1: きつねうどん ★
 《 ワルサーP38、シュマイザー短機関銃、モーゼル小銃……20世紀のドイツ軍を支えた、世界屈指の名銃に迫る連載、第3回。 
 民間型狙撃用スコープを装着したKar98k狙撃銃を構えるドイツ軍兵士。製造直後の試射において特に優れた命中精度を示した本銃は、このように狙撃銃へと転用されることが間々あった。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。  



南シナ海を航海中の海自護衛艦「かが」に中国海軍のフリゲート艦2隻が接近…メディア初撮影! カラシニコフの最新アサルトライフル「AM-17 AMB-17」…人口密集地での使用を想定! キエフで地対空ミサイルシステム「ブーク」が建物に突っ込む…ウクライナ!
新型の潜水艦用長魚雷「G-RX6」の射程どこまで伸びたんだろうね! 
海上自衛隊の新型イージス艦「まや」(8200トン)が進水、CECシステム搭載でミサイル防衛強化…2020年に就役! さらば、ファントム…40年間、日本の空を守り続けた空自F-4J戦闘機が退役の時を迎えようとしている!

Mauser56432165116551415Mauser_ERMA_Muzeum_Powstania_Warszawskiego_2014


5: Ψ
 「トリビアの泉」に出演したロシア人スナイパーの狙撃ライフルがこのkar98kだった
日本の38式歩兵銃も評判がよく、後継の99式より出来が良かった
現用銃の基本メカニズムはほとんど100年前に完成している

8: Ψ
>>5
38式は、当時小口径の6.5mmで弾頭が長過ぎて弾が真っすぐ走らなかったんだよ。
軽量化(低コスト)・低反動・高初速・BC値の改善によるドロップ量の低減を狙ったと思われるが・・・
38式を選別し良く中る個体にスコープを装着し狙撃銃(97式狙撃銃)を仕立てていたが、
そのスコープの内部のレイティクルは、距離ごとに目盛りがふられたタイプだったが、
距離が延びるほどに斜め下方にクロスが配置されドリフト方向に追従する修正が加えられていた。

中国戦線で、6.5mmは撃っても効かないとの評判が立ち99式の7.7mm口径に変更されたのだが、
通常の38式小銃では、距離によるドリフト修正は、射手の勘のみに頼ることになり、
それらを総合的に考慮すると射程が伸びると単に当たってなかったのでは、と推測される。

99式の場合、同時に99式狙撃銃も採用されたが、そのスコープレイティクルでは、各距離における
ドロップ方向は普通に垂直方向への自由落下のみを補足したものに変化していた。
99式の7.7mm弾薬開発時、左右方向のドリフトを抑えるよう口径・弾頭形状・弾速(薬量・薬莢形状)などを
工夫したと推測できる。

10: Ψ
>>8
照準眼鏡の照準線の上部が恐ろしく曲がってるのを見たことがあります。
あれはライフリングツイストが強いからなんでしょうね。
大砲でも遠距離ではドリフトするらしいですけど

6: Ψ
コルトM1911も、もう100年モノだもんな。

7: Ψ
MG42の発射レートの高さは異常

9: Ψ
PUBGで出てくる

11: Ψ
ボンドも持たされてたが PPKも名銃だね

12: Ψ
ミリタリー漫画だとマウザー砲搭載の飛燕は部隊の若手のホープが隊長から預けられる機体。
この小銃とは関係ないけど。








このブログの人気記事!

☆米海軍の次世代原子力潜水艦「コロンビア級」の設計契約を結ぶ…ジェネラル・ダイナミクス!

☆島嶼奪還作戦で買った水陸両用装甲車AAV-7を使えば逮捕者続出…自衛隊には突破できない法律の壁!

☆アゼルバイジャン軍がチェコから調達したダナ152mm自走榴弾砲を公開!

☆「IS戦闘員を320人を射殺した」…歴戦のベテラン狙撃手(63)がイラク北部ハウィジャ奪還作戦中に死亡!

☆巡視船、潜水艇、空母や駆逐艦などを次々と導入する日本は世界の一流強国にはなれない?理由は中国がいるから!

☆ソ連の秘密兵器「エクラノプラン」が復活…地面効果を利用して超低空で飛行、高速と大量輸送を両立!

☆アストンマーティンが500mまで潜水可能な潜水艇を発売…価格は約4億5000万円!

☆ロシアの超長距離用狙撃銃SVLK-14S「スムラク」の射程距離が世界最深記録4157メートルを樹立!

☆1953年就役のペルー海軍の軽巡洋艦「アルミランテ・グラウ」が退役!


ARMORED CORE



メルカバ戦車のトロフィー防御システム、効果あるらしいが具体的にわからないなぁ! 海自護衛艦「いずも」を空母に改修、F-35B戦闘機を約10機搭載…離島防衛の拠点に! トルコ国産戦闘機「T-FX」のプロトタイプが2023年に飛行予定…F-16戦闘機の後継!