1: ばーど ★
 《 NASAの火星探査車「オポチュニティ」が、現在嵐によって発電が困難になっていることが伝えられています。このまま嵐が続けば、地球との通信が困難になる可能性もあります。
 
 オポチュニティは搭載されたソーラーパネルにて発電し、バッテリーに充電しつつ稼働します。同探査車は2007年にも大規模な嵐に遭遇していますが、6月3日から始まった今回の嵐はそれよりもずっと強烈で、昼間を夜のように暗くしています。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。
 
c02bbcca03b023582521b00bc1620dff
https://sorae.info/030201/2018_06_13_opo.html
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1528869533/



南シナ海を航海中の海自護衛艦「かが」に中国海軍のフリゲート艦2隻が接近…メディア初撮影! カラシニコフの最新アサルトライフル「AM-17 AMB-17」…人口密集地での使用を想定! キエフで地対空ミサイルシステム「ブーク」が建物に突っ込む…ウクライナ!
新型の潜水艦用長魚雷「G-RX6」の射程どこまで伸びたんだろうね! 
海上自衛隊の新型イージス艦「まや」(8200トン)が進水、CECシステム搭載でミサイル防衛強化…2020年に就役! さらば、ファントム…40年間、日本の空を守り続けた空自F-4J戦闘機が退役の時を迎えようとしている!
15: >>0034513ANAJAL企業
>>1
2007年から稼働してたのか・驚きだ。トランプ以上の
働きで驚かされた。

43: 名無しさん@1周年
>>1
楽観主義者なのに苦慮してるのか

6: 名無しさん@1周年
火星の薄い大気でそんな嵐が起きるか

7: 名無しさん@1周年
10年以上もノーメンテで動かし続けるとかさすがアメリカ製だぜ

9: 名無しさん@1周年
ちょっと行ってきて掃除しろ

10: 名無しさん@1周年
いったん全電源オフになったら再度充電できても起動スイッチ押す人が必要?

11: 名無しさん@1周年
もう10年以上活躍してるんでしょ。休ませてあげなよ

14: 名無しさん@1周年
風力発電すれば?

16: 名無しさん@1周年
逃がさないで 逃げないで 胸の痛みと手を繋いで 明日を迎えよう

18: 名無しさん@1周年
機械とかそんなもんだろう

20: 名無しさん@1周年
これまだ動いてるのか
キュリオシティって言うのも送り込んでたよね?

22: 名無しさん@1周年
原子力最強

28: 名無しさん@1周年
そんなところに人類はよく住もうだなんて考えてるもんだわ
月にすら降り立ってないのに

29: 名無しさん@1周年
>>28
磁気がないからテラフォーミングは無理だな

35: 名無しさん@1周年
>>28
水と有機物が見つかったらしいからギリギリ住めるんじゃね?

39: 名無しさん@1周年
>>35
地磁気が無いと放射線浴び放題だけど我慢できる?

51: 名無しさん@1周年
>>28
10億年くらいしたら地球のお水が蒸発すっから
その頃には火星の方がマシになる

31: 名無しさん@1周年
何年に一度は火星全体が覆われる砂嵐が発生するらしいな

32: 名無しさん@1周年
反面、嵐でソーラパネルに積もった砂埃が飛ばされて後々発電量が上がるという

過去の嵐の前と後の比較
no title

36: 名無しさん@1周年
アメリカ製のスキャナーは、10年経たずに壊れた。

46: 名無しさん@1周年
キュリオシティ=好奇心

49: 名無しさん@1周年
マーク!もし聞こえたらオポチュニティの場所に行って
ちょっと動かして欲しい。

50: 名無しさん@1周年
原子力発電で動く火星探査車で良くね

60: 名無しさん@1周年
火星で探査してること自体がなんか不思議だ

65: 名無しさん@1周年
ダイソンの掃除ロボットを送り込むしかない



このブログの人気記事!

☆米海軍の次世代原子力潜水艦「コロンビア級」の設計契約を結ぶ…ジェネラル・ダイナミクス!

☆島嶼奪還作戦で買った水陸両用装甲車AAV-7を使えば逮捕者続出…自衛隊には突破できない法律の壁!

☆アゼルバイジャン軍がチェコから調達したダナ152mm自走榴弾砲を公開!

☆「IS戦闘員を320人を射殺した」…歴戦のベテラン狙撃手(63)がイラク北部ハウィジャ奪還作戦中に死亡!

☆巡視船、潜水艇、空母や駆逐艦などを次々と導入する日本は世界の一流強国にはなれない?理由は中国がいるから!

☆ソ連の秘密兵器「エクラノプラン」が復活…地面効果を利用して超低空で飛行、高速と大量輸送を両立!

☆アストンマーティンが500mまで潜水可能な潜水艇を発売…価格は約4億5000万円!

☆ロシアの超長距離用狙撃銃SVLK-14S「スムラク」の射程距離が世界最深記録4157メートルを樹立!

☆1953年就役のペルー海軍の軽巡洋艦「アルミランテ・グラウ」が退役!


日本の兵器が世界を救う



メルカバ戦車のトロフィー防御システム、効果あるらしいが具体的にわからないなぁ! 海自護衛艦「いずも」を空母に改修、F-35B戦闘機を約10機搭載…離島防衛の拠点に! トルコ国産戦闘機「T-FX」のプロトタイプが2023年に飛行予定…F-16戦闘機の後継!