1: ばーど ★
 《 米軍普天間飛行場の沖縄県名護市辺野古への移設計画を巡って防衛省が2014年に発注した工事で、受注した大成建設から海上警備を委託された東京都内の警備会社が警備費約7億円を過大請求していたことが、関係者の話で判明した。防衛省は内部通報でこの不正を把握した後も、警備会社との契約を中止せず、昨年11月まで4件計約82億円の契約を結んでいた。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

9
https://mainichi.jp/articles/20180424/k00/00m/040/165000c
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1524532525/



イスラエル軍のモンスター兵器、重装甲歩兵戦闘車「ナグマホン」! 第二次世界大戦中のドイツ軍戦車「パンター」…意図的に作られた「弱点」とは! 中国の航空雑誌に未来の戦略爆撃機「轟20(H-20)」の画像が公開…ステルス技術を用いた「全翼機」!
ロシアが超音速爆撃機「Tu-22M」をアップグレード…米空母打撃群にとって大きな脅威に! スバルが23年ぶりに民間ヘリ事業に再参入、米ベル社と共同開発した新型ヘリ「412EPX」を販売…自衛隊機に転用も! 日本の最新型潜水艦「そうりゅう級」は「すごい部分はあるが、恐れることはない」…中国メディア!
2: 名無しさん@1周年
自衛隊員の再雇用先

6: 名無しさん@1周年
軍需大儲けの法則。ただし特定業者に限る。

8: 名無しさん@1周年
当初の予定より警備が必要になったから、請求しただけじゃないの?
不正なのか?これ。

17: 名無しさん@1周年
>>8
どうかな
とりあえず静観すべきだなw

10: 名無しさん@1周年
ALSOKか?
と思ったが海上警備だから違うわな・・・

11: 名無しさん@1周年
警備や軍備は企画者のさじ加減でそれこそ上限なく設定できるからな。

13: 名無しさん@1周年
天下り警備企業と癒着してんのか

14: 名無しさん@1周年
お友達には忖度しないと出世できないだろ

19: 名無しさん@1周年
随意契約なら問題ないのでは?
大成建設は入札してるんだろ?
何がいけないんだ?

20: 名無しさん@1周年
想定外の激務なんだろ
基地外活動家が海上にもたくさんいるんだから

35: 名無しさん@1周年
>>20
激務だけど現場の警備員は貰えませんが?w

23: 名無しさん@1周年
自衛隊は昔三菱重工かなんかにもぼったくられてたよね?
キックバックもらえるし自分達の腹痛まないからどうでもいいんだろ?

26: 名無しさん@1周年
キチガイが大量発生してる警備だろ
多少は盛って請求するだろ

32: 名無しさん@1周年
反対派のせいだろ、コレ

33: 名無しさん@1周年
>防衛省は内部通報でこの不正を把握した後も、警備会社との契約を中止せず、

天下り先というわけだ。

34: 名無しさん@1周年
どうせ警察庁か防衛省の天下り先なんでしょ

52: 名無しさん@1周年
違法侵入事件が多発しているから、正当な金額だと思うぞ!

55: 名無しさん@1周年
ていうか防衛よりもほとんど海保や警察族の天下り先だろ

62: 名無しさん@1周年
防衛省・自衛隊には「警備員」として再就職する人間は多いが、ヒラだからな?
警備会社に「天下り」して、○○顧問などになるのは、基本的に警察だぞ。
しかも、防衛局は行政組織で、制服組との縁は薄いから、単なる「警備員」に忖度するわけがない。
単純に、契約段階では相手のガバガバの見積を信じたものの、精算の段階で見直しただけだろ。




このブログの人気記事!

☆米海軍の次世代原子力潜水艦「コロンビア級」の設計契約を結ぶ…ジェネラル・ダイナミクス!

☆島嶼奪還作戦で買った水陸両用装甲車AAV-7を使えば逮捕者続出…自衛隊には突破できない法律の壁!

☆アゼルバイジャン軍がチェコから調達したダナ152mm自走榴弾砲を公開!

☆「IS戦闘員を320人を射殺した」…歴戦のベテラン狙撃手(63)がイラク北部ハウィジャ奪還作戦中に死亡!

☆巡視船、潜水艇、空母や駆逐艦などを次々と導入する日本は世界の一流強国にはなれない?理由は中国がいるから!

☆ソ連の秘密兵器「エクラノプラン」が復活…地面効果を利用して超低空で飛行、高速と大量輸送を両立!

☆アストンマーティンが500mまで潜水可能な潜水艇を発売…価格は約4億5000万円!

☆ロシアの超長距離用狙撃銃SVLK-14S「スムラク」の射程距離が世界最深記録4157メートルを樹立!

☆1953年就役のペルー海軍の軽巡洋艦「アルミランテ・グラウ」が退役!


深田恭子写真集 palpito



戦艦大和と護衛艦あたごだとどっちが強いの? 日本の防衛産業が空っぽになる、鳴り物入りで始めた輸出は成果ゼロ…FMS増加で国内企業次々撤退! 巨大貨物機LM-100Jが「宙返り」を披露、軍用輸送機C-130J「スーパーハーキュリーズ」の民生版(動画)!