦「かが」に中国海軍のフリゲート艦2隻が接近…メディア初撮影! カラシニコフの最新アサルトライフル「AM-17 AMB-17」…人口密集地での使用を想定! キエフで地対空ミサイルシステム「ブーク」が建物に突っ込む…ウクライナ!
新型の潜水艦用長魚雷「G-RX6」の射程どこまで伸びたんだろうね! 
海上自衛隊の新型イージス艦「まや」(8200トン)が進水、CECシステム搭載でミサイル防衛強化…2020年に就役! さらば、ファントム…40年間、日本の空を守り続けた空自F-4J戦闘機が退役の時を迎えようとしている!

無題 Name 名無し 18/03/10(土)14:27:58

将来的に耐久性や燃費も考慮しつつ23~25tを目指すそうですね




無題 Name 名無し 18/03/10(土)14:31:10 

でも競争するはずのF136は議会が予算通さなくてお蔵入りしたよね…




無題 Name 名無し 18/03/10(土)15:07:06 

>将来的に耐久性や燃費も考慮しつつ23~25tを目指すそうですね

エンジンの推力上げるなら燃焼温度上げるか流量増やすために径大きくするかだと思うけど
径大きくしないなら燃焼温度でまだ向上狙える余地あるのか




無題 Name 名無し 18/03/10(土)15:42:12

>径大きくしないなら燃焼温度でまだ向上狙える余地あるのか

F135はTIT1600℃台みたいだからもう少し上げれる
あとホットセクションにCMC適用で無冷却化すれば冷却損失無くなるのでさらに上がる
あとは可変サイクル化とアップデートネタは結構残ってる




無題 Name 名無し 18/03/10(土)16:53:48

SiC素材とか使ってるのかしら?




無題 Name 名無し 18/03/10(土)18:20:24

F-35にしといて正解




無題 Name 名無し 18/03/10(土)19:13:51 

なんか当初エンジンパワーはあるけど吸気口が小さくて空気が足らない問題ってあった気がするけど
あの固定吸気口で大吸気目指すなら首周り交換しないとだめなのでは




無題 Name 名無し 18/03/10(土)19:25:54

固定インテーク採用してる以上特定の速度域で吸気量が足りなくなるのはF-35に限らずでは?




無題 Name 名無し 18/03/10(土)19:52:04 

米軍以外もそれ使えるのかね




無題 Name 名無し 18/03/10(土)19:53:53

20トンて凄いすね
日本はこれからようやく17トンってところなのに




無題 Name 名無し 18/03/10(土)22:26:20 

>日本はこれからようやく17トンってところなのに

サイズとしては同等のものなんだろうか?




無題 Name 名無し 18/03/10(土)22:45:32

>>日本はこれからようやく17トンってところなのに
>サイズとしては同等のものなんだろうか?

F135 直径1170mm(断面積1.074m^2)
XF9-1 直径約1000mm(断面積0.785m^2)
直径で17%、断面積で37%、F135の方が大きいな…




無題 Name 名無し 18/03/11(日)01:38:37

次のF-5(仮称)は25トンエンジン双発とかになるんだろうね
F-111クラスの大きい機体になりそう




無題 Name 名無し 18/03/11(日)01:41:24 

ドライ推力11トンは旧東側系エンジンを完全に引き離すね
その上、小さいから機体をコンパクトにするか、機体容積はそのままでウェポンベイなどの容積をより多く取れる
実際にできたら凄いが今のところ6月には予定通り完成




無題 Name 名無し 18/03/11(日)01:51:44 

>あの固定吸気口で大吸気目指すなら首周り交換しないとだめなのでは

改良型が搭載されるのはまだ先だろうし、
その頃にはF-16みたいにエアインテークを大きくしたやつも作られるのでは。




無題 Name 名無し 18/03/11(日)06:05:23

>日本はこれからようやく17トンってところなのに

強豪アメリカと比べてはいけない(戒め)
完全独自開発でAL-41F1と同等の推力を出せるようになったエンジンの実現目処がついただけでも凄いと思う
日本はイギリスとエンジン懸けてビリヤードなんてしてないしな




無題 Name 名無し 18/03/11(日)06:24:46 

>日本はこれからようやく17トンってところなのに

あくまで15トン以上だからな




無題 Name 名無し 18/03/11(日)06:53:30 

日本のエンジンはまあこれからに期待しよう




無題 Name 名無し 18/03/11(日)06:59:54 

XF9-1完成の時にどんな反応があるか非常に楽しみ。
双発・単発の違いはあるがXF5-1の時点でJAS39"グリペン"ぐらいは飛ばせるんだな。




1520719194271 無題 Name 名無し 18/03/11(日)07:27:29

F-15のエンジンをXF9-1に換装出来ないかな。
片肺推力5トン追加両舷合わせて10トン追加とかどうなのさ?。
いっそコンフォーマルタンク輸入して"AF-15J.DJ"とか...。





無題 Name 名無し 18/03/11(日)08:52:52

>双発・単発の違いはあるがXF5-1の時点でJAS39"グリペン"ぐらいは飛ばせるんだな。

常にアフターバーナー吹かせば飛べるって条件ではなあ・・・




無題 Name 名無し 18/03/11(日)09:56:36
 

JAS39のF414最大推力がAB使用で98knだからXF5双発で並ぶ位。
ミリタリー推力が不明だがAB切った途端ガクッと落ちるとは思えないがどうなんでしょう。
ちなみにJAS39の空虚自重約7トン最大離陸重量16トンに対してX-2の空虚自重9.7トンらしい。
良くて軽マルチロール機くらいか




JAS_Gripen_a_(cropped) 無題 Name 名無し 18/03/11(日)10:46:12

中国は社会主義国でありながら市場経済を導入しているはずだが
なぜ企業間競争が働かないのだ?

まぁトップは取れないにしろ
諜報で手に入れた技術を利用するのになんら制限はないし
上手くやれば掛かるコストを大幅に削減出来る

有事の際に、道に路駐している民間車両に頭を悩ます必要もないと
中国社会主義の利点もいっぱいあるよね




1520732772541 無題 Name 名無し 18/03/11(日)10:59:10

>なぜ企業間競争が働かないのだ?

戦闘機のコンペすることがいい戦闘機つくる唯一絶対の方法とは限らんし
中国の軍事企業の競争相手は国際輸出市場での他国企業なんじゃ




無題 Name 名無し 18/03/11(日)12:53:23

まあ中国の場合企業っていっても国営だし競争しようもないだろう




無題 Name 名無し 18/03/11(日)15:58:35 

絶対出力なら大径有利だが
パワーウエイトレシオだと
2乗3乗法則が利いて小径有利になる
F-5がベストセラーになったのを忘れちゃいけない




無題 Name 名無し 18/03/11(日)19:10:28

Fー35Bがあるから仕方ないけど、大出力単発機ってのは本来の航空機の姿としちゃ異形だよねぇ。





無題 Name 名無し 18/03/11(日)21:32:14
l

>大出力単発機ってのは本来の航空機の姿としちゃ異形だよねぇ。

複葉機の時代から一般的なんじゃ




無題 Name 名無し 18/03/11(日)21:37:20

レシプロ時代は単発が基本だわな
双発ジェットも単発だと所要の出力に足らないから仕方なく
そうなってるだけで




無題 Name 名無し 18/03/11(日)22:59:56

てか次期開発機、F-35ベースの国際共同開発ならXF9の出番無いぞ
どうすんだ?




無題 Name 名無し 18/03/12(月)00:33:26

要素技術で押し込むことも可能だろうし、代用エンジンとして採用するという方法はあるね
今後の研鑽次第だが、一瞬でロシア機のエンジンを凌駕する開発ペースの速さは異常と言っていいくらい





このブログの人気記事!


☆宇宙空間から鋼鉄の槍を投下し、核兵器並みの威力を持つ「神の杖」…米政府が開発中!

☆戦前・戦中に日本が撮影したカラー写真ってどのくらいあるんだろ?

☆ロシア軍戦車スレ、T-14もいいけど既存戦車の改修型も色々出て面白い!

☆冷戦時代に米国に対抗して製造されたソ連版スペースシャトル「ブラン」…今もカザフスタンの草原に放置!

☆仮想敵部隊の第11装甲騎兵連が旧ソ連軍を模した車両や装備で戦闘模擬訓練を実施…米陸軍フォート・アーウィン!

☆ロシアで極開発中とされるT-60超音速爆撃機…2次元推力ベクタリングノズルを装備!

☆最新戦闘機「F-35ライトニングII B型」の細部にまでこだわりったプラモデルが登場…ハセガワ!

☆北朝鮮崩壊後、米露中韓の4ヵ国で分割統治する案!


ウェアラブルスマートウォッチ



メルカバ戦車のトロフィー防御システム、効果あるらしいが具体的にわからないなぁ! 海自護衛艦「いずも」を空母に改修、F-35B戦闘機を約10機搭載…離島防衛の拠点に! トルコ国産戦闘機「T-FX」のプロトタイプが2023年に飛行予定…F-16戦闘機の後継!