1: Ψ
エアコンとエアバックとステレオは標準だよね?

JMR+MPS+Utility+Operational+Suitability+300
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1527316064/
引用元: ・http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1527316064/



イスラエル軍のモンスター兵器、重装甲歩兵戦闘車「ナグマホン」! 第二次世界大戦中のドイツ軍戦車「パンター」…意図的に作られた「弱点」とは! 中国の航空雑誌に未来の戦略爆撃機「轟20(H-20)」の画像が公開…ステルス技術を用いた「全翼機」!
ロシアが超音速爆撃機「Tu-22M」をアップグレード…米空母打撃群にとって大きな脅威に! スバルが23年ぶりに民間ヘリ事業に再参入、米ベル社と共同開発した新型ヘリ「412EPX」を販売…自衛隊機に転用も! 日本の最新型潜水艦「そうりゅう級」は「すごい部分はあるが、恐れることはない」…中国メディア!
3: Ψ
これを超えるいかしたヘリはまだ出てこないなな


His-C&M-Bell47-1-14-JA7395-Syinplex-YM

4: Ψ
まだヒューイ使ってるしなぁ

5: Ψ
テイルローターがカバー付きの機種が増えた
テイルローターがないノーターもある

26: Ψ
>>5
そのくらいやよね
>>9
エンジンが止まっても落ち出すとローターが回転するので
安全に着地できる
免許の訓練でもやっている
免許は1機種1免許で300万円くらいかかる
適当な聞き覚えなので補足よろ

6: Ψ
エンジンが強力になって以前より余裕がある

7: Ψ
70年代からだと、大して変わってないと思うよ。
エンジンがターボシャフトだろ。

50~60年代は、エンジンがレシプロだから、全然違う。

8: Ψ
とはいってもベル47を越える機体は無いね
ロビンソンとは対照的な名機

9: Ψ
ヘリってエンジン止まったら終わりだよね?

10: Ψ
>>9
オートローテーションというのがあってだな

12: Ψ
最近のは射出座席が着いてるw

14: Ψ
いわゆる脱出装置ですね
昔とはぜんぜん違うわけですか

16: Ψ
20歩くらいかな

17: Ψ
その頃のガキに、宇宙開発が全然進んでないと言うとビックリすると思う

19: Ψ
テロの携帯地対空ミサイルで簡単に撃ち落とされるようになり・・・。

ロシア最新攻撃ヘリ「Ka-52」
・夜間攻撃用の温度探知システム
・レーザー誘導ミサイルによる攻撃力の向上
・射出座席
・30mm機関砲2A42 ×1(弾数460発)
・4箇所のハードポイントに2,000kgまでの武装搭載可能:3連装ヴィーフリ対戦車ミサイル×4、
 イグラ-1V空対空ミサイル×4、20連装80mmロケット弾S-8ポッド×2、122mmロケット×10、
 機関砲コンテナ、機銃コンテナ

21: Ψ
今でも離陸着陸は全てミラー確認だろ。
防災ヘリでさえ足元にもミラーが付いてて、全て視認確認するって言ってたから。
てっきり自動水平で機械が水平保ってると思ったけど違った。

23: Ψ
子供の頃 北へンの町に轟音をあげて米軍ヘリH19が飛んできた 走って追いかけて見に行った 巨大でおののいたもんだ

24: Ψ
飛行機もヘリも、飛ばすものであって乗るものではないよな
操縦士と整備士を信用する根拠がない
遊園地の絶叫マシンもそう
何が怖いってヒューマンエラーが一番怖い

25: Ψ
ボルテックス・リング・ステートとテイルローター・ストールが判ってきて、
対策がされるようになった(完璧ではないが)のが最も異なる。

28: Ψ
ガスタービンラムジェット止まり?



このブログの人気記事!

☆ドイツ海軍の新型フリゲート「バーデン・ヴュルテンベルク級」1番艦が就役拒否でメーカー送りに!

☆中国の002型空母建設費は約5100億円、航海1回の燃料費は10億円にネット「これだけの費用を払える国があるのか」!

☆米海軍次世代ミサイル・フリゲイトFFG(X)のプランを公開、フリーダム級をベースに火力を強化…ロッキード社!

☆イタリア軍版GATEにありがちな事!

☆自衛隊の新部隊「即応機動連隊」の中核装備「16式機動戦闘車」…時速100キロで走行、戦車並みの攻撃力を装備!

☆イスラエル国防軍の主力戦車「メルカバ」…語れることは多そうだが、語られることは少ない!

☆ブラジルの造船所、スコルペヌ型潜水艦を3つのパーツに分けて出荷!

☆トルコが新型の4x4装甲車「H?z?r」をテスト…7.62mm弾や大口径弾丸の直撃に耐えることが可能!

☆世界各国海軍艦艇の今後について!


小池唯写真集 Pink



戦艦大和と護衛艦あたごだとどっちが強いの? 日本の防衛産業が空っぽになる、鳴り物入りで始めた輸出は成果ゼロ…FMS増加で国内企業次々撤退! 巨大貨物機LM-100Jが「宙返り」を披露、軍用輸送機C-130J「スーパーハーキュリーズ」の民生版(動画)!