1: しじみ ★
 《 (略) その発端は、ロシアの資金不足にある。ロシア誕生後、エリツィン大統領は経済の立て直しに奔走したもののうまくいかなかったことは広く知られているが、宇宙予算もそのあおりを食って大幅に削減された。これにより、新たな宇宙計画は軒並み、中止や凍結、遅延の憂き目にあった。

 なんとか継続された計画も、やはり予算不足から十分な開発や試験を行うことができず、それが火星探査機や衛星の失敗を引き起こした。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

soviet-shuttle
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/06/4-55.php 
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1528098238/



南シナ海を航海中の海自護衛艦「かが」に中国海軍のフリゲート艦2隻が接近…メディア初撮影! カラシニコフの最新アサルトライフル「AM-17 AMB-17」…人口密集地での使用を想定! キエフで地対空ミサイルシステム「ブーク」が建物に突っ込む…ウクライナ!
新型の潜水艦用長魚雷「G-RX6」の射程どこまで伸びたんだろうね! 
海上自衛隊の新型イージス艦「まや」(8200トン)が進水、CECシステム搭載でミサイル防衛強化…2020年に就役! さらば、ファントム…40年間、日本の空を守り続けた空自F-4J戦闘機が退役の時を迎えようとしている!

https://youtu.be/M1nwGgVjDg0


17: ニュースソース検討中@自治議論スレ
>>1
ISSとか、ソユーズで維持してるようなもんだろ。

3: ニュースソース検討中@自治議論スレ
え?いまやロシアの技術をベースにISSも成り立っているんだからすごいもんじゃん。

4: ニュースソース検討中@自治議論スレ
>新しいロケットや衛星が造れないことで、熟練の技術者による新人の育成や技術の伝承が行えず、
技術者の世代交代に失敗した
日本の原発とかの技術も似たこと起こりそう

5: ニュースソース検討中@自治議論スレ
だが有人に枷をかけられている日本の開発よりマシだよな 

6: ニュースソース検討中@自治議論スレ
ロシアの宇宙技術とかサラッと言ってるけど、元々はドイツの技術だろ
第二次大戦後にアメリカとソ連がドイツの技術者を半強制的に連れて帰って技術を盗んだんだろうが

11: ニュースソース検討中@自治議論スレ
>>6
ドイツに宇宙技術なんてねーよ。ただの打ち上げロケットだけ
有人技術もなけりゃ宇宙開発などしたためしもない

7: ニュースソース検討中@自治議論スレ
ソ連の宇宙技術者は中国で技術継承に成功しているんだからいいと思う
どんだけ愛国心があっても人は金でなびく

8: ニュースソース検討中@自治議論スレ
ロシアンロケットの技術を侮ったらいけない
機器に不具合が起きても叩くか蹴とばせば正常に戻る   真空管だらけだからな

10: ニュースソース検討中@自治議論スレ
北方領土が鍵だな

12: ニュースソース検討中@自治議論スレ
ソ連時代は口にされなかったけど、実はロシアって先進国でもなんでも無いんだよな

16: ニュースソース検討中@自治議論スレ
落ちぶれたとは言っても米ソ双璧なロシア宇宙開発

一方リカチョンは何も関係せず、絡まず

19: ニュースソース検討中@自治議論スレ
ロシアの凋落は、「毎年落ちるプロトンロケット」「欠陥品のキックステージがロシアンルーレット」で界隈では有名だった。

20: ニュースソース検討中@自治議論スレ
商業打ち上げシェアにおける米スペースX社の大躍進は、ロシアの凋落と直接の因果関係がある。

24: ニュースソース検討中@自治議論スレ
今は米国もEUも中国もロシア系のロケット技術が主流

27: ニュースソース検討中@自治議論スレ
ロシアに変わって躍進したのはヨーロッパのESAじゃないのか。

31: ニュースソース検討中@自治議論スレ
フォボス・グルントもお粗末だったよなあ。
地球周回軌道上でアボンするとは思わなかった。

33: ニュースソース検討中@自治議論スレ
>>31
あの頃は上段キックステージが原因のトラブルが連発してて、フォボスグルントは更に惑星間航行用に改造したフレガートを搭載してたから、そいつが逝った。
まさに凋落の象徴みたいな失敗だったね。

34: ニュースソース検討中@自治議論スレ
元々、旧ソ連時代から火星探査は鬼門だしな



このブログの人気記事!


☆宇宙空間から鋼鉄の槍を投下し、核兵器並みの威力を持つ「神の杖」…米政府が開発中!

☆戦前・戦中に日本が撮影したカラー写真ってどのくらいあるんだろ?

☆ロシア軍戦車スレ、T-14もいいけど既存戦車の改修型も色々出て面白い!

☆冷戦時代に米国に対抗して製造されたソ連版スペースシャトル「ブラン」…今もカザフスタンの草原に放置!

☆仮想敵部隊の第11装甲騎兵連が旧ソ連軍を模した車両や装備で戦闘模擬訓練を実施…米陸軍フォート・アーウィン!

☆ロシアで極開発中とされるT-60超音速爆撃機…2次元推力ベクタリングノズルを装備!

☆最新戦闘機「F-35ライトニングII B型」の細部にまでこだわりったプラモデルが登場…ハセガワ!

☆北朝鮮崩壊後、米露中韓の4ヵ国で分割統治する案!


長濱ねる1st写真集 ここから



メルカバ戦車のトロフィー防御システム、効果あるらしいが具体的にわからないなぁ! 海自護衛艦「いずも」を空母に改修、F-35B戦闘機を約10機搭載…離島防衛の拠点に! トルコ国産戦闘機「T-FX」のプロトタイプが2023年に飛行予定…F-16戦闘機の後継!